キョドる原因は客観視にあり

こんにちは、シーマです。

 

今回言いたいのは、

自分を客観的に見たら、悪いことしか思いつかなくね?ってことです。

 

よく言われるじゃないですか、

「自分を客観的に見ろ」って。

就活なんかでも、

「自分を客観的に分析していいところを見つけよー」って

いわゆる自己分析みたいなのありますけど、

そんなことをしても自分には何もないなってことが

わかるくらいなんで「やらなくてもええんちゃう?」

とか思ってましたけどね。

 

まあ一般的に言われている「客観視しろ」は、

過去及び現在の状況をもとに自分を分析する

自分が周りの環境とどういう関係にあるのかを把握する

という意味合いで使われることが多いようですね。

 

僕のイメージでいけば、

2つ目は客観視ではなくて俯瞰するってイメージですが。

 

で、客観視すると何が起こるのかってことですが、

自分の行動を客観的に見る → 人が自分の行動や姿・形をどう見ているかを異様に気にする → キョドる(やばい、視線気になる、、、やばい)

自分のステータスを客観的に見る → 客観的に見るためにほかの人と比較 → 気持が不安定化(ネガティヴマインド発症、、、どうせ俺なんて。。。)

自分の人生を客観的に分析 → 「自分の過去の実績や経験」から判断 → 夢や目標をあきらめる(俺今まで何も実績ないやんけ。。。こんな俺が努力してもウンタラカンタラ、、)

 

的な感じですね。

いやー、自分を客観的に見たくないですね。はい。

 

というか、自分自身を客観的に見るのは不可能なんじゃないかと

ちょっと思いました。

 

だって客観視しようとしても、

必ず通らなければならない道があるじゃないですか。

 

自分という主観的視点を通るにしろ、

他人Aまたは他人Bという客観的視点を通るにしろ

それはどの視点を通っても必ずフィルターが存在するってことです。

 

フィルターっていうのは、人が経験してきたことや、

感じてきたこと、物の考え方など、

ある人間を構成する価値観のようなものだと捉えてください。

 

うーん、簡単に何が言いたいかというと、

「自分自身が考えている客観的視点と、他人が自分を見る視点には

少なからずズレがあるのではないか」

ということ。

 

つまり、人はそれぞれに主観を持っており、

そのフィルターを通して自身を客観視するということです。

(主観は人によって変わります)

 

「自分の主観をもとにして、他者の気持ちを推測する」(≠客観的)能力、

これが客観視するということでしょうね。

 

「客観視であって、客観視でない。」

そんな関係がありそうな気がします。

 

ついでに思ったのが、世の中で「常識」と言われてること。

これは、同じような主観を持った人間がたくさんいて

出来上がるめんどくさいものだと僕は考えています。

 

友達とか親に、「そんなん常識やろ」とか言われるたびに、

「はあ?それはあんたの主観やろ」って思っておりました。

 

ふむ。ここから導かれることは、

僕の主観(価値観)は、多くの人の主観(常識)とは違う、、、

ということですね。

 

まあそんなに困ったことはありませんね。

あるとすれば、何かしようと思った時に

「あんたは常識ないから」と止めてくる親くらいでしょうか。

 

そんなものは無視して突っ走るのが一番です。

あんたの人生じゃないんだよ。僕の人生なんだよって。

 

この記事で何が言いたいかというと、

主観で生きろ!!

 

以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です