素直に真似ができる人ほど成功するのが早いって話

こんにちは、シーマです。

 

最近思うことがタイトルにもあるこれですね。

「素直に真似ができる人ほど成功するのが早い」

本当にそう思います。

 

一般的にも成功者の真似をすることが

最短距離で成功するための道であるとも言われています。

 

でも難しいんですよ、これ。

 

何でかと言うと、人にはプライドがあるからです。

今まで、自分が信じて疑わなかったことが、

意味のないことだと言われるのが我慢ならないのです。

 

成功してない人、結果を出していない人は

往々にしてプライドが高く、回り道をしがちです。

自分は今までこうしてきたから、とか

こっちの方が良くない?とか。

 

まあ、そう言いたくなるのはわかります。

僕も昔は、このやり方のほうがいいんじゃないの?

とか思って自己流をかましてました。

 

ですが一向にうまくいかず、

仕方ないと思って結果出てる人の真似をしたら、

すぐに結果出るという経験をしました。

 

いやー、この時は「マジか。。。」と思ったものですが、

今となっては頷けるところです。

 

だって、今まで自分が「この方法がいいんじゃない?」とか

勝手に考えてしてきた結果、何も成果が出ていないわけですから

そんな自分の行動を信用するなんて馬鹿げているわけです。

 

もし他人が、「俺は20年間何の成果も残せていないんだ、けど俺を信じてくれ」とか

言ってきたとして信用できますかって話です。

もちろん無理です。

 

ですが、人間自分には甘いようで、

自分がこれまで何の成果を上げることができていなくても

自分を信用してしまいます。

 

まあ自分が今までしてきたことが「無駄だらけだね」

とか言われたら、そりゃープライドが傷つきます。

 

ですが、本当に結果を出したいと考えているならば、

そのプライドは捨てねばなりません。

 

今までの自分の延長線上に成功はないのです。(すでに結果が出ていると言う方は別です)

 

成功している他人のライン上には成功があるのですから、

そちらに車線変更した方がいいに決まってますね。

 

僕は今は真似をしたい人がいると、

とりあえず観察して、徹底的に真似ると言うことをしています。

 

これをすることで、とても早く成果を出すことができます。

我々は、これまでの学校教育の中でも、

先人たちの教え「教科書」を真似てきました。

 

それにより今、計算ができ、文字が書けるのです。

 

もし、教科書がなかったらどうなったでしょうか?

つまり、真似をしなかったら?

 

おそらく、計算ができる人も文字が書ける人も

そう多くはいなかったでしょう。

 

真似をすることは恥ずかしいことだという認識が

もしかしたらどこかにあるかもしれません。

 

しかし、我々はこれまで生きてきた中で、

他人を真似まくっています。

 

歴史上、偉人であると言われている人たちも

必ず誰かを真似ています。

 

「恥ずかしがらずに、プライドを捨て成功者を真似る」

とりあえず何も成果が出ていないと言う方は

これが一番ベストな方法です。

 

終わり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください