もっと早くに知りたかった!陰キャでも人の目を気にしない3つの簡単な方法

 

あなたは人の目を『気にするタイプ』ですか?

それとも、『気にしないタイプ』ですか?

 

世の中には『気にするタイプ』と『気にしないタイプ』の2種類の人がいます。

 

実はこれ、生まれつき決まっているものではありません。

人間が生まれつき怖いと思うものは、『大きな音』と『落ちる感覚』だけです。

つまり、『人の目が気になる恐怖』は後天的なものであり、取り除くことが可能です。

 

早速、『人の目を気にしない3つの方法』を見ていきましょう。

 

1.誰もあなたのことを見ていないと知ること

有名人でもない限り、誰もあなたのことをