どんな服を着れば簡単におしゃれに見えるのか?

こんにちは、しーまです。

 

おしゃれって結構パターンなんですよ。

 

人から見ておしゃれだねって言われる服装には明確なパターンがあるんですね。

今日はそれを紹介します。

 

今まで全くファッションに興味がなかった人からすれば、

おしゃれって一体なんなんだ?と

なるはずです。

 

事実、僕がそうでした。

 

ですが、ファッションについて色々学んだ結果、

ほとんどパターンがあることに気づいたのでシェアしますね。

 

ネットショップなどで服を買うときの参考にしてください。

 

1.フォーマルとカジュアルのバランス

まず、メンズファッションにおいて

フォーマルとカジュアルのバランスを取ることが「おしゃれになる近道」です。

 

1-1.フォーマルとは?

パーティーや会議へ出席する時をイメージして欲しいのですが、

上はスーツ(テーラードジャケット)、下はスラックス、

革靴にレザーバッグを持っているサラリーマンみたいな感じです。

 

1-2.カジュアルとは?

フォーマルに対して、カジュアルは

家の中でいる時の格好を想像してください。

多くの人は、上はパーカーやスウェット、

下は色落ちデニム、靴はスニーカーみたいな感じかと思います。

 

これらのバランスを上手くとることで、

おしゃれに簡単に見せることができます。

 

1-3.組み合わせると?

例えば、簡単な例を出すと

テーラードジャケット+デニム+革靴とか、

パーカー+スラックス+スニーカーといった具合に

上手く組み合わせることで、雑誌とかに良く出てくる

おしゃれな人レベルになれます。

 

上記で挙げた例で、もう少し考えてみると

テーラードジャケット+デニム+革靴の組み合わせは、

童顔の日本人にとってはよりマッチした印象になり、おしゃれに見えます。

 

もう一つのパーカー+スラックス+スニーカーであれば、

少しカジュアル感が強めで、欧米人などのしっかりとした顔立ちの人には合いやすいですが、

童顔な人であれば、少し幼く見えてしまうので注意が必要です。

 

ここは自分の顔の濃さに合わせて使い分けるべきポイントです。

ただ、多くの日本人は顔が比較的薄めなので、

フォーマルよりにしておいた方が無難です。

 

2.トップスとボトムス。どっちから揃える?

まず用語ですが、ざっくりいうと

トップス。。。上に着るもの

ボトムス。。。下に着るもの

と覚えてください。

 

で、どちらから揃えるか?ということですが、

ボトムスから揃えた方が楽です。

 

なぜなら、ボトムスは全体のバランスを整えるために機能する

基礎とも言える部分になります。

基礎がなっていないと、トップスでいくら挽回を図ろうとしても無理です。

なので、まずはボトムスから揃えます。

 

トップスは、ボトムスが全体のバランスを整えるものに対し、

印象をガラッと変えてしまうアイテムになります。

ただ、基礎のボトムスをちゃんと選んでいないと、変な感じになってしまいます。

 

少し想像してもらうと、

ブカブカのパンツに、スニーカーを履いている人が居たとして、

その人がジャケットを羽織っても様にならないわけです。

 

ボトムスがおかしいと、全体のバランスが崩れて変なことになるので、

ボトムスから組み上げていくのがオススメです。

 

多くの人は服を買おう!となった時に、

まず変化がわかりやすいトップスから選んでしまいがちですが、

最初は基礎固めのためにもボトムスから選んだ方が良いのです。

 

3.シルエットには3パターンあり

 

シルエットを考えて、服を選ぶと簡単におしゃれ感が出せます。

基本は3パターン。

 

Iライン

まず一つ目がIライン。

全体的にシュッとした印象を与えることができるのが

このシルエットです。


出典: SPUTNICKS

上下とも細いシルエットのものを選べばこのラインが完成します。

基本はこのシルエットを狙って服を決めるのが楽です。

後で紹介するシルエットと比べても、Iラインが最もフォーマル寄りなので、

おしゃれにキメやすいのです。

 

Aライン

二つ目がAライン。

これはトップスが細めで、ボトムスがゆったりしたシルエットです。

ゆったりとしたパンツに、細身のTシャツを着ることで完成します。

ただし、オシャレに着こなすには難易度高めです。

 

Yライン

最後がYラインです。

これはトップスが緩めで、ボトムスが細めのシルエットです。

ゆったりしたシャツに、細めのスキニーなどを組み合わせれば完成です。

 

パターンとしてはこの3つですが、

慣れないうちはIラインで攻めるのが簡単です。

自分の体型に合ったジャストサイズを着ることで、

簡単におしゃれ感のある格好ができてしまいます。

 

服を買う際はジャストサイズ、細めのシルエットを意識しましょう。

 

3.色の使い方

色もおしゃれ感を出すためには考慮しなければいけない部分です。

基本はモノトーン(白・黒・灰色)+1色にすることです。

 

あまり、多くの色が入ることは好ましくありません。

カラーはモノトーンであるほどフォーマルに近づきます。

 

逆にカラーが多いと、カジュアル感が増して

子供っぽく見えてしまうので注意です。

 

まとめ

今回はおしゃれに見える服のパターンをご紹介しました。

基本は、デザイン・シルエット・カラーの3要素で

それぞれにフォーマルかカジュアルといった方向があります。

おしゃれに見せるためにはこれらのバランスが大事で、

日本人は基本フォーマル寄りにするとおしゃれに見えます。

 

シルエットをIラインで固定し、カラーをモノトーン+1色で固定すれば

あと選ぶのはデザインだけになります。

例えば、先ほどお見せした


SPUTNICKS

 

足元をモノトーンの細身のパンツで固定すれば、

さらに選択肢を狭めることができて

服を選びやすくなるかと思います。

 

あと、重要なのが足元!


SPUTNICKS

結構、足元を疎かにして全体のバランスが崩れて変になってる人が多いので、

下まで気を抜かないようにしたいですね。

 

おしゃれって結構簡単にできてしまいますので、

ぜひぜひチャレンジしてみてくださいね。

以下のサイトでまずはチャレンジ!

SPUTNICKS

以上!

モテるための無料メルマガ

僕がモテなくて悩んでいた頃から美女と付き合えるまでにいたった物語をメルマガで特別に配信しています。

 

なぜメルマガかと言うとあまりにもぶっちゃけすぎているので、ブログに書くのは抵抗があったためです。

 

しかし、僕と同じように悩んでいる人には見て欲しいと思い、メルマガを発行する形にしています。

 

僕が実践して結果を出した方法を僕の友達にも教えて、それで友達にも美人な彼女ができたのでこれは価値があるなと思っています。

 

そんなわけで、メルマガ登録は以下のフォームから行うことができます。

 

モテなかった男が美女と付き合うまで

 
 

 

モテるためには原理原則が存在します。

なので、その原則を知らずしてモテるようになるのは大変難しいことです。

大海原を地図なしで突き進むようなものです。

本当に自分がしていることは正しいのか?

そういった指針がある方が楽に進むことができると思いませんか?

 

ということで、

僕がこれまでに得てきた経験や知識から導き出した「モテるための原理原則」をPDFにまとめたものをメルマガに登録してくれた方限定で、無料で配布します。

この無料PDFに書いてある知識を友人に与えたことによって、友人はダサいモテない男から彼女が途切れない男へと変身を遂げました。

それくらい価値あるものを今回は無料で配布します。

 

あなたは彼女が途切れない青春に魅力を感じませんか?

 

モテなかった男が美女と付き合うまで

 

 

 

16 件のコメント

  • Iラインシルエットはシンプルで素敵ですよね。モノトーンコーディネートも、これからの季節にバッチリ決まります。あとは、少し高めのストールをオンするだけで、オシャレ感がグッと増しますね。女性は、首、手首、足首のオシャレに敏感ですので。

  • 私は洋服にあまり知識がなく、いつもマネキンが着ているコーディネートをそのまま購入しあたかも自分で揃えたかのような着こなしをしていたり、店員さんに頼んでコーディネートを作ってもらっていました、なので洋服を選ぶ時も自分ではあまり考えることがなかったので、モノトーンカラーや色やラインなどまったく未知の世界で、この記事を通してとても勉強になりました。
    バランスよく着こなす事でおしゃれになる事顔付きによって着こなし方を変えるなどの、テクニックも身につけたいと思いました。

  • はじめまして、「ちえ」と申します。
    私は女性ですが、かつてはオシャレのパターンが自分の中に無くて、迷走ばかりしていました。
    今は自分に似合うモノ、好きな服、一般的にオシャレに見える組み合わせが分かって、かなり楽になりましたが……。
    この記事のように、分かり易い指南があるのは良いですね。
    悩んでいる時に、こういう記事に出会いたかった……と、改めて感じました。
    「まず揃えるべきアイテム」など、具体的で行動に移し易いのも、大きな魅力だと感じます。

  • 30代になり家庭を持ち子供も生まれ日々生活する中で、これまで若いうちは自分のファッションスタイルを持ちお金も使いおしゃれに磨きをかけてきましたが、最近はファッションに対し迷走していました。土日は決まった服や動きやすい恰好などで正直ださいパパでした。しかしこの記事で改めてファッションの基本を確認することができ、もっと磨きをかけなくてはいかないなという気持ちになりました。

  • 初めてコメントします!
    なかなか服選びのコツが掴めず大人になってしまった私ですが、凄く分かりやすく解説されていて読んでいて「へぇ〜」が止まりませんでした。
    今までカジュアルならカジュアル、フォーマルならフォーマル100%できっちり考えていたので二つのバランスが大事というのに目から鱗でした。
    日本人の顔向けのオススメも一言添えてて実用的で助かります。
    主人のファッションがワンパターン化してるので、アドバイスしてみようと思います。

  • 女性と男性ではファッションでおさえるべきツボが違いますから、かりに男性からアドバイスを求められたとしても的確なことは言えないです。なのでもし求められることがあれば、この記事を参考にすれば(その人にこの記事をおすすめすればいいかも)、トンチンカンなアドバイスをせずにすみそうです。
    確かにカジュアルでおしゃれというのは難しい、フォーマルよりにしたほうがいいかもと思います。普段着のファッションで「あれ?」という感じの人、けっこういますから(私も含めて)

  • 服を買うときはボトムスから!という意見、凄く納得してしまいました!確かに、いくらトップスがオシャレでもボトムが自分の体系に合ってなかったりダサかったりすると締まりませんもんねー!
    ボトムスには少しお金をかけてもちゃんとシルエットが綺麗に見えるモノを買うべきですよね!
    男性だけでなく、女性にも使える教訓です。今後服を買うときは下から買おうと思います。

    Aラインというと女性のふんわりしたスカートやワンピースを想像してしまいますが、男性ファッションにも使える用語だったんですね!
    Iライン、Aライン、Yラインの使い分けがとても分かりやすくて、今後、旦那の服の買い物に付き合う時に参考にさせていただきます。

  • この記事にあるようにファッションにも基本がありますよね。特に私が大事だと思うのはシルエットだと思います。
    自分の体型に逢った服を着ると清潔感も上がりますし、好感度も上がる様に思います。
    私は特別おしゃれではありませんが、似合う服を着ていると言われることがあります。これも経験だと思うんですよね。
    あーだこーだ試行錯誤するというのは勉強とか仕事と同じで、そこに労力をかければ自分に合ったものは次第に見つかって
    行くと思います。

  • こんにちは。初めて記事を読ませていただきましたが、コーディネートの基本がとても分かりやすくて参考になりますね。
    私もファッション初心者の頃は、どんな形のものをどのように合わせればいいのかわからずに、不思議なコーディネートをよくしてしまっていたものです。
    それが個性的と言えばそうなのかもしれませんが、基本の合わせ方を覚えてからの方がファッションの幅を上手く広げられるような気がします。
    何でも基本は大事ですよね!

