安いけど早い!格安SIMの速度ランキング!安定性についてもチェック!

【最速である格安SIMについて】

格安SIM会社を選ぶにあたって重要となるのは、通信速度です。せっかくスマホを格安で利用できるのに、利用するたびに通信速度が遅いことを理由にストレスが溜まってしまっては意味がありません。

「結論」

数ある格安SIM会社の中から、通信速度を検証した結果、次のとおり確認が取れました。

・下り速度(ネットサーフィンや動画の視聴など)
1位:ワイモバイル
2位:UQモバイル
3位:BIGLOBEモバイル
・上り速度(メールを送付したり、写真や動画をアップする)
1位:LINEモバイル
2位:楽天モバイル
3位:BIGLOBEモバイル

このことより、最速である格安SIM会社は、下りがワイモバイル。上りがLINEモバイルという結果となりました。

「通信速度が速いことによるメリットについて」

通信速度とは、スマホを操作するうえで重要なファクターの1つです。下り速度では、ネットサーフィンやYouTubeなどで動画を視聴するときなどに、ストレスなく操作できるかどうが左右されます。具体的には、ウェブサイトがなかなか開かないことや、動画を再生してもカクカクと動いてしまったり止まってしまったりします。通信速度が速いということは、ウェブサイトを開くまでに要する時間が一瞬であり、動画はスムーズに動くようになります。

このように、スマホにおける適切な表示に関する品質を確保することができるのです。
上り速度でも、スマホにおける適切な表示に関する品質を確保するという点では同様です。メール送付についてはテキストがメインとなっているとあまり通信速度には左右されないでしょう。しかし、動画をSNSにアップするとなると話は別です。容量の大きな動画になると通信速度が遅いとなかなかアップされませんので、ストレスを感じることとなるでしょう。

このように、通信速度が最速であることにより、スマホを使用する環境が著しく変わって来ますので、兎にも角にも通信速度に重きを置いてご検討された方が良いでしょう。

「通信速度が最速であるところと最速でないところの違いについて」

まず前提論としてご理解いただきたいのが、通信速度はスマホの使用環境により一定ではないということです。通信網がより整備されている都市部か、あまり通信網が整備されていない田舎なのかによっても違います。また、スマホユーザーがたくさんアクセスしている時間帯なのか、夜中のようにあまりスマホユーザーがアクセスしていない時間帯なのかによっても違います。

あなたが使用しているスマホにも左右されるでしょう。高性能のスマホであればマシンスペックが非常に高いため、通信速度は劇的に早くなるでしょうし、安い廉価版のスマホであればマシンスペックがそこまで高くないため、情報処理速度が高性能のスマホよりも劣ります。このように、1つ1つ使用環境などによって同じ格安SIM会社であっても通信速度に差がついてしまうのです。これ以降に記載する通信速度に関する記述については、あくまで同じスマホを同じ場所で使用していることを前提とした検証となっています。

前述したように、使用環境が同じであれば格安SIM会社の通信速度によって通信速度に違いが出てくる事象があります。
それは、通信環境の構築についてです。格安SIM会社は、自身の会社で通信設備を設置しているわけではありません。いわゆる、DoCoMoやソフトバングなどの大手キャリアが既存として構築している通信設備を借りさせてもらうことにより通信網を維持しているのです。

このことから伺えるように、通信サービスを享受するにあたって優先されるのは、大手キャリアと契約しているスマホユーザーなのです。このように格安SIM会社は二の次扱いとなってしまうのです。しかし、この通信設備の維持の仕方が違うのが、今回の通信速度が最速であったワイモバイルとLINEモバイルです。

まず、ワイモバイルはそもそもソフトバンクと一緒の経営形態であることから同じ会社と思っていただいて結構です。ですので、ワイモバイルもソフトバンクと同じ通信設備を利用した通信網を使用しているため、通信速度が確保されているのです

次に、LINEモバイルです。こちらも同じソフトバンクに依存しているのですが、LINEモバイルはソフトバンクの「子会社」として扱われています。従って、他の格安SIM会社よりも子会社であるLINEモバイルの方が優先されるため、通信速度が確保されているというわけです。

「通信料について」

通信速度については、格安SIM会社は大手キャリアに及ばないところもありますが、それを差し置いても通信料の安さは非常に魅力的であると言えるでしょう。大手キャリアでは平均月額10,000円であるところ、格安SIM会社では安いプランですと月額2,000円で契約可能となっています。このように月額比較で約8,000円もの差が生じてきますので、是非とも格安SIMをご利用いただきたいと思います。

「まとめ」

通信速度が最速である格安SIM会社は、ワイモバイルとLINEモバイルであることがご理解いただけたと思います。また、これにはきちんとした裏付けがあり、通信設備を格安SIM会社の中で比較したときに間借りしている2次占用者ではなく、大手キャリアと同等の1次占用者扱いであることが要因となっています。

スマホを利用するにあたり、通信速度の確保はスマホを維持するランニングコストと同じくらい重要であると考えます。どこの格安SIM会社と契約をしようかと悩まれておられる方におかれましては、自身にあった格安SIM会社とご契約いただけることを願っております。

さて、続いては通信速度の安定性について見ていきたいと思います。

 

【格安SIM使用時における速度の安定性について】

最近では、格安SIMと言う言葉を頻繁に耳にするようになりました。町中でショップを見かけることは大手キャリアと比べると非常に少ないものの、利用者数については上昇傾向にあります。ただ、通信速度はどうなの?と言う疑問が湧いてくると思うので今回は格安SIM使用時における速度の安定性について解説していきます。

で早速結論なんですけど、
格安SIMでは大手キャリアと比較すると通信速度の安定性において一歩劣る現状があります。しかし、人によっては年間10万円もの節約になるので、使わない手はないです。ここでは、格安SIMの通信速度の安定性についてご紹介したいと思います。

「格安SIMの利便性について」

大手キャリアより、格安SIMに変更することでメインのスマホ利用の経費を抑える片が増えてきています。これは、過年度に比べると格段に格安SIMの存在を認知する人が増えているのでしょう。UQ mobileやY!mobileなどのサブブランドは町中で店舗を見かけることが増えてきましたが、それだけに留まらずIIJmioなどのMVNOですら、契約事務手続きをできるところとある程度のサポートできる体制を兼ね備えたリアル店舗を展開しているところが増えてきました。

格安SIMのメリットとしては、SIMカードの契約だけなら契約時のイニシャルコストはほとんどかからないと言っても良いでしょう。また、これが一番重要ですが通信費用などの維持管理に関するランニングコストが大手キャリアと比較すると劇的に安く仕上げることができます。このように大きなメリットを有する格安SIMですので、スマホを維持するという側面から見ると非常にコストパフォーマンスに優れていると言えるでしょう。

実際に、どれくらい安くなるかと言いますと大手キャリアでは平均して通信費用が約10,000円程度かかります。比べて格安SIM会社においては、通信量をあまり使用しない方でしたら約2,000円で維持することができるでしょう。年間で約100,000円程度の節約となるわけです。

「格安SIMの通信に関する安定性について」

どこの格安SIMについても、月額プランの安さや各種新規加入キャンペーンなどによるお得性については非常に力を入れて宣伝していると言っても良いでしょう。
しかし、外に持ち歩いて使用することを前提としているスマホに搭載して使用することを前提としている格安SIMであるにも関わらず、あまり通信の安定性については深く宣伝していないのではないでしょうか。

これは、定性的及び定量的にに通信の安定性について論じることが難しいことに起因しています。
の広告も「オプション」や「キャンペーン」を推すだけで、スマホを使ううえで肝心の「通信速度」について触れることはほとんどありません。

「触れない」というと語弊がありますが、触れられない理由があるからです。それは端末や場所、時間によって通信速度が変動するからです。
この、時間によって通信速度が変動するというところが格安SIMの弱点となっています。

「格安SIMの通信速度が速くならない時間帯について」

格安SIMとは、DoCoMoやソフトバンクなどの大手キャリアの通信網を借りることによって成り立っています。自分たちでは設備の構築を行わずに、大手キャリアの通信設備を借り受けている2次占用者的な立場となっています。すると、どういうことが起こるかというと、もちろん大手キャリアは1次占用者ですので、自分たちのところと契約している顧客に対して安定した通信を確保します。イメージとしては、大きな川の中をたくさんのユーザーが泳いでいるようなものです。

しかし、格安SIMでは大手キャリアの通信網の「一部」を使用しているに過ぎませんので、イメージとしては狭い川の中をたくさんのユーザーが泳いでいることになります。そうすると、閑散期においては支障とならないのですが、通勤通学時や自宅へ帰る時間帯、または昼休み時間帯など、多くのユーザーがアクセスする時間というのが発生します。

そのような時間帯においては通信速度が遅くなることが多く、結果的に通信速度が安定しないという現象が起きるようになります。これは、格安SIM会社間でも差が出るところであり、ある格安SIM会社では、それほど通信速度の遅さを気にすることもない程度であるところもあれば、別の格安SIM会社ではネットサーフィンや動画視聴などをしているときに大きくストレスを感じることもあります。

特に画質の良い動画などを視聴していると、良い場面のところで動画の動きがカクカクとしてしまって、感情移入もできなくなってしまいます。このように、格安SIM会社としても一概に判断することができないことより、契約する際にはどこの大手キャリアの通信網を借り受けている格安SIM会社なのかを確認して契約する方が良いでしょう。

「まとめ」

格安SIMを契約することにより、スマホの維持費を劇的に抑えることが可能となります。各自の使用状況にもよりますが、家族間で複数のスマホを持っているような環境でしたら、大手キャリアと格安SIMでの契約金額を比べてみると、3分の1から5分の1程度までランニングコストを抑えることも可能でしょう。しかし、前述をしているとおりメリットばかりではありません。

通信速度においては、確実に大手キャリアの方が優れているためストレスを感じずにスマホの操作が可能となります。個人によって、費用面のメリットを取るのか通信速度の安定性を取るのかは価値観によって異なるでしょう。スマホを使用するうえでどちらが自分自身にあっているのかを吟味していただき、これからも快適なスマホライフを満喫していただければと思います。