何気ない会話に勝機は潜んでいる!発声と表情を意識して他の男性と差をつけよう

こんにちは、シーマです。

俳優さんは、

感情、想像力、声、体の動きを操ることに長けており、

その人の存在そのものが価値になります。

 

であれば、「俳優さんの立ち振る舞いや

姿勢を真似ることで得られるものが多かろう」

というのが今回の記事を書くに至った背景。

 

注目すべき点として今回は、

「発声」、「表情」の2つについて

それぞれ見ていきましょう。

 

1. 発声

普段自分が話をする時に意識している人は

少ないと思います。

だからこそ差をつけることの出来るポイントです。

普通の会話、小さな声を出すときなどは
特に意識して腹筋に力を入れておかないと

頼りない声になってしまいます。
まず発声において大切なのは、
「腹式呼吸」と「喉の開き」
腹式呼吸=パワー、大きさ
喉の開き=明瞭さ、綺麗さ
という感じです。
それを理解して、

1.呼吸練習

力を入れている腹(横隔膜を張り返すイメージ)と

空気の流れを連動させることを意識し

鼻からゆっくり息を吸う。

口からゆっくり吐く

(このとき思いっきり腹に力を入れ上の連動を感じます)

結構疲れます。次は

うまく腹と呼吸が連動してきたら音を出していきます。

2.鼻音

音が頭や体で響きボ~っと感じるのを目標にします。

上の呼吸法で息をはくときに「ん~」っと響かせる

口は閉じて鼻からどうぞ。

(声を出すのではなく、響かせるイメージ)

鼻や頭のてっぺんが振動しているのをチェック

響いてきたら

3.喉を開く

あくびのときや、吐くときの喉の形

舌はあくまで奥の方を広げる

(最初は力を入れないと開かないが

慣れると力を入れていないように感じる)

実際にあくびをしてみたらわかりやすいですよ。

次は喉を開いた状態で息のみを出してみます。

最初は腹筋は意識しないで喉だけに集中、

慣れてきたら徐々に腹筋も意識していきます。

(声帯に息があたって寝息みたいに聞こえる感じです。)

 

4.発声

まず喉を開いた状態で鼻音をだすと、

響きがいっそう増しているのに気づくかと思います。

そしたらその響きを徐々に「ん~」から

「あ~」に変えてみましょう(声ではなく、響きです)

もし途中で声になるとプツっと音が変わるのであれば、

何回もやり直します。

(結構思い切りも大事です。)

だんだん「あ~」というクリアーな響きに変わってきたら完成。

声のボリュームを上げたいなら

練習しまくって横隔膜力を鍛えましょう。

 

2. 表情

お次は表情です。

 

表情は結構変化がわかりやすく、

相手へ伝わる情報の変化も大きいので、

恋愛においてもプラスに働く要素です。

(無表情の人は近寄りがたい印象を与えてしまうため

モテません)

 

方法は超簡単。

「喜・怒・哀・楽」という感じで顔全体を動かし、

全力で顔芸を披露するだけです。

(注:人がいないところでした方が良いですよ、変な噂が立ちます。)

ただそれだけです。

ですが、これは筋トレや柔軟体操とおなじで

その都度思いっきり限界を超えてやらなければ効果はありません。

(顔芸にこれでもかと言うほど全力を出します。)

また、定期的にやっていないとすぐ顔が固くなってしまいます。

そのため毎日家で、例えば風呂に入るとき、

朝顔を洗うときなどに口を回したりするだけでも全然違います

ただあまりに口を開けすぎると

顎が外れそうになるのでご注意。

(顎関節症の人は気をつけてください)

 

まとめると、

「モテ男は1日にしてならずです。」

モテ男になるためには、相応の努力を

継続していかなければいけません。

 

本当にイケメンは腹が立つ羨ましいですね!

 

以上。

無料メルマガ登録




メールアドレスだけでもOKです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です