自ら自由な時間を削ることで、時間に敏感になるといいかもしれない

こんにちは、しーまです。

 

自ら自由な時間を削ることで、時間に敏感になるといいかも

 

僕は社会人1年目なのですが、

最近思うことが、「家と会社の往復で時間が取られまくる」ってこと。

だいたい朝家を出て、夜帰ってくるまでの時間が12時間くらい。

睡眠時間を8時間とすると、自由に使える時間は残り4時間程度。

 

食事をする、お風呂に入るなどで1時間取られるので、残りはさらに少なく3時間程度。

 

ここでさらに、残業などがあれば時間はどんどん削られていく。

 

僕は基本的にこの3時間はブログを書いたり、

Youtubeを撮ったりする時間に当てているが、

いつも時間がもっと欲しいと思ってしまう。

 

それでふと、大学生の頃はテストとかはあったけど時間が豊富にあったんだなと感じている。

 

僕は今とても後悔している。

大学生の時にもっと時間の大切さを認識していれば、、、と。

 

いや、それだと少し語弊がある。

時間の大切さは認識していた。ただ、時間を有効に使おうと努力しなかった。

うん、これが正しい。

 

社会人の今、自由な時間が少なくなったからこそ、

時間に対する認識がより鋭くなり、結果生産的な行動にほとんどを費やすようになった。

 

そこで思うことが一つ。

大学生のうちから、時間を意識して動けるように

バイトとかを入れまくれば良かったなと。

 

バイトを入れまくることで、会社員と同じような時間感覚にしてしまえば、

自由時間をより有効に利用しようという意思が働くのではないかと。

 

もし、それによって時間を有効に利用できる機会が増えれば最高だな。

 

人間って基本怠惰な生き物だから、

時間が大量にあると錯覚してしまうと、無駄な行動を取りがちになってしまう。

例えば、Youtubeを何時間も見続けたり、twitterを適当に見てたり、

instagramをぼーっと眺めていたり。スマホゲームをずーっとしたり。

 

ここに挙げた例は、すべて僕が大学生の時にやっていた無駄なことだ。

当時は、特に何も考えることなくただコンテンツを消費していた。

結果的に、今の自分に残ったものは何もない。。。笑

 

twitterを見ても、instagramを見ても、Youtubeを見ても、

自分にとって良いことだったと思えるものは何もないのである。

 

あの頃自分が一体何を見ていたのか、それすらも思い出せないレベルwww

 

そんなことに時間を浪費していた自分を叩きたいが、

過去は変えることができないので、今の自分を叩くことで

未来への叱咤激励にしたい。

 

もし、今時間が結構余っているという人は、

ぜひ時間を細かく見てみて欲しい。

 

例えば、自由な時間が8時間あるとすれば、

それをバイトを入れるなどして強制的に小さくしてみて欲しい。

 

そうすれば、自由な時間のありがたさが身に染みてわかるようになり、

時間を有意義に利用しようといった思考が働くはずだ。

 

これをすることで、とてつもなく1日の密度が濃いものになると思う。

それと同時に時間が欲しいって思うようになる。

 

そうなったらバイトを辞めればいい。

会社員は辞めてしまうと今の日本では再起が難しいので、

オススメできないが、

バイトは簡単に変えることができる。

 

 

バイトは時間の大切さを認識するためのスパイス程度に利用すれば

あながち悪くない。

 

自ら自由な時間を削ることで、時間に敏感になるといいかもしれないっていう人はなかなかいないと思う。

ただ、僕も含めて人間ってそんなに賢くないから、

一度体験してみないとわからないことも多い。

 

だからこそ、バイトを利用する。

そして時間に敏感になる。

これまでダラダラ過ごしていた時間を

生産性のある行動に向けていくってお話。

 

 

生産性のある行動って何か?

僕の場合は、ブログ書いたり、メルマガ書いたり、Youtube撮ったりがそれに当たる。

つまり、何かしらのコンテンツを生み出している。

 

そういったコンテンツを作り上げていくと、

後々自分の資産になってくれる。(はず)

 

僕はまだこの活動が身を結ぶかはわからない状況にある。

 

しかし、何もしないまま人生を過ごすか、

それとも足掻いてみるか、

そこは個人の自由だけど、

僕は少し足掻きたくなった。

 

だから、これからも生産的な活動は続けていくつもりだ。

未来はどうなるかなんてわからない。

確実な未来なんて存在しない。

とりあえず足掻いてみる。

 

そんな感じ。

 

 

 

 

モテるための無料メルマガ

僕がモテなくて悩んでいた頃から美女と付き合えるまでにいたった物語をメルマガで特別に配信しています。

 

なぜメルマガかと言うとあまりにもぶっちゃけすぎているので、ブログに書くのは抵抗があったためです。

 

しかし、僕と同じように悩んでいる人には見て欲しいと思い、メルマガを発行する形にしています。

 

僕が実践して結果を出した方法を僕の友達にも教えて、それで友達にも美人な彼女ができたのでこれは価値があるなと思っています。

 

そんなわけで、メルマガ登録は以下のフォームから行うことができます。

 

モテなかった男が美女と付き合うまで

 
 

 

モテるためには原理原則が存在します。

なので、その原則を知らずしてモテるようになるのは大変難しいことです。

大海原を地図なしで突き進むようなものです。

本当に自分がしていることは正しいのか?

そういった指針がある方が楽に進むことができると思いませんか?

 

ということで、

僕がこれまでに得てきた経験や知識から導き出した「モテるための原理原則」をPDFにまとめたものをメルマガに登録してくれた方限定で、無料で配布します。

この無料PDFに書いてある知識を友人に与えたことによって、友人はダサいモテない男から彼女が途切れない男へと変身を遂げました。

それくらい価値あるものを今回は無料で配布します。

 

あなたは彼女が途切れない青春に魅力を感じませんか?

 

モテなかった男が美女と付き合うまで

 

 

 

15 件のコメント

  • 時間を有意義に使うのは難しいですね。仕事をしていない時はブログを書いたり、見たり、Youtubeを眺めてみたり、instagramをチェックしたりと、時間を無駄に使っていたと思います。仕事をしていると、自由な時間は一日4、5時間になってしまうのですね。社会人になると本当に時間の大切さが身に沁みますね。確かに今ブログとか、youtube とかで稼いでいる人は増えています。ブログもyoutubeも時間が必要なので大変ですね。頑張ってください。

  • 1日24時間という限られた時間しかない中でいかに有効に時間を使うか考え直させられました、私は仕事で夜勤を行うこともあり、時間の流れがとても早く感じてしまう時があります、自分の時間を少しでも作り出す為に睡眠時間を削る人は多いと思いますが、睡眠時間を削り仕事や生活で支障が出る事もあるかと思います、いかに有効に1日を使うかを1度ゆっくり考えて生活を見直さなければならないと思いました。

  • この記事に凄く賛同できます。私自身も大学生の頃はダラダラと無駄な時間を過ごしてきました。しかし現在は社会人となり、1日の半分以上を仕事に費やすという生活になりました。そういう生活を続けているうちに時間の大切さに気づいたのです。このままでは人生の大半が仕事で埋め尽くされる事に焦りどうすれば良い人生を送れるか考えた末に投資という考えに至りました。
    この時間の大切さを親族や後輩たちにどう伝えていけばいいのか分からなかったのですが、バイトで自由な時間を削るという考えは凄くいいと思いました。

  • この記事を読んで、ハッとさせられました。まさに、少しでも時間があればTwitterを見たりYoutubeをダラダラと見たりしていたからです。時間を有効に使うことが出来れば未来の自分への財産や投資にもなるのに、まさに何も生み出さず無駄に時間を浪費していました。記事にある通り、後からあの時こうしていれば良かったなと思っても、なかなか取り戻せるものでもないので、未来を変えていくしかない。時間への意識を変えるきっかけを貰えて良かったと思います。

  • 時間を大切にする意識を作るためにあえてバイトなり強制的な時間を作るということですね。
    とても共感できますし、有効な方法だと思います。他人から強制された時間はやはり楽しいことばかりではないのですが、
    メリハリが身につきますよね。そこをしっかりやると自分の時間にぐっと集中していけるのは経験上とてもよくわかります。
    私も時間の使い方が下手でずっとなんとかしないといけないと思っていたのですが、家族と一緒にウォーキングを15分だけ毎日する習慣を取り入れたらかなり体の調子も良くなり仕事や趣味の方も捗るようになってきました。
    リズムはとても大事ですよね。

  • 記事を拝見しました。読んでてとても共感できます!自分も大学時代は「時間を有効活用しよう」「もっと生産的なことを使用」と思いつつも結局ゲームをしたり酒を飲んだりダラダラとしてしまいました。
    アルバイトを入れまくるってアイデア、良いと思います!自分は大学時代のアルバイトなんて意味ないと思っていた方で、お金を稼ぐ以上の意味を見いだせていませんでした。筆者さんが仰っているように、時間に対する意識を高めるためのスパイスって考え方は僕が大学生のときに知りたいなと思いました。

  •  僕も最近は自由な時間をどう過ごすか考えています。通勤に往復で1時間半もかかるのでそのあいだに読書をしたり、好きな音楽を聴いて気持ちを落ち着けてみたりしています。まえは職場と家がすごく近くて片道で5分くらいでしたのであんまり意識したことがなかったのですが、環境が変わってから制約のある中でどう時間をつかうかをよく考えるようになりました。
     ただ体調を崩しやすいので無理のない程度で予定を組んだり変えたりしています。
    たとえば「毎日1時間読書する」という予定を作っても、体調が悪い日は30分や15分に縮めたりしています。

  • バイトで時間を潰してしまおうという発想には驚きました。でも「なるほど!」とは思えましたね。
    私も含めておそらく大勢の人々が学生時代に戻れたらな~……なんて事を思っているのでしょう。それは社会人になると多くの人が通る道なのかも知れませんね。
    私自身、時間を失い時間に追われ、手を出していた多くのモノを少しずつ削り取っていき、趣味と呼べるものが少なくなっしまった今日この頃。
    しーまさんの様に”まずは時間を削り有難みを認識してから”行動しておけば、今とは違った時間の送り方が出来たのではと考えさせられてしまいました。

  • 時間に敏感になる、ってとても大切なことだなって改めて感じました。本当にこの記事に書かれている通りで、時間があればあるほどなんとなく過ごしてしまって、やらなければいけないことを後回しにしてしまったりするんですよね。あの時やっておけば、と思った経験も何度もあります。。自分も時間に敏感になって、時間を有意義に使えるようになりたいと思いました。ただ、何が有意義なのかは人にとってそれぞれ。実を結ぶかはわからなくても、やりたいことをやるのが素敵なのではないかなと思います。

  • この記事を読んで自分にも当てはまることがあるなと思いました。

    私は現在フリーターを2年ほどしている22歳のものです。大学は2年の時に辞めてしまいました。
    フリーターになって、学生の頃から続けていた居酒屋のバイトを続けています。

    目標がないフリーターというのはモヤモヤしながらもとても楽です。時間だけがすぎて行きます。
    しかし、コミュニティがバイト先だけ、一人暮らし、など
    狭い環境にずっといると、新しいことをするのが怖くなり、
    同じ環境にいることを逃げの選択肢として選んでしまいます。

    やらない言い訳を作って、逃げて、迷う日々。
    逃げていることに気づかない人もいる。
    過去の失敗のせい、自分の境遇のせいにして。

    だから確かに、時間を有意義に使うためには、得意不得意はあっても、
    自分の選択が逃げなのかどうかということを考え、楽しむためには興味のあるものは、
    怖い、不安を感じてもやって見ることが、大切だと思いました。

  • 初めまして。私も時間が足りないといつも感じていて思い当たることが多かったのでコメントさせていただきます。
    大学生のうちからバイトをたくさんすることで、時間の大切さを思い知り有効的に活用できるようになるかもしれませんね。
    本当に人間って基本的に怠惰な動物です。
    時間がたくさんあると勘違いしてしまうと、油断して有益な行動を起こしにくいものです。
    スマホをなんとなく長時間眺めて過ごしてしまうのは大変もったいないことかもしれません。
    コンテンツを消費するという言葉にはハッとしました。
    その通りかもしれません。
    私はそれに気付かずに今も消費し続けてるのかもしれません。
    私もしーまさんのように自分にとって生産性のある行動を自覚して人生を悔いなく生きたいです。

  • 初めまして。
    私も時間が足りないといつも感じていて思い当たることが多くコメントさせていただきます。
    大学生のうちからバイトたくさんすることは時間の大切さを思い知り、有効的に活用しようと気づける良いきっかけになりそうですね。
    本当に人間って基本的に怠惰な動物です。
    時間がたくさんあると勘違いしてしまうと有益な行動を起こしにくいものです。
    スマをもなんとなく長時間眺めて過ごしてしまうのは大変もったいないことかもしれません。
    コンテンツを消費するという言葉にはハッとしました。
    その通りかもしれません。
    私はそれに気付かずに今も消費し続けてるのかもしれません。
    私もしーまさんのように自分にとっての生産性のある行動を自覚して人生を有意義なものにしたいです。

  • 初めまして、コメント失礼します。
    僕もまったく同じ考えです!時間って・・あればあるほど有効に使うのが難しくなると思いますよ。
    不思議と、ある程度縛られていたほうが有意義な生き方ができますよね。
    あと学生時代にバイトすることで得られる社会経験って、後から思い返すと稼いだバイト代以上の価値がありますよね。
    高校・大学では体験できないことがほとんどです。理不尽に怒られることもありますし(笑)でもそれをどう避けるかとか、どうすれば相手に認めてもらえるか、とか考えるきっかけになったりしますし。
    何もせずに時間を浪費するのはもったいないってことを、若い人たちにはもっと気づいてもらいたいですね。

  • 私も大学生活で時間をもっと有効に使ったらよかったなぁと、もう大学を卒業して10年近くたちますが思います。私も自分の時間ができたら、インスタやツイッターなどネットサーフィンして過ごす、後から思い返せば、そのおかげで何か得たの?って、10年前の自分に問いかけたいぐらいです。
    もっと本を読んだり、神社仏閣巡りしたらよかったなぁって。
    今でも少し時間ができたら、インスタとか見て無駄にする時間があるので、しーまさんの記事を読んでハッとしました。
    社会人一年目、上司や周りの方々に気も使うでしょうし、お疲れだと思います。無理はしないでくださいね!
    私もしーまさんの様に時間を削り、時間に敏感になって、有意義な時間の使い方をしたいなぁと考えさせられました。

  • 始めまして。確かに若い頃は、時間を無駄に消費していたと感じます。それが若い頃の特権だとも、思っていました。空いている時間を、有効活用出来ず、勿体無い事をしていたと痛感します。今私は家事手伝いと仕事で手が一杯です。ともすれば、自由時間が取れない状態です。僅かな時間を作りだして一日を振り返る為の、日記を書き記しては今の状態チェックして眠りにつきます。自由時間の大切さを痛感したら、無駄な時間で益の無い行動する事が、不要と感じると思います。時間がどれだけ大切かを理解したら、もっと大事に使おうと行動出来るでしょうね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください