読者の4つのNotを突破して最初の0から1へのステップを踏もう。

どうもこんにちは、しーまです。

今日は初めてでもわかるコピーライティング、

4つのNotを使いましょうということで、
コピーライティングで最も大事な4つのNotのお話をしていきたいと思います。

 

前回はFAB(feature advantage benefit)について書きましたが、今回は別角度からコピーライティングについて書いていきます。

商品やサービスを売るためには、お客さんがどの段階にいるかを把握する必要があります。

今回はそのお話。

 

まずなんですがこれは前提として認識してほしいのですが、見込み客には4段階あるということです。

(見込み客とは、商品を買う可能性のある人のことです。その商品に関連することに興味がある人は見込み客になります。)

インターネットビジネスをやる場合において、見込み客を理解するということは非常に大事です。

そして大まかに分けると、見込み客の商品を購入するまでの段階は4段階あるのです。

これはどういうことかというと、商品に対する印象は人それぞれであるいうことです。

商品を紹介した時に「あ、これ買おう」と思う人と
「んー、なにがいいのかな」と思う段階の人って当り前だけどいますよね。

興味を持つ人もいれば興味を持たない人もいる。
買いたいけど買わない人もいれば買いたくて買う人もいる。

このようにですね、見込み客には様々な段階があるということです。

で、コピーライティングの世界ではこれを4つのNotというわけです。

4つのNotなんですが、見込み客は

Not Openの段階。開きもしない段階。
Not Readの段階、読まない段階。
Not Believeの段階、信じない段階。
Not Actの段階、行動しない段階。

コピーライティングの世界では主にこの4つに分けられるわけです。

では一つ一つ説明していきます。

まず、Not Openの段階。

これは見込み客がアクセスさえしない。
クリックさえしない。
そもそも気づいてもいない、興味が全くない。

この様な段階ですね。

なので、当然なんですがビジネスをやる場合において、

アクセスをしないお客さんに商品を売るということは不可能なんですね。

なので、僕らがまずやらなければならないということはアクセスさせること、
つまり認知させることなんですよ。

自分たちの存在を知らしめること、
知ってもらうだけでいいんです。

中身がいいか悪いかなんてまだどうだっていい、
とにかく私のことを知ってくれ、認識してくれ、というのがこの段階です。

購入してほしい商品を認識させる、まずはこれから入るべきです。

ちなみに大手の会社というのはこれをやっています。
テレビCMによって多くのお客様に認知させているんです。

僕らっていうのはCMを見た瞬間に購入という決断にたどりつくってことはないですよね。

しかし認知させることによって、
Not Openの段階は越えられてるんですよ。
大手の会社がテレビCMをうつことのように。

なので僕らっていうのも同じことをやらなきゃいけなくて、
まずは認知させなければなりません。

なので商品の告知をしたりだとか、ブログで商品の説明をしたりだとか。

まずはそういった風に自分のことをたくさん知ってもらえるようなことをやって行かなければならないんですね。

次は、Not Readの段階。

じゃ知ってもらいましたよと。ただそれだけだと商品は売れませんね。

どうすればいいのか。

読ませなければならないわけです。

自分のことを深く知ってもらわなければならない。

「名前は知ってるけど、なんの会社? 誰?」
っていう段階なんですよ今は。

ではなくて、「なんか面白そうな商品がある。この人なんか面白そう、ちょっとブログ読んでみよう」
ぐらいのレベルにまで持って行かなければならないんですよ。

これはNot Readの壁を超えることです。

まだ読まないんです、Not Readなんです。

読まないので読ませなければならないわけです。

読まない、読みたくない、頭に入らない、
この段階を越えなければならない限り、閉じてしまう。

つまり見られなくなってしまうんですね。

読まれなくなってしまうんです。

それではダメなので。
なので僕らは常にNot Readの壁を超えるように努力しなければならないんです。

 

Not Openの壁は越えました、じゃ次はNot Readの壁を越えて行こうということですね。
さらに次、Not Believe。

これは信じない段階です。

信じることができない段階、理解できない段階、共感できない段階です。

 

なので次は、お客さんに対してこの商品は買ったほうがいいものだ、と信じ込ませなければならないわけです。

自分たちの商品は本当に良いんですよと、信じさせなければならないんですね。

信じさせなければならない、共感させなければならないんです。

そうしなければ閉じられてしまうんですね。
見られなくなってしまう、忘れられてしまう。

これはだめなんですね。

自分の商品がいかに良いかを説明しなければならない。
説明して説得しなければならない。

最後の段階、Not Act。
Not Believeの壁を超えましたと、次はじゃあ購入してもらわなければなりません。
これがNot Actの壁を超えるということです。
今決定できないんですよ、決定できない段階なんですね。
行動できない段階なんですね、購入できない段階なんですね。
めんどくさい段階なんですお客さんは。

あるじゃないですか、これ欲しいなと思っても購入に至るには結構なエネルギーが必要ですよね。

お金に余裕がなければなおさら難しいです。

それだけの行動させるエネルギーをお客さんに与えなけければならないんですね、
これがNot Actの壁を超えるということ。

 

今まで3つのNot超えてきました。

Not Open・Not Read・Not Believeの3つのNotを超えてきた。

最後にひとつ。

Not Actの壁さえ越えさせれば商品は売れていくんですよ。

ただ、このActの壁を越えさせなければ閉じてしまう、見られなくなってしまうんです。

4つの心理障壁を超えていくことが物を売るためには重要で、
ビジネスをやっているのであればこの4つの心理障壁を超えて行かなければなりません。

ですがまずはNot Openに全てを注いでください。

儲かっていない中小企業や個人、
商品が売れない中小企業や個人というのはそもそも認知されていません。

それの理由はこれです、Not Openに全てを注いでいないから。

僕のブログでは商品を販売しているわけではないのですが、ブログ記事を書き続けることによって僕の存在そのものはNot OpenからOpenに変わっていっています。

まあつまり、世間への露出を増やせばNot Openは超えていけるということになります。

話を戻しまして、儲かっていない中小企業の社長や個人事業主が何を考えているのか、
「うちの商品は知って貰えれば本当に良い物なのに」と言ってるんですね。

そんなことは知っているんです。

中身が良いか悪いかなんて最初はどうだっていいんですよ、
まず知らさなければ意味ないんです。

知らせない限り売れることは絶対にありません。
知らない商品を買うなんてことはあるわけないでしょうという話です。

なのでNot Openに全てを注ぐというのはがかなり大事になってきます。
そして売れてない人はNot Openを超えていない人がほとんど。

順序を守らずにいきなりNot Actさせるとか、買わせようとするとか、変な行動をする人が多いのです。

商品説明をしてない、だから商品の何が良いか悪いか分からない。
そもそも読んでもいない段階の人に売ろうとしても、それは売れるわけがないということです。

段階的に説明していかなければならないのです。
一つずつ超えていきましょう。
まずはNot Openを超えればいいんです。

次Not Readを超えればいいんです。

次Not Believeを超えればいいんです。

最後にNot Actです。

いきなり売ろうとしてはいけません。
いきなり売ろうとしたところで売れるわけがありません。

特にインターネット上で商品を売るのに売れるわけがないということです。

一番大事なのはNot Openに全てを注ぐということです。

これは今までの4つのNotのお話すべてに当てはまります。
ビジネスでも恋愛でも当てはまります。

今までビジネスのお話は散々してきましたよね。
知られなければ商品が売れることはないというわけです。

これ恋愛でも一緒です。

知られなければ付き合えるわけがない。

知られましたと、その次に興味をもたれるかどうかですよね。

Not Read、過去に興味をもたれるかどうか。

その人ってどんな人なのと思われるかどうか。

思われたらこの人いい人なの・信頼できる人なのというNot Believeの壁を超えられるかどうか。

最後にデートしたりだとか、付き合ったりとかに至りますよね。

Not Actの壁を越えて最後に付き合ったりとかデートしたりとかに至るわけです。

つまり本当にすべてに当てはまるんですこれは。

最初に興味をもたれない限り商品が売れることもその後に何かが進展することもないということです。
というわけでコピーライティング4つのNotのお話はここまでです。

ビジネスでも恋愛でもどんな場合にも当り前ですが
同性間のコミュニケーションでもすべてに当てはまります。

ビジネス以外にも使えるので是非是非活かしてくれたらなあと思います。

ありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください