【格安SIMのキャリアメールについて】乗り換えた後はどうなるの!?解説していきます

【格安SIMのキャリアメールについて】

昨今では、格安SIMでスマホを契約されておられる方が非常に多いのではないでしょうか。スマホ利用者の内、格安SIMを利用しておられる方は全体の約12パーセントにも上ると言われています。また、格安SIMの事業者数におきましても、ワイモバイルやiijmioなどの通信契約を締結する会社や格安SIMに関連する会社の数が、日本において500社を超えるとのデータもあります。

このように、格安SIMの需要については、今後も拡大傾向にあると言えるでしょう。
格安SIMは非常にメリットの大きいスマホの契約手法と言えるでしょう。

しかし、メリットだけではなくデメリットについても存在することをご認識いただきたいと思います。
格安SIM会社では、ほとんどの会社でキャリアメールが使えないのです。

「結論」

しかし、色々な観点から検証をするとキャリアメールを利用できなければ絶対に困るということはありません。多少の不具合は生じますが、別の手法によりカバーすることは可能となるでしょう。

ここでは、格安SIMのデメリットの1つであるキャリアメールが使用できないことについて、ご紹介したいと思います。

「キャリアメールとは」

キャリアメールとは、通信キャリアが独自で用意しているメールアドレスのことです。DoCoMoであれば「〇〇〇@docomo.ne.jp」(〇〇〇には任意の文字を自分で決めることが可能です。)やソフトバンクであれば「〇〇〇@softbank.co.jp」といったようなメールアドレスがキャリアメールと呼ばれているものです。

このキャリアメールについては、特別なe続きをする必要はなく、大手キャリアで契約をすると自動的にメールアドレスが付与される仕組みとなっています。
なお、スマホが普及する前のガラケーでは一般的にEメールでやりとりをする際には、このキャリアメールを頻繁に使用していました。

「キャリアメール以外のメールとは」

このキャリアメールは、ほとんどの格安SIM会社では使うことができません。では、メールによる送受信が全くできないのかと言うとそうではありません。
Googleでアカウントを取得するとGmailを使用することができますし、Yahoo!でアカウントを取得するとYahoo!メールが使用可能となります。また、最近では、アカウントと同時に任意のメールアドレスを自動で作成するようなアプリまであります。

このように、キャリアメールが使えないといっても、メールを送受信する手段はたくさんあるのです。また、LINEやTwitterなどの連絡手段もあることから、メールだけに依存するのではなく、他の手法を用いて相手と連絡を取ることも可能です。このように、ほとんどの人がキャリアメールを使用できなくても、スマホを利用するうえでは困ることはないのではないでしょうか。

「キャリアメールを使えないことのデメリットについて」

GmailやYahoo!メールといったフリーメールでは誰でも取得できるといった利便性がある反面、逆に誰でも利用できるからこそ信頼性に劣るといった側面があります。このことより、大手キャリアと契約をしないともらえないキャリアメールについては、信頼性が高いと認識されています。

そのため、ネットバンキングでの取引や本人確認認証メールなどの、重要度の高い場面ではキャリアメールが重宝されていることもあります。
また、GmailやYahoo!メールといったフリーメールでは、迷惑メールフィルターでフィルタリングされた結果、相手に届かないといった事象が発生する可能性もあります。

私が使用しているのも格安SIMによるフリーメールですが、学校関連のママ友と連絡を取る際に、最初は相手に全く届かないことがありました。相手にお願いをして、私からのフリーメールが迷惑メールフィルターに引っかからないようにしてもらうなどの作業をしてもらったこともありましたので、相手のスマホ環境などによっては面倒となることもあります。

「格安SIMでキャリアメールを使用する方法について」

先述したように、どうしてもキャリアメールを使用したいという人も中にはいらっしゃると思います。そういった方々には、限定されてしまいますが格安SIM会社の中でもキャリアメールを付与してくれる会社があります。

まず1つめはUQモバイルです。月額200円支払うことにより、「〇〇〇@uqmobile.jp」といったキャリアメールを付与してもらえます。
次に2つ目はワイモバイルです。ここは月額が無料となっていますので、余計な出費は抑えることができますのでおすすめです。「〇〇〇:@ymobile.ne.jp」といったキャリアメールを付与してもらえます。

「通信費用について」

ほとんどの格安SIM会社では、キャリアメールが使えず一部の会社でのみ、キャリアメールが使えることはお伝えしました。このように多少のデメリットはありますが、それを補って余りあるのが通信費用です。

大手キャリアでは平均月額10,000円であるところ、格安SIM会社ではライトユーザーなら月額2,000円でスマホを維持することが可能となっています。このように月額比較で約8,000円もの差が生じてきますので、是非とも格安SIMをご利用いただきたいと思います。

「まとめ」

格安SIM会社におけるキャリアメールのあり方について、ご説明をさせて頂きました。このように、使う用途によってはキャリアメールがあった方が便利であるということはお分かりいただけたと思いまする
しかし、逆説的にはキャリアメールがなかったとしてもスマホの機能を確保するうえで必ずしも必要ないこともお分かりいただけたのではないでしょうか。

ここまで記載させていただいた内容を振り返っていただいて、どうしても自分にはキャリアメールが必要だとおっしゃる方は大手キャリアか一部の格安SIM会社で契約をしてください。特にキャリアメールの必要性を感じない方については、格安SIM会社との契約を検討する際に、チョイスする幅が広がります。格安SIM会社を選ぶにあたってわざわざ限定的にする必要はありませんので、そのことを視野に入れてご検討頂ければと思います。