売れる営業マンも利用する想像させる言葉選びの話

こんにちは、しーまです。

もしあなたが商品を思うように売りたいと考えているのであれば、

今回の記事は

その基本とも言えるものになります。

本記事に書いてあることを意識して実践することが出来れば、

売れる営業マンのように、莫大な利益を手に入れることが出来るでしょう。

では、その売れるようになるための基本とは一体なんなのか?

それをこれから話して行きます。

 

[人を操る禁断の文章術]という本を読んで

今回紹介する内容は

「人を操る禁断の文章術」という本に書いてあった内容の一部でもあります。

そこに僕が持っている情報も上乗せして紹介します。

 

この本というのは、

メンタリストのDaiGoさんが執筆されています。

 

 

 

では早速なんですが、

「売れる文章というのは何なのか?」ということですが

これは「人を行動させることができる文章のこと」です。

 

1つ想像してほしいんですが

あなたが何か商品を購入するときに

購入する前に何らかの想像(イメージ)を持ちますよね。

 

その商品を購入した後のことを想像したからこそ、

その商品が欲しくなりますよね。

(テニスラケットを買うときなら、それを使用してテニスをしている姿を想像する。そして、そのイメージが欲しくなる。)

 

そうなんです。

人は商品を購入した後のイメージを持つことによって

購入に至ります。

 

つまり、相手の想像をコントロールすることによって

商品を売ることができるようになるわけです。

 

例えば、

おじいちゃんおばあちゃんが

孫にプレゼント買うことを想定しましょう。

 

その際に、

「この商品を買えばお孫さんが確実に喜んで、

おじいちゃんおばあちゃんに感謝する」

そういったものがあればうれしくないですか?

といったふうに、まずは相手の欲しい未来を想像させます。

 

そうすることによって

相手がそのみらいを得るために行動しようとします。

 

例えばですけど、

「孫に任天堂スイッチ買ってあげたら

その未来が得られますよ」て言えば、

買うおじいちゃんおばあちゃんはちゃん多いと思います。

 

つまり、まずやるべきことは

「相手の欲しい未来を想像させること」だと考えているんですね。

 

さて、文章術のお話しに戻ります。

まずですが、

売れる文章を書く際に注意すべきことが3つあります。

 

「たくさんの情報を書きすぎないこと」

まず1つ目は

「たくさんの情報を書きすぎないこと」

これは情報が多すぎると、読者は迷うからです。

こっちの方が良いのか?それともこっちの方が良いのか?

悩んだあげく、結局買わないという選択をとってしまいます。

これでは売れ上げが伸びないですからね。

選択肢は少なくして読者が行動しやすいようにしましょう。

 

「きれいな文章を書こうとしないこと」

2つ目は、

「きれいな文章を書こうとしないこと」

きれいな文章を書くと、感情をのせづらいんですね。

あと共感を得難いんですよ。

なんかロボットが書いているみたいだなってなるわけです

人間的な部分を大きく感じさせるためにも

必ずしもきれいな文章である必要はないということ。

 

 

「自分が書きたいことを書かないこと」

3つ目は

「自分が書きたいことを書かないこと」

これは僕もよくやってしまうんですが、

読者さんが求めていることよりも

自分が書きたいことを書いてかいてしまうと、

それはただの日記風になってしまうので

できれば避けたいところですね。

 

自分が書きたいことではなく、

相手がほしい未来を想像させる文章を書くのが理想です。

 

 

人を動かす7つのトリガー

人を操る禁断の文章術の中では、7つの心理的トリガーが書かれていますが、

この記事では僕がよく使用しているトリガーを3つ抜粋してご紹介します。

 

心理的トリガー1 悩み

まずは悩みです。

商品を買うことによって、

その人自身の悩みが解決する想像ができるのであれば

おそらく多くの人はその商品を購入すると思います。

 

だって、人間なら誰だって悩みを解消したいと思いますよね?

だからこそ、その悩みを解消できる商品があるなら普通は購入します。

 

例えば、今まで彼女ができたことがない人に対して

彼女ができるサービスを勧めれば、

そのサービスを利用する可能性はあるわけですね。

 

じゃあその時により可能性を高める方法として

そのサービスを利用して彼女ができるまでの

具体的な道のりをイメージさせることができれば

よりそのサービスを利用する可能性が高まるはずです。

 

 

心理的トリガー2 損・得

次に重要なのが損得の概念ですね。

人間の性質として、

「得をしたい思いよりも、損をしたくない思いのほうが強い」です

 

例えば、これは文書に組み込むとすると

「これをすれば稼げますよ」よりも「これをしないと損をしますよ」

の方が、人は動きやすいわけです。

 

例えば、

僕のブログでもよく紹介していますが

「自己アフィリエイトをすれば、時給3万円も可能なのに

怖いからやらないという人は損をしている」

と言った方が、

「自己アフィリエイトをすれば、時給3万円が稼げる!」

と紹介するよりも、

行動に移す人の割合が高くなりました。

 

心理的トリガー3 認められたい

 

これも僕のブログでオナジミの承認欲求の話ですね

相手のプライドをうまくくすぐることができれば

文章をよりよく読んでくれるようになるわけですね。

 

例えば、

この記事を読んでくれているという事は、

貴方はこれからの時代は、より個の時代に近づいていくので

自分自身の価値を高める方向にフォーカスをしていこうと考えているはずです。

さすがです。先見の明があって頭がいいと思います。

 

と書いてあればですね、

もし、個人の力を伸ばそうと考えて

その記事を読んでいたとすれば、

その人にとっては嬉しくなる文章になるはずです。

 

つまり「この先ももう少し読んでみようかな」

という気持ちにさせますよね?

 

ここで注意するべきことは

他の記事でも書いたんですが

相手が認められたいと思っている部分を認めることです。

恋愛でもビジネスでも使える超絶心理学! これを知ってると知らないのでは雲泥の差が出ます

 

的外れな部分を認めたとしても

効果が薄いということです。

 

効果を高めたいと思うのであれば

相手が認めてもらいたいと思っているところを認めましょう。

 

まとめ

売れる文章とは何か?

→相手に行動・想像をもたらす文章

 

文章書く際の3つの重要なポイント

→「多くを書かない」・「綺麗に書かない」・「書きたいことを書かない」

 

文章を書く際の3つの重要な心理的トリガー

→悩み・損得・承認欲求

 

 

この記事で紹介した技術を利用して、

一緒にブログ記事を書いていきましょう!

 

 

 

見た目は心を映す鏡


『最近新しい服を買ってないな』と思ったら!

ヨレヨレの服より新しい服を着た方が気分もスッキリ。

恋愛は見た目から入るので、良い服着ていきましょう!

詳細はこちらをクリック
全身コーデのマネキン買いができるメンズ服通販サイト『メンズファッションプラス』

女性の集まる所に勝機あり!




見た目もバッチリ!あとは出会いだけ。
そんな時にオススメなのがメンタリストのDaiGoさんが監修しているマッチングアプリ『with』!
相性診断なども豊富で、女性会員を上手に増やしているため狙い目です!

共通点でマッチ!
恋愛婚活「with」

香りを味方につけるべし



プラスαの紳士の嗜み。
モテる香りを味方につけて有利な立ち位置を確保しよう!

購入はこちらから
恋を加速させる男のブースター香水「ボディセンス」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください