29歳女性がマッチングアプリを利用して結婚した体験談! 

29歳女性がマッチングアプリを利用して結婚した体験談!

私は、29歳の女性です。職業は、福祉・教育関係の仕事をしている一般的な会社員です。

2018年の8月、Pairsというマッチングアプリを始めました。マッチングアプリを利用するのは、これが初めてでした。

ある日、iPhoneに勝手に表示されるニュースに「AIがマッチングする」というPairsを紹介する記事を読みました。

「マッチングアプリ」という名前は聞いたことがあるものの、なんとなく怖いイメージがあり、興味を持っていませんでした。

そんな時にこの記事を見て、「みんなが見るニュースになるようなアプリだから、危ないものではないのかも」と思い、勇気を出して始めてみました。

3日も経たないうちに、10人以上の人とチャットをしたと思います。その日だけ話が続く人もいれば、返信が遅い人、次の日も定期的にやりとりができる人と様々でした。

話の内容は、大体が名前の自己紹介から始まり、仕事について話し、趣味の話をするのが定番でした。

実際に会った人数は?

私が実際に会った人は3人です。一人目は現在の夫、二人目は地元が一緒の人、三人目は高学歴高身長大企業に勤める人でした。

8月の初旬にアプリをはじめ、一人目に会ったのは823日でその二日後に二人目、さらにその二日後に三人目に会いました。

男性側から会いたいとお誘いいただいたのですが、たまたま日程が近くになりました。

場所は、一人目が新宿の落ち着いた雰囲気の居酒屋、二人目は地元の駅ビルのレストラン、三人目は二人の中間点の駅にあるカフェでした。

一人目の方と食事をした時、私の人生の中で一番素敵だと思う男性であったため、「こんな人と付き合えたらいいなあ」と思いました。

二人目の人は、とても静かな人であったために、あまり会話がはずみませんでした。三人目の方は、特別悪い感じはしなかったので、その後もチャットを続けました。

一人目の方は、すぐにLINEを交換しようと連絡がきたため、こちらも嬉しくてすぐにIDをお伝えしました。

二人目の方は、二回目のデートに誘ってくださったのですが、一人目の方への想いが強かったため、その時に丁重にお断りしました。

三人目の方とは、だんだんとやりとりの頻度が減り、ちょうど一人目の方とお付き合いを始める頃にフェードしました。

2回目のデートで好感触

一人目の方との二回目のデートは、カラオケでした。お互いに歌が好きだということで、渋谷のカラオケに行き、その後、百貨店の地下で食事をしました。

LINEでは、二日に一回はやりとりをしていたと思います。三回目のデートは、映画「カメラを止めるな!」を鑑賞し、牛タン屋で食事をしました。

恋愛に慣れていない私は、自分からそういった話ができずに、ただただ楽しい時間を過ごしていました。他力本願で、「告白してきてくれたらいいのになあ」と思っていました。

四回目のデートは927日、男性が知人からチケットをもらったとのことで野球観戦に行きました。この日もただただ楽しくお話をして帰りました。

帰路のバスの中、友人にそのことをLINEで報告すると、「それは友達止まりだな」と厳しい言葉が返ってきました。

浮かれていた私は一気に目が覚め、あるミッションを実行しました。「彼女さんはいますか?」と。この初歩的な質問を、やっと、四回目のデートの帰りにLINEで聞くことができました。

なんと運のいいことに、男性は「これはそういうことだ」と勘違いしてくれて、「電話してもいいですか?」 と電話で告白してくれました。

マッチングアプリでの出会いから結婚へ

週に12回デートを重ね、交際5か月でプロポーズを受け、交際7か月で入籍しました。

本当に素敵な方に出会えたので、今もとても幸せです。

彼は、私のLINEのスタンプの使い方にやられたようです。

私に似た感じの癒し系のスタンプに、和まされていたとのことでした。私自身は、彼は相手の返信頻度に合わせてLINEを返すと言っていて、そのことにとても感心しました。

アプリで出会い、お互いの背景を知らないからこそ、SNSでのやりとりを相手に合わせることは、信頼感や安心感につながるのだと思います。