戦国時代をお金の流れで見る。やっぱお金は大事

こんにちは、久留間です
先日、本を読んでいたら面白いものを見つけました。

結論から言うと、お金は超大事だよって話です。

政治でもビジネスでも戦国時代でも。
戦略を組む頭があっても、経済をないがしろにしてると勝てませんぜってお話。
あとは権力を持つのも金がある所ってこと。
当たり前だけど、将軍家や幕府も金がなくなったら一揆やら乱やら起こされて倒れるんだ。

特に面白かったのが、
『経済的センスのある織田信長』vs『経済軽視の武田信玄』で対比されている部分。

まず経済的に地の利があったのは織田信長の方。
信長は現在の愛知県の場所で生まれました。
愛知は東日本と西日本の中継地点にあたります。

中継地点はたくさんの人が往来して、商売が盛んになります。
宿も増えるし、食事処も増えるからその分お金が回るわけです。
空港や新幹線の駅ができたらその地域の周りにはお金が回ることをイメージしてくれたらいいです。

ちなみにドバイが栄えたのも、
東西貿易の中継地点であることを利用して空港や港を整備したからお金が集まったということができます。

他にも愛知では瀬戸焼や常滑焼などの陶芸品が多く作られており、商業的にも非常に良い立地だった。

これに対して、武田信玄は現在の山梨県で生まれました。
海もないですし、雪国ということもあり、米も取れなければ、交易地点もありません。

川の氾濫もよく起こり、住むのがまず厳しい地域でした。
なので、まず行なったのは自国の領土内の整備です。主に土木工事。

生活の基盤がそもそも怪しいので、経済を豊かにするなんて所にはなかなか辿り着けませんでした。

この話を聞くと、昔は出身地が勝敗を分ける大きな要因だったと思います。
しかし、これだけが勝敗の要因では無いです。
次に着目すべきは税制です。
信長はそれまで農民にとって非常に重たかった税を軽減しました。

これに対し、信玄は農民に重課税を課していました。

この違いが一体何を引き起こすのか?
もし仮にあなたが戦国時代の農民だと仮定すると、どちらの領土に住みたいでしょうか?
まあ聞くまでもなく織田信長の方ですよね。

昔の農民も同じで、信長は農民からよく思われていましたが、
信玄は農民から反感を買っていました。
これにより領内での移動のし易さや、経済的豊かさに歴然の差が生まれてしまったのです。

また税に関連することで、関所と言うものがありました。
これは通行する人や物に応じて税を課す場所です。

これが多いと移動することが辛くなります。
モノを持って商人が移動すると、それだけで税を取られ、その分は物価に上乗せされてしまいます。

ちなみにここでも信長と信玄の間には大きな違いがあり、
信長は関所を撤廃していき、信玄は関所を増やすという行為を行いました。

信玄は税による負担もそうですが、商人の移動を妨げるという面でも経済的な発展を自ら潰していたことになります。
当然、商人たちは信玄の元を離れて、信長の方へ行き、信長側は経済が回るという形になります。

まあ税金が安いに越したことはないですからね。
今の日本でも、富裕層はほぼ海外に逃げてますから。

例えば、シンガポール。
今では日本を抜くくらいに成長した国ですが、ここは税金が安いことで発展した国です。

こういったところに富は流れて行ってしまいます。
他にも関税といえば、EUですね。

EU諸国間での取引には関税が掛かりません。
そうしておくことで、EU圏内の経済を活性化させることができます。

ここまで信長vs信玄で見てきましたが、本当に経済政策に対しては対照的な二人でした。
もともと持ってるもの(地理・場所)が違うとこんなにも政策に違いが出ることが面白いと思います。
もし信玄と信長の生まれた場所が逆だったら、勝敗はまた違ったものになったと思います。

ということで、
お金やポジショニングが大事であるということを、
歴史から学ばせてくれる貴重な本でした。

『お金の流れで見る戦国時代』の感想終わり。