  •  いつも拝読しています。いままでオシャレというものそこまで気を使ったことがなく、社会人になってからもファストファッション店で店員や仲のいい友人に一々相談しながら決めていたので服を買うという行為にすごく疲れていました。正直、億劫です。でも上記のパターンがあると知り、もう少しファッションを頑張ってもいいのかも、と思いました。参考になりました。

  • はじめまして。自身は女性ですが、以前ファッションの専門学校に通っていて、メンズのファッションについても気になったので読ませて頂きました。確かに、男性は女性と違って服種も少ないですから、ひとつひとつのアイテムの色やシルエットに気を遣って、全体のバランスを整えるのが良さそうですね!あとは、やはりその人に似合う、似合わないがあると思うので、自分に何が似合うのかを知っていくのが大切だと思います。この記事を読んで、世の中にもっとおしゃれな男性が増えればなと期待しています(笑)

  • ボトムスから選ぶといいというところが目から鱗でした。そう言われてみるといつも何か決まらないときは確かにトップスから選んでいた気がします(笑)私が街を歩いていて目を引くのはやはり女性も男性も白いTシャツにジーンズを自然に着こなしている方です。好みもあると思うのですがやはりそういったシンプルな格好はサイズ感やシルエットによってダサくもスタイリッシュにもなるので見ていて私自身も勉強になります。とは言ってもパーソナルカラーや好みは人それぞれ異なるので、ブランドや高いものだけがいいのではなくしっかりと自身に合うものを身に付けられるのがいちばんですね。

  • はじめまして
    私は50代男性で、かなり若いころからファッションセンスがないことを自覚していました。
    今回、こちらの記事を読んでみて思ったことはファッションセンスというのはちゃんとした理論のもとに成り立っていることがわかりました。今まで私は個人個人の感性だとばかりだと思っていたので少し驚きました。Iラインとモノトーン(白・黒・灰色)+1色というシンプルなわかりやすいファッションであれば、私でも簡単にできそうな気がしてきました。これから頑張って見たいと思います。

  • もてない自分を変えたくてネットサーフィンをしていたところ、こちらのサイトにたどり着きました。服装は大切ですよね。全くおしゃれに縁のない僕ですが、とても参考になりました。おしゃれに思われたくてマネキン一式買いをしていました。マネキンが着るとかっこいいのに、僕が着ると・・・な結果に。やはり自分にあったものを選ぶことが大切ですね。トップスばかり気にしていましたが、こちらの記事を読んでボトムスの大切さに気付きました。次はボトムスを買ってみようと思います。

  • 男性がオシャレスタイルに気を使っていると、それだけでポイントが高いです!ラインを気にして服を選んでいる男性って、全体のどれくらいいるんでしょうね・・。
    フォーマルとカジュアルの組み合わせを、サラッと着こなしてる人がいたら目が行きます。アパレルに勤めている友人(男性)はやっぱりいつもオシャレ感がありますね。自分の印象や体系に合っているものを知っている感じがします。大人になったら、そこに「質」を加えると更にカッコイイ!
    ちなみに、昨日のテレビで七分丈パンツは足長に見える効果が高いってやってました

  • おはようございます。ブログ読ませていただきました!

    ファッションにはまったく自信がないほうなんですが…、奥が深いですね!
    選ぶ時はボトムから、だなんて考えたこともありませんでした。
    クローゼットから適当に上着出してシャツの上に羽織って、ズボンは…あー昨日と同じでいいかーみたいな、そんな着こなしをしています。

    ちょっと自分を変えていかなきゃと思っていたところだったので、参考になりました!まだちょっと難しいですが、がんばってみます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください