好きな人に「また会いたい」と思ってもらえる褒める度合いのコツとは?

こんにちは、しーまです。

 

好きな人を褒めたいけれど、

どこまで褒めたらいいのかわからない!

といった方向けの記事です。

 

 

誰だって好きな人には「また会いたい」と

思ってもらいたいと考えているはず。

 

けれど、どこまで褒めれば効果的に

相手に「また会いたい」と思わせられるか?

また「嫌味にならない褒め」になるか?

そこがわからないと思います。

 

そこで、今回は

好きな人を褒める度合いは

どの程度がいいのか?

についてお話ししていきます。

 

今回の話は、僕が実践してい結果が多かった方法になりますので、

ぜひ真似してみてください。

 

褒めの基本を知ってモテ度アップ

さて、あなたはどうやって

好きな人を褒めているでしょうか?

 

例えば、「その服とてもおしゃれだね!」って言って、

「いやいやそんなことないですよ!」と返されたらどんな反応をしますか?

 

たぶん、多くの人は

「そうかな?おしゃれだと思うんだけど」くらいに

ひいてしまうんじゃないか?と思います。

 

ただ、これ実はダメパターンなんですよ。

 

上手くいく方法は、

褒めたら最後まで褒めちぎること

なんです。

 

これは本当です。

僕も何回も試していますが、

褒めちぎったほうが次も会ってくれることが多いです。

 

「いやいやそんなことないですよ」と言われても、

「本当におしゃれだから!すごいいいと思う!」って

グイグイ褒めていきましょう。

 

でも、そんなに褒めたら

嫌味に思われるんじゃないの?

と疑問に思う方もいるかもしれません。

 

しかし、多くの場合は

相手の本心では、

「いやいやそんなことないですよ」と謙遜しておきながらも

「こいつは本当におしゃれだと思っているのか?」を探っています。

 

だから、ここで簡単に引き下がってしまうと

あ、なんだやっぱりお世辞か」と思われてしまうわけです。

 

これだと相手も悲しませちゃうし、

あまりよくない状態になってしまいますよね。

 

マズローの欲求五段階説をご存知の方も多いと思いますが、

人は本能的に「他人に認められたい」という思いがあるわけです。

 

だから、安心してほしいんですよ

他人を褒めちぎることっていうのは

とても良いことなんです。

 

だって、褒められて、認められて

嬉しくない人っていないでしょ?

 

あなた自身がめちゃくちゃ

褒められた時のことを思い出してみてください。

嫌な気分はしなかったと思うんですよ。

 

少なくとも僕はなかったです。

 

だから大丈夫です!

自信持って相手を褒めちぎっていきましょう。

 

それでも不安なあなたへ

ここまでの話を聞いても

まだ他人を褒めちぎることに不安がある人が多いと思います。

 

海外の心理学の実験では、

1思ってもいないけど、相手を褒めちぎった人

2根拠を持って褒めた人

3けなした人

の3つのパターンで実験を行ったところ、

思ってもいないけど、相手を褒めちぎった人の好感度が

最も高くなることが実験からわかっています。

 

つまり、3は論外として、

根拠を持って相手を褒めることよりも

褒めちぎるほうが好感度が高くなったわけです。

 

褒められると、最初は「お世辞かな?」と疑われることが多いですが、

グイグイと褒めていくと段々と「本当なのかな?

と思わせることができます。

 

そうすると相手は、

今まで知らなかった自分のいいところを

見つけてもらえたような気がして

特別感をあなたに抱くようになります。

 

しかも、人は褒められるとドーパミンという快楽物質が

脳内から分泌されて良い気分になれるわけです。

 

つまり、会うたびに褒めちぎることを繰り返すと

あなたに会う=心地よい」という図式が成立するため、

次も「また会いたい」といった状態になるのです。

 

まとめ

好きな人に「また会いたい」と思ってもらうなら

相手を褒めちぎることを忘れない!

 

でも、周りの人は勘違いしていて

正しくできている人が全然いないっていう状態なので、

 

今回のブログ記事を機に、

実践しまくってもらえればと思います。

 

本当に効果があり、

好きな人以外からも

好かれる効果があるので乱用にはご注意です!