タップルとペアーズはどっちが付き合える!?両方を体験した25歳サラリーマンの記録!

タップルを利用してみての体験談(付き合う所まで行かなかった場合)

タップルを利用していたのは23歳から24歳になるまでの約一年間でした。

性別は男で、職業はサービスマンをやっていた私は職業柄出会いも特に無く友人からの勧めやネットでの広告を拝見して登録致しました。

アプリでの経験人数は正確にではありませんがチャットのみだと30人程、出会ったのは十人くらい、付き合う事ができたのは4人です。

タップルを利用していて一番印象に残っている体験談は当時20歳のフリーターをしている女性とマッチしたお話になります。

タップルでのマッチング後は?

マッチングした最初の方は他愛もない今日あった出来事やお互いの愚痴などの雑談をする程度の中で基本的にアプリ内での会話がメインでした。

具体的には冬場でしたので、冷え込む日には「今日は寒いね~」や仕事が忙しく嫌なことがあった時などは「会社で〇〇があって最悪だったよ~」などの今考えれば一方的なツイッターに思った事を投稿するような感覚だったように思います。

タップルは相手のイイネの数などをアプリ内で確認する事ができない為相手がどれくらい人気の女性なのかなどを知る事ができないのでマッチングした女性が他にどれだけの男性と連絡を取っているかなど知る事ができなかったので他愛も無い会話のみの状態に焦りを感じていました。

タップル内でメッセージを一週間程やり取りをしていたくらいだと思います。

メッセージだけでのやり取りのみでは物足りなくもっと相手の事を知りたいと思っていた私はタップル内のメッセージでは無くLINEでのやり取りにしたいと話すと意外にも簡単に彼女はOKしてくれました。

そこからはLINEでやり取りをするようになり、通話もするようになりました。

メッセージのみのやり取りとは違い通話は相手の声も聞く事ができ朝方まで他愛も無い話をしました。

実際に出会うまでを詳細に書くと?

通話の中で彼女が一人暮らしで引っ越して間もない事を知り、家の家具がまだ何も無いから困っているというので、「じゃあ今度家具買いに行こうよ」と、

その時は冗談半分で言ったつもりだったのが彼女も乗り気で「連れて行ってほしい」という感じだったので、これは会えるチャンスだと思い、日にちなどの段取りをして数日後に会う約束をしました。

当日は彼女の自宅まで車で迎えに行き、初めて彼女に会いました、出会うまでの期間は2週間ちょっとだったと思います。

第一印象はアプリ内で使用されていた写真と同じくらい可愛らしい女性で、一人で舞い上がっていたのを覚えいています。

そこから二人で大型の家具用品店に向かい車内でも楽しく道中は会話をしていました。

家具を一通り購入してからアウトレットに行き時間も夜8時ぐらいになってしまったので彼女を自宅に送りました。 

自宅に戻ってから家具の設置などを手伝ったあとに夜ご飯をご馳走になり帰宅して一日は終了しました。

この調子で行けば上手く行けば彼女と付き合えるかもしれないと一人で思い込んでいたのを覚えています。

上手くいかない時はある

しかし、彼女とのLINEは日に日に少なくなって行き最終的には返信が帰ってくる事がなくなり、自然消滅のような形でこの体験談は終わります。

反省点は今思えば沢山あったと感じます。

最初のメッセージのやり取りをする中でもっと相手の話を膨らませるような受け答えができていなかった事、正直一方的な会話と相手の話は基本受け身のみで、そこからの回答がすぐに話が終わってしまうようなものばかりでした。

今も努力していることなのですが、相手の会話でもっと興味を持って話しを聞くようにする事や基本的に否定をする事はありませんが、肯定の中にもアドバイスやちょっとした意見を混ぜるなどで、もっと相手に話を聞いてくれる人だと印象づける事ができるのではないかと思います。

次に、タップル内でのメッセージからLINEに移るタイミングが早すぎたような気がします。

出会い系の中でも「出会うまでの希望」のようなもので、とりあえず合ってみたいとかメッセージをしっかりやり取りした上で会ってみたいという選択ができるのですが、そこをちゃんと確認してLINEを聞いてしまうかタップル内でメッセージのやり取りを2週間~3週間は続けるなどの判断材料にするといいかもしれないです。

後は出会うまでの期間が自分は短すぎたのではないかと思います。

正直焦りなどもあってメッセージからLINEのやり取り、通話をする所までグイグイいってしまったような気がして相手も自分の事を理解していない(しきれいてない)状態で会うので印象と違うという事があったのではないかと思います。

また、マッチングしてから最初に出掛ける場所は遠出や日中から夜までなどのハードルが高いものでは無く、ちょっとしたカフェでのんびりお話をするとかランチでご飯を食べて解散とかハードルを下げていた方が、自分もそうですが相手も気構えずに接する事ができるのはでないかと思いました。

ただこれを実践したらすぐに彼女ができた訳でもないですし一番はお互いのフィーリングやタイプかタイプじゃないかっていう所でもあるような気がします。

 

 

ペアーズの体験談(付き合った時の話)

ペアーズを利用したのはタップルをやめてからの24~25歳の1年間になります。

性別は男で仕事はサービスマンをやっていました。

ペアーズを利用していてチャットのみだと20人程、出会ったのは10人、付き合う事ができたのは3人でした。

その中で一番お話したい体験談は派遣会社のコールセンターで働く女性とお付き合いをしたお話になります。

当時は出会い系で(タップルなど)で付き合っても一年も経たずに別れる、実際に会ってみたら想像していたのと違うなどが連続で続き彼女を作る事に必死でした。

そんな時にペアーズでその女性とマッチングしました。 

ペアーズでのマッチング後

ペアーズはイイネ数をアプリ内で確認する事ができるので、最初マッチングした時は相手のイイネ数がかなり高い数字だった為自分が付き合えるのはまず無いな~と思っていました。

アプリ内ではお互い猫が好き、温泉が好き、食べ物ではラーメンが好きなどの共通点が多数あり会話もよく弾みました。

具体的な会話としては、猫のどうゆう仕草が好きとかお互いの猫自慢など、温泉は「あそこの温泉は景色がいいよね~」や「露天風呂は絶対冬場に行くのがいい!」などで、ラーメンは話しているとお互い住んでる場所が近くて、どこのラーメン屋のなんのメニューがオススメなど話が盛り上がったのを覚えています。

当時彼女はコールセンターの仕事をしていた為休みはシフト制の終わる時間は8時過ぎだったので自分の仕事が終わるタイミングと大体一緒だった為メッセージのやり取りもタイミングがあっていたのか毎日のようにやり取りしていました。

その時はまだ恋愛感情も無く(アプリ内で人気の女性でしたので諦めていたのもあります)

ただメッセージのやり取りができれば十分という感じでした。

そこからメッセージをしながら日数が経ち彼女の方から通話したいという話がきてLINEの交換をしました。

そこからはLINEでのやり取りや実際に通話をしていく中で彼女に惹かれていき深夜に電話をしている時に冗談半分で「今からラーメン食べに行こうよ」というと思いの外あっさり「食べいきますか」という感じで話が進み深夜のノリで一緒にラーメンを食べに行くことに。

彼女とマッチングしてから出会うまでの期間は約1ヶ月程だったと思います。

お互いメッセージからLINEに切り替えて通話も頻繁にしていたのもあり、お互い緊張も無くラフな気持ちで直接話す事ができました。

会った場所は彼女の自宅から行きたいラーメン屋さんが近かったこともあり、彼女の自宅近くのコンビニで集合しました。

第一印象はメッセージや通話で何となくイメージはできていましたが、写真やイメージ通りの女性だと感じました。

そこから彼女に恋愛感情を抱くようになり、ラーメンもお互い楽しく食べに行きました。

マッチング後の2回目のデート

初めて会ってから1週間後くらいに飲みに行こうという話になって二回目に出会ったのは飲みに行く場所の最寄り駅でした。

ラーメンと飲みに行ってお互いの仲もだいぶ良くなって来た頃に遠出しに行こうよという事になり、場所は水族館に行くというプランで内容は決まり、当日水族館に車で向かいました。

電車での移動などとは違って車内は一つの空間になるのでお互いくだらない事や昔の話などや学生のころに何があった~などの色々話をしました。

目的地に到着してお互い十分に満喫して帰り際の夜景が見える場所での告白をして無事にお付き合いをする事に(すごいベタな告白の仕方だと今では思ってます)、タイミングとしては3回目のお出かけと期間的には1ヶ月ちょっとだったと思います。

順番的にペアーズ内でのメッセージからLINEでのやり取り、通話から3回会ってなのでちょっと急ぎすぎたように感じます。

マッチングアプリで出会った女性と実際に付き合ってみてどう?

実際に付き合ってみて彼女と連絡を取り合っていた時や食事で出かけた時も水族館に行った時も同様に優しく相手の事を良く考えてくれるような人でした。

仕事で疲れている時や体調不良が続き貧血気味だった時などは食事で貧血気味に効くメニューを考えて作ってくれたり、特に料理が上手だったので自分の好きな食べ物などは、会話の中でなんとなく言ったつもりの事でもちゃんと覚えていて料理の中でちゃんと出てくるなど、驚きもありましたが、とても嬉しかったのを覚えています。

よく実際に付き合ってみたら性格が全然違ったとか猫被っていたなんて話を聞きますが、彼女は最初から雰囲気も性格も全く変わらず自分には勿体ないくらいの女性だったと思います。

そんな彼女でしたがお付き合いしていた期間は短く約半年間程でした。

決してお互いの仲が悪くなってなどではないのですが、相手はすぐにでも同棲して数年して結婚をしたいという気持ちが強く自分にその決心がつかなかったという残念な男だったので。

半年間のお付き合いを終えて今では友達に戻ってしまいましたが今でも連絡を取り合うような、お互いの愚痴や夜中にラーメンを食べたい時に食べに行くような仲です。