効率的な勉強をしよう。復習の重要性、音読はとても効果があって簡単な記憶学習法。学習教育

こんにちは、しーまです。

 

僕は昔記憶力が非常に悪くて、すぐに忘れてしまうような人だったのですが、

ある時、高校の先生から音読をすると楽に早く覚えられるぞと聞いたので実践したことがあります。

 

で、これがマジで覚えられる。

一回も教科書の書き写しとかしなかったけど、教科書の内容をほとんど覚えることができたりした。

 

音読の効果はえげつない

 

もちろん最初は半信半疑。

とりあえず言われた通りに音読してみた。

1周目しゃべり終わって思い出せるかやってみた。

 

、、、ダメだ。2割くらいしか思い出せない。

「あのやろー嘘言ってたんか?」そんな気持ちを最初は抱きました。

 

翌日、その先生と話している時に、「音読してもあまり覚えられなかったんだけど」っていってみた。

そしたら、何回やった?と聞かれたので、1回だけと答えた。

 

そのあと、呆れた感じで「1回やっただけで覚えられるのは記憶センスがいいか天才だけや」と言われ、

「普通の人なら10回とか20回とか繰り返す必要があるで」と言われた。

 

なんとなく煙に巻かれた印象を受けながらも、その日家に帰って早速10回音読してみた。

教科書1ページだけだが、意外に覚えられないものだ。

しかし、10回も繰り返すとほとんど覚えることができてしまった。

 

これには結構びっくりした。

「あれ?自分めっちゃ覚えてるわ」

 

たかだか教科書を1ページ分覚えただけ。

それでも、当時の僕には結構な衝撃だった。

 

おそらくこの頃くらいから勉強が楽しくなった気がする。

それまでは結構テストとかひどい有様だったので、なおさら楽しさを感じた。

 

たまに、書いて覚えろと言ってくる人がいるけど、それってハードル高いし、何より時間がかかる。

書くためにはペンとノートがいるし、書く作業も必要だ。これってやるまでの道のりが結構遠い。

それに比べて、音読はすぐにできるし時間もかからない。なおかつ、覚えるのも早くできる。

 

小学生の最初の頃とか、ひらがなカタカナ漢字と書いて覚えることが当たり前だった。

だからこそ、書いて覚えろといってくる人が居るのは理解できる。

けれど、それだと圧倒的に遅い。

 

人間の脳は繰り返すことによって記憶するようにできている。

だからこそ、繰り返しの数を圧倒的に増やす必要がある。

そのために音読をする。

10周20周を書いてやれと言われても挫折するのは目に見えてる。

 

結局やらなくなってしまっては覚えることができない。

続けるためのハードルを低くするためにも音読は最適である。

 

で、この学習方法は学校での勉強以外にもめちゃくちゃ使える。

 

例えば、読書した内容を他人に話すときとか。

あー、あの本読んだんだけどなー。内容忘れちゃったよ。

とか結構ありますけど、それだとせっかく本を読んだのに身になってないってことなので非常にもったいないですよね。

せっかく読んだんだから、どうせなら人に話せるくらいには記憶しておきたいじゃないですか。

そんな時も音読って有効です。

僕の場合は、ほんの全部を音読することはしません。

興味があったとこだけを重点的に繰り返し音読して、この内容は他人に話せるようにしようって感じで覚えています。

 

こうやって覚えておくと、会話してるときとかに結構役立ちます。

こないだ読んだ本にこんなこと書いてあって〜とか、会話のネタにもなりますし、

会話している相手もそういう話が聞けるのは単純に面白いそうなので、いい感じです。

まあもちろん相手が興味ある内容ってことが前提ですけどね、この場合。

 

まとめ

てなわけで、効率的に勉強するなら音読は最高ですよって話でした。

学校での勉強だけでなく、読書や日常での会話にも応用が聞くのでぜひ試してみてください。

 

覚えられねーって状態がマジで改善されるので。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください