イケメンはお風呂で作れる! 間違ったバスタイムを改善して美肌を目指そう

こんにちは、シーマです。

今回は、お風呂の入り方のご紹介。

 

風呂の入り方なんて適当でいいでしょ?

って僕も昔思ってたんですが、

美肌を作るためには、結構気にしなければいけないポイントでした。

ということで、間違ったお風呂の入り方と

正しい入り方についてお話して行こうと思います。

 

間違った方法 熱いシャワーを顔にかける

 

いやー、気持ちいいんですけどね。コレ。

僕も前まで顔にシャワーかけるのとか普通でしょ?みたいに思っていたんですが、シャワーを顔にかけること自体NG行為なんです。しかも、僕の場合は「熱い」まで入っていたので、お肌には最悪のコラボレーション。

知っている人からしたら、「どんだけ肌痛めつけてんねん!」と言われかねない所業でした。

この行為は、肌に過剰な皮脂の分泌を促し「顔面ツルテカマン」を生み出しますし、ニキビの原因にもなります。

why? なぜ? ということですが、

シャワーの「水圧」は角質を剥がしてしまう

顔の皮膚は、身体の他の部位の皮膚よりも繊細にできています。そのため、洗顔料を使って顔を洗ったあとは、肌を保湿・保護する角質が柔らかくなっている状態です。

そのデリケートな状態の肌にシャワーの水圧がかかると、肌を保湿・保護する角質まで剥がれてしまい、乾燥しやすくなってしまうのです。

 

シャワーの「水温」が皮脂を取りすぎてしまう

普段お風呂で使うシャワーの温度は、おそらく体温よりも高めの40度前後で利用している方が多いかと思います。

しかし、洗顔に適したぬるま湯の温度は32〜34度ですから、いつものシャワーの温度設定のまま洗顔してしまうと、顔には熱すぎてしまいます。

熱い温度のお湯で洗顔すると、肌を守る皮脂(膜)を取りすぎてしまい、その結果皮脂の取りすぎとなり、肌の乾燥を招くのです。

 

乾燥した肌は、皮脂を過剰に分泌するようになります。そして、ウイルスや細菌に対するバリア機能も弱くなってしまうことに加え、過剰の皮脂によって毛穴がつまり、ニキビができやすくなるのです。

また、皮脂の増加によって、肌の水分量が減ってしまうため、シワやたるみの原因にもなってしまうのです。肌の乾燥はくすみの原因にもなります。

シャワーを顔に当てる行為は、肌の乾燥を招きますので、「油ギトギト、ニキビ顔」を改善したいと考えている方はシャワーを直接お顔に当てないことを推奨します。

あと、首筋とかにもシャワーをかけると思いますが、あまり熱いシャワーですと、フェイスラインの皮脂もとってしまい、乾燥の原因になるので注意が必要です。(フェイスラインニキビのほとんどは乾燥によって引き起こされます。)

 

 

正しい洗顔方法  ちょっとした一手間が大事

入浴時にシャワーでガーッと流してしまった方が確かに楽ですし、気持ちがいいです。しかし、肌の乾燥・ニキビを防ぐためには、洗顔にシャワーを使うことは今日からやめましょう

慣れるまではちょっと面倒ですが、顔を洗うときはお湯の温度設定を32〜34度に変えてぬるま湯にします。そして、すすぐ時は手でお湯をすくってパシャパシャと流します。流す回数はだいたい20回から30回くらいです。

洗顔するときも、洗顔料で泡をしっかりと立ててから、「泡で洗う」ことを意識して行うと肌にもいいです。そのまま、「ベチャっ、ゴシゴシ」としてしまうと、顔に必要な油分まで取り除かれてしまい、これまた乾燥の原因になるので注意です。

 

最初は面倒くさいですが、数日もすれば、一連の流れに慣れます。それに手ですすぐほうが、泡の残り具合を手の感覚で確認できるので、泡を残さずにすすげるようになります。

 

最初は確かにめんどいです。ですが、これを続けるだけでも美肌になります。というか今までの状態がマイナスなので、0には戻せるかと思います。

 

洗顔後の保湿にも注意を払うべし

 

洗顔を正しい方法で行っても、その後をおろそかにしていると、乾燥・ニキビにつながりますので、しっかりと保湿するようにしましょう。

基本的には、お風呂から出てすぐに化粧水で肌を整えます。

この時、お顔をタオルでゴシゴシと拭いたりはしないように!

せっかく優しく手入れしてきたのに、そんなことをしてしまうと、肌に必要な油分まで削ぎとってしまうことになります。

基本は叩くor 押さえるように拭くことです。スライドさせるのではありません。

化粧水を100〜500円玉サイズくらいを手に取り、顔になじませるように浸けていきます。肌に化粧水を押し当てて、3分くらいじっと待つことでより浸透させて肌を保湿します。

さあ、ここまで来てようやく一連の流れが終了です。

意外に、肌はデリケートなものです。

今までは、「適当でもいっかー」と思っていたことが案外大ダメージということがわかったかと思いますので、自分の肌をいたわりつつ、美肌を目指していきましょう!

 

ちなみに、泡だつ洗顔料と化粧水がセットになった商品がこちらから購入できます。
メンズコスメ BULK HOMME(バルクオム)ONLINE STORE

ではではー

無料メルマガ登録

 

陰キャラぼっちでも彼女を作る!





メールアドレスだけでもOKです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です