服装ダサくて、女の子に振られた

こんにちは、しーまです。

 

僕は以前は服装なんてどうでもいいだろ的なタイプだったのですが、

それが悲劇の結果を生むことになりました。

 

 

まあ、引っ張るのもあれなんで、と言うか

すでにタイトルに書かれてますけど

 

高3くらいの話ですかね。

当時好きだった女性が居たわけなんですが、

その人が結構服装にこだわる人でした。(私服高校に通ってたもので。)

 

彼女自身の服装についてもそうですが、

付き合う相手にもそれなりの格好を求めると聞いていました。

 

で、僕はその子とはまあまあ話すかなくらいの関係性でしたwww

 

当時はあまり女性に慣れていなかったので、

「告ったらいけるんじゃね?」とかバカみたいな考えで

突撃したわけです。

 

すると、「いやいや、冗談は服だけにして?」

と言われあっさり玉砕しました。

 

もうその時は頭の中真っ白ですよ。

「は? 服? え?」

みたいな感じです。

 

確かに、その当時を思い返してみると

基本はユニクロか、よくわからない1000円以下のものを着ていたなーと。

サイズとかも気にしてなかったので、

服によっては短かったり、長かったりして「なんかちょっと変」でした。

毎年同じ服着てたから伸びてただろうし。

 

今思えば、彼女は会話の中とかでヒントをくれていたと思うんですね。

暗に「お前ダサいぞ」的な感じで。笑

 

それを無視して突っ込んでいった当時の僕を非常に恨んでいますが、

もっと早い段階から服装には気をつけるべきだったと感じました。

 

まあ今更なんですよねwww

時すでに遅しです。

 

もしかしたら、服装を変えていたら他の相手の基準は満たせていたかもしれないのに。。。

と思うと、本当にもったいないことをしたなーと後悔しまくりです。

 

服への投資をケチったおかげで青春を台無しにした気分ですよ、ホント。

 

あー、あの時ちゃんとした服を着ておけばー!って後悔ばかりです。

 

もちろん、服だけの問題ではないかもしれませんが、

少なくとも、直で服を指摘してきたあたり

相手の女性には許せなかったポイントなのでしょう。

 

服って簡単に変えられる部分なんですが、

それゆえか気にかけない僕みたいな人が多いかもしれません。

 

ですが、あまり適当すぎる格好をしていると

女性から「ダサっ」と思われて恋愛対象外に飛ばされてしまうみたいです。

 

あー、思い出しながら書いてたら

当時の自分にものすごく腹が立ってきたw

 

女の子は中身で選ぶと言いますが、

外見が平均以下だと、相手にすらされないので要注意です。

 

ここを読まれた皆さんは

ぜひとも服装には気をつけてくださいwww

 

女性が求める最低限をクリアしていきましょう!

 

 

 

モテるための無料メルマガ

僕がモテなくて悩んでいた頃から美女と付き合えるまでにいたった物語をメルマガで特別に配信しています。

 

なぜメルマガかと言うとあまりにもぶっちゃけすぎているので、ブログに書くのは抵抗があったためです。

 

しかし、僕と同じように悩んでいる人には見て欲しいと思い、メルマガを発行する形にしています。

 

僕が実践して結果を出した方法を僕の友達にも教えて、それで友達にも美人な彼女ができたのでこれは価値があるなと思っています。

 

そんなわけで、メルマガ登録は以下のフォームから行うことができます。

 

モテなかった男が美女と付き合うまで

 
 

 

モテるためには原理原則が存在します。

なので、その原則を知らずしてモテるようになるのは大変難しいことです。

大海原を地図なしで突き進むようなものです。

本当に自分がしていることは正しいのか?

そういった指針がある方が楽に進むことができると思いませんか?

 

ということで、

僕がこれまでに得てきた経験や知識から導き出した「モテるための原理原則」をPDFにまとめたものをメルマガに登録してくれた方限定で、無料で配布します。

この無料PDFに書いてある知識を友人に与えたことによって、友人はダサいモテない男から彼女が途切れない男へと変身を遂げました。

それくらい価値あるものを今回は無料で配布します。

 

あなたは彼女が途切れない青春に魅力を感じませんか?

 

モテなかった男が美女と付き合うまで

 

 

 

5 件のコメント

  • 私も以前はファッションについてあまり気にすることがなく、どちらかと言えば値段重視でとにかく安くあたりざわりない黒や白の服しか持っていませんでした、しかしふとファッション詩を読んだ時、こんなかっこいい服やこんなオシャレな着こなしがあるんだと知りまた安い服で着こなす技もファッション詩にのっていたので、どっぷりとハマってしまい今ではおしゃれが楽しいです。

  • 結局のところ本気さというか、熱意が感じられなかったと言事なんではないでしょうか。少なくとも勝負服で来いよみたいな感じですかね。特に悪い印象が無ければ第一印象って大切ですから、勝負服でなくても何かしらアピールできるものが有利なのでしょう。それにしてもきつい言葉ですよね。もう少し優しく断ってくれればいいのにと思ってしまいます。でも女性からしたら勘違いされないためには最善の断り方だったとも言えますしね。突撃して玉砕する時ってどうせ落ち込むんだから、はっきり言われた方がいいのかも。でもその後結果を出したと言いうのは興味がありますね。何か必殺技があるのかな?

  • 私も着るものは無頓着で、着た切り雀でした、私の場合、夏に彼女が出来、冬が近づくにつれ、着るものがなくなって行く私に彼女が、コートや着るものをプレゼントしてくれていた。
    彼女が社会人で私に使う金の余裕があったと言う事でしょうが、毎回ではやはりなく、私と店に行って、どんな店でどんなものがいくらくらいしていて、何をどう変えば良いかとか、良く話してくれました。
    そして、私もやっと、ファッションに興味が出て一緒に買い物や雑誌を見るようになり、彼女も楽しそうでしたし、彼女からのお誘いが多くなりました、やはり、横を歩く女性にとって男性の服装も周りに恥ずかしくない物は着て欲しいし、気を使って欲しいのはあたりまえなんですよね

  • 最初からファッションがダサいから嫌と言うのは、男の子のことを自分をよりオシャレに見せるためのアクセサリーと思っているんじゃないでしょうか。男の子もファッションの一部なので、たまに自分の好みではない格好をしてしまうとそれだけで嫌われる可能性があるので、付き合っていても毎日ハラハラすることでしょう(笑)。私もファッションにはこだわりますが、相手については明らかに不潔な感じや変なにおいがしなければ気にしません。ダサいなら「こんな服似合いそうだよ」とかプレゼントします。と、別に慰めでもないですがそう思いますよ。

  • 朝からブログを読んで「うんうん」と深く肯いてしまいました。
    いつも本当にためになる記事をどうもありがとうございます。
    たかが服、されど服ですよね…。

    なんていうか、見た目ってただ「見た目」ということではなくて
    相手に自分をどのように見せたいのか、見てもらいたいのかという意思表示だと思うんです。

    そこが適当でテマヒマカネをかけていないということは、
    「相手に対する真剣みが足りないというようにとらえられてしまっても仕方ないんじゃないかなと思います。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください