個人的な一人暮らしあるある 大学生ver.

こんにちは、シーマです。

 

大学生

になって、一人暮らしを始めたわけですが、

「一人暮らしあるある」話そうかなと思います。

 

その1 とてつもなく自由を手に入れた気になる

 

親の監視がなくなりますからね。

そりゃーもう、精神的に楽なわけで。

 

「あれやれー、これやれー」がないですからね、

それにいつまでも寝ていられます。

二度寝がはかどって仕方ないです笑

 

ですが、自由である分、掃除・洗濯・料理は自分で行わなければいけません。

最初のうちは楽しくやっていますが、

そのうち飽きて面倒くさくなって来ますけどね。

 

その2 意外と部屋に毛が落ちているという事実

実家にいた時はほとんど気づかなかったのですが、

一人暮らしを始めて意外に毛が落ちていることに気づきました。

 

ちゃんと掃除してたんだなーと思いつつ、

毛を取るコロコロを転がしてます。

 

その3 配達以外のピンポーンには反応しない

 

一人暮らしをしていると、新聞の勧誘やら宗教の勧誘やらが来ます。

一人暮らしを始めたばかりの頃は、普通に出ていたのですが、

めんどくさいし、めんどくさいし、めんどくさいので

配達の人以外出ないようになりました。

 

その4 風邪や体調不良になった時、誰も助けてはくれない

一人暮らしだとコレは結構きつい問題で、

家に食べ物がなければ、

高熱でフラつきながらもスーパーに行くという

手段を取るしかありません。

 

何回かこういったことがありましたが、

その時は本当に辛かったでござる。

 

ちなみに彼女が近くにいれば助けてくれますので、

やはり控えめに言って最高です。

 

その5 気づいたらパスタばかり食べている

なぜかというと、安いし、保存ができるからです。

お湯を沸かすことさえできれば食べられます。

ちなみに僕はレンジでチンして作るタイプです。(どうでもいい)

 

最悪、味付けは醤油と塩でなんとかなるので、

混ぜるものがなくても食べられます。

 

その6 もやしとうどんは最強のコスパ

そんな気がしてるだけかもしれませんが、

もやしとうどんは何と言っても安い!

とにかくコレに尽きます。

あとは、豆腐。

たんぱく質も取れるし、安いしオススメです。

基本的にお金のない大学生は、もやし、うどん、豆腐と鶏肉で出来ています。(あとパスタ)

 

その7 おな◯ーを気にせずできる

実家にいる時は、いつ家の人間がやってくるかわかりません。

精神を集中できないまま、行為に至ってしまったり、

あるいは、行為そのものを断念せざるを得ません。

 

それに比べて、一人暮らしは開放的な気分で出来ます。

ですが、声だけは抑えましょう。

いくら開放的だからと言って、大きな喘ぎ声を出していると、

アパートの住人や周囲の人に白い目で見られるのは確実です。

 

その8 アダルト商品も余裕で買える

実家にアダルト商品が届けられるなんてことがあれば、

結構な事件に発展します。

なんというか、精神衛生上よろしくない。

親に「へえー、こういう趣味があるんだ」と把握されるとか地獄でしかない。

 

その点、一人暮らしだと購入商品もバレないので最高です。

 

という感じで、一人暮らしあるある書いてみました。

おおよそ一般的な大学生には共感してもらえるんじゃないか?と思います。

 

では、今回はこの辺でー。

無料メルマガ登録




メールアドレスだけでもOKです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です