話すのが苦手な人はそもそも話すことをしていない

こんにちは、しーまです。

話すことが苦手な人っていると思うんですが、だいたいの場合、話すことそのものをやっていないことがほとんどです。実際、僕も話すことが苦手だなと思っていた時は「そもそも話すことをほとんどしていなかったから」なんですね。

会話に慣れていない状態であれば、会話することを難しいと感じるのは当然だと思います。なので、とにかく会話が苦手だなと思う人は会話をするように心がける必要があります。

そうはいっても、最初のうちはなかなか難しいものがありますし、ハードル高く感じると思います。なので、例えば、練習相手として家族との会話を増やすことをお勧めします。

家族であれば、ある程度邪険に扱われることもないですし、お互いのことも知っているので話しやすいかと思います。もし、現状会話が少ないのであれば、自分から会話のネタを出してみるといいです。

で、会話することに慣れてきたら、友達との会話量を増やしたり、会ったことのない人と会話してみるといったようにレベルを上げていきます。例えば、SNSで知り合った人とSkypeしてみるとかですね。

直接会うわけでは無いので、リスクはほとんどありません。まあ本当にやるかやらないかの気持ちの問題です。

全然僕にSkypeで連絡してくれても構いません。時間が合えば全然しますよ。(メルマガに返信してもらえれば、SkypeのID教えます)

 

慣れてないこと、苦手なことって最初から上手くやる必要なんてなくて、とりあえずやってみようってことです。そうすれば、徐々に慣れてきますし、苦手な意識も小さくなっていくので。 本当、小さなことの積み重ねで人生上手くいくことが多いです。

 

 

1 個のコメント

  • 確かに、私は話すのが苦手だと思い込んでいますが、そもそも家族ともあまり話してなかったかもしれません。
    それに一般的なバラエティーやドラマもあまりみない方なので、話のネタが無かったんですよね…
    今は夫と子供の事など話したり、好きなアーティストが一緒なのでその事が話題となってます。
    そして他人様とも、子供ができてから、子供のことを話題に出来るようになったので、助かっていますし、自然と子供絡みで他のママさんとも話す機会が増えたので、苦手意識が少しなくなりました。やっぱり慣れって大事なんですね!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください