ガリガリでスーツが似合わない。筋トレ以外の対処法

こんにちは、シーマです。

 

今回は、「筋トレしても筋肉つかねー、けどスーツを格好良く着たい」

と思っている僕みたいな方への記事です。

 

え?そんな方法があるんか!となりますが、

現実の世界では魔法は使えません。

いつの間にか胸筋が発達しているといったことは起こりません。

 

さて今回は2つ方法をご紹介します。

 

その1 自分の体型にあったスーツを仕立ててもらう、または選ぶ

通常スーツを購入するとなると、専門店でも既製品の中から選ぶことになりますが、

上下セットになっている既製品だと、

なかなか自分のサイズにジャストフィットさせるのは難しくなります。

その点、オーダースーツであれば首回りや袖、ズボンの長さから着丈に至るまで、

あらゆる部分で自分のサイズに合わせて作成することができます。

フィット感が抜群なため、体型にマッチした美しいフォルムを演出してくれるだけでなく、

長い間着ていても型崩れしにくいというメリットがあります。

スーツをビシッと着こなしている男性は、

それだけで仕事ができる男という印象を持たれやすくなるので、

ビジネスの場でも有利に働くことになります。

買い替えやサイズ直しのコストを考えると、

結果的に1着オーダースーツを作成したほうが安く収まるという点もメリットと言えます。

安いところであれば3万円程度で作ってもらうことが可能です。

その2 下着に細工する

 

どういうことかちょっとわからないかと思いますが、

説明するよりも見てもらった方が早いのでリンク貼ります。

スマッチョ

 

厚い胸板にスーツをビシッと決める姿を想像しているのに、

いつも何か胸元が悲しく、筋トレをしても育たない自分の体に

言い知れないもどかしさを感じているのであれば、

これは買う価値があります。

 

ガリガリで貧相だなと言われている人でも、

これを身につけるだけで、周囲の反応が変わります。

 

僕はこれを購入しました。

就活でスーツ着なきゃいけないのに、ガリガリで似合わない。スマッチョを買ってみたので感想を書く

そして、着てみると明らかに胸板が厚くなります。

今までスカスカしていた胸元がぴちっとなる感じ、

鏡に映る自分は今までにない何かを感じさせてくれます。

 

そして僕にとって何よりも良かったことは

ちゃんと筋トレをするようになったことです。

 

着るまでは筋トレをサボりがちだったのですが(恥ずかしながら)、

着るようになってからは筋トレをするようになりました。

 

未来の自分の体型が明確にわかるといったことも理由の1つではあると思いますが、

何よりの理由は、「外で脱ぐ機会があった時に恥ずかしいではないか!」と言う感情です。

 

なんともまあ、悲しい理由ではありますが、

理想的な自分に向かって行動することはいいことです。

理由がなんであれ、利用してやろうと思います。

 

てな感じで、

ガリガリでスーツが似合わないと言う方のための記事でした。

 

終わり



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください