上位表示されるブログ記事の文字数はどのくらいが丁度良いのか?

こんにちは、しーまです。

 

ブログを更新し始めた人の悩みとして、

「1記事に何文字書けば上位表示されて見てもらえるか?」

といったものがあると思います。

 

まず結論からいうと、

設定したキーワードで上位表示される文字数は変わるってことです。

さらに、「画像や動画、リンクなどが適切に貼られているか?

記事の滞在時間は長いか?ドメインの強さはどれくらいか?」なども考慮に入れられます。

 

まあぶっちゃけ、文字数だけでは判断のしようがないと言うのが

結論になります。

 

検索する側の思考

では、次に

検索する側の思考で考えてみましょう。

 

あなたが日常で「何か」を検索するとき、

どういった記事を読みますか?

 

そして、その記事はだいたい何文字程度でしょうか?

 

僕も毎日「何か」を検索していますが、

だいたい読んでいる記事は、2000~5000文字くらいのことが多いです。

基本的に検索して、一番初めのページに出てきているやつを読んでいるので

上位表示されたものしか読んでいないことになります。

 

ということは、検索されて上位表示される記事は

文字数が約2000~5000文字ということになります。

 

さて、では毎日僕たちが読んでいるブログ記事は

文字だけでしょうか?

 

違いますよね。

画像や埋め込まれた動画、絵や外部リンク、内部リンク、

文字の装飾など様々なものが見て取れますよね。

 

そう考えると、上位表示される記事には

文字だけでなく、こういった装飾も必要になってきます。

 

ブログ記事に求められるもの

とはいえ、ブログ記事においては

書く内容が最も大事です。

 

何を書くか?です。

 

僕たちは基本的に、検索するときは

何らかの意図を持って検索しますよね?

 

そして、それに沿った情報が掲載されていそうな記事を

タイトルで選んでクリックします。

(タイトルを選ぶときに、見ているのは文字情報だけです。)

 

人が「検索」するときは、

だいたい「新しい情報を知りたい」か

「自分の意見と同じ意見を探したい」という思いがあります。

 

あとは、何となく「思うところ」があるけれど、もやもやしてるから

それをハッキリさせたいという欲求もありますね。

 

その他だと、「自分はこう考えるけど他の人はどう考えているか?」を調べることもあります。

 

こういった「検索する側の思考」を常に考えておくことで、

上位表示される記事が書きやすくなると言えます。

 

まあ難しく考える必要はありません。

 

いつも自分自身が「何を考えて検索しているか?」

その過程を明確に理解しておけば、良い記事というのが書けるようになります。

 

自分が考えることは、多くの人も考えます。

僕も昔、「上位表示される記事は何文字か?」と思い、調べたことがあります。

ですが、結局得られたのは「文字数が全てではない」ということでした。

 

読者(自分自身)が知りたい情報を的確に出していく。

これが「上位表示される記事」の特徴だと言えます。

 

なので、まず上位表示される記事を書こうと思ったら、

自分自身の経験から考えていくと、

案外良い記事が書けるようになります。

 

自分で自分の記事にダメ出しをしていく感じですね。

これオススメです。

 

ということで、今回は短いですが

「上位表示するにはブログ記事は何文字が良いか?」というお話でした。

 

結論は、

「文字数にこだわることなく、読者の欲求を満たす」

ってことでした。

 

 

 

 

 

見た目は心を映す鏡


『最近新しい服を買ってないな』と思ったら!

ヨレヨレの服より新しい服を着た方が気分もスッキリ。

恋愛は見た目から入るので、良い服着ていきましょう!

詳細はこちらをクリック
全身コーデのマネキン買いができるメンズ服通販サイト『メンズファッションプラス』

女性の集まる所に勝機あり!




見た目もバッチリ!あとは出会いだけ。
そんな時にオススメなのがメンタリストのDaiGoさんが監修しているマッチングアプリ『with』!
相性診断なども豊富で、女性会員を上手に増やしているため狙い目です!

共通点でマッチ!
恋愛婚活「with」

香りを味方につけるべし



プラスαの紳士の嗜み。
モテる香りを味方につけて有利な立ち位置を確保しよう!

購入はこちらから
恋を加速させる男のブースター香水「ボディセンス」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください