人生初のナンパ。やってみたら意外といけた話

こんにちは、シーマです。

今回は、大学の学食で可愛い女の子に声かけた話をしようと思います。

最終的に交際するところまで持っていくことが出来ましたが、

今回はどちらかというと、人生初のナンパをするに至った背景記事ですね。

やったことなんて、ただシンプルに可愛いと思った子に、声をかけに行く。

文章で書くのは簡単ですが、実際にやるとなると結構ハードル高いです。

とは言っても、何か特別なことをしたのか?と聞かれればそうでもないのです。

自己紹介でも書いているのですが、もともと僕は根暗な人間で、ナンパするということから程遠い人間でした。

なぜナンパすることが出来たのか?

簡単にいえば、

・精力(性欲?)をあげた

・筋トレした

・とりあえずやってみるマインドを身につけた

・アプローチの仕方を学んだ

・外見に気を使うようにした

この5つかなと思います。

この5つの中で、

「とりあえずやってみるマインド」

これ超重要です

いやマジで、

このマインドがないとナンパなんて出来ないと個人的に思います。

ここを読んでくださっているあなたも一度は聞いたことがあると思いますし、感じたこともあると思います。

「やった後悔よりも、やらなかった後悔の方が大きい」と。

あの時声を掛けていれば、、、

あの時勇気を出していれば、、、

あの時やっておけば、、、

あの時、、、、

とまあ、やらなかった時はこんな感じですよね(笑)

反対に、やって後悔した時も確かに同じように考えますが、

後悔の深さとしてはそこまで深くないことが多いですよね?

これは「自分でやることを選択した」ということと、

「これをやったら失敗する」という経験が手に入るからだと思います。

再起不能な状態にならなければ、その経験は次に活かせますからね。

あとたまに、「結局どっちも後悔するなら、しない方がよくない?」という人がいます(昔の僕です笑)

いや、そう言う人も居ていいと思うんです。 僕も昔はそちら側の人間でしたし。

でもですよ、

そんな人生つまらんくないですか?

僕はつまらないなと、途中で思ったんですよ。

だからこそ、自分自身を変えるための努力をしましたし、考え方も変えました。

もし、考え方を今のように変えていなかったらどうなっていたでしょうか?

おそらく、大学在学中に彼女は出来なかったでしょうし、女の子を口説くこともしなかったでしょう。

ただ、大学と家を往復するだけの毎日。

とても退屈な日々がそこにはあった気がします。

で、このマインドを持つに至った背景なんですが、

きっかけは、この記事でも書いたように精力剤でした。

何というか、嘘のような本当の話なんですが(笑)

きっかけが精力剤て、、お前、、、 と言いたいとこなんですが、マジです。

友人に勧められて飲み始めました。おそらく世間一般で言われているようなプラシーボ効果だとは思いますがね。

友人御用達 精力剤の記事です

で、どうせ飲むなら筋トレもしようってことで、同時に筋トレも始めたんですよ。

筋トレしたら、人生変わった話

その頃僕は運動不足でもあったので、適度な運動をしたおかげか何だか気力も湧いてくるようになりました。

そして、筋トレをすると男のモテホルモンのテストステロンが分泌されるので、

周りからの反応も変わるみたいです。

何というか、いい意味で注目されるようになります。

それまでは女子に見向きもされなかった僕ですが、

筋トレをするようになって、話しかけられることも多くなりました。

女子の方曰く、声を掛けやすい雰囲気になったそうです。

ただただ純粋に嬉しかったですね。

こんな風になる未来なんて想像もしてなかったので笑

やっぱ、やってみないことには分からないものですね。

今度また、やる気が出なくなった時は

この記事でも読み返して、精力剤を買うところから始めようかなと思います。。。笑

無料メルマガ登録

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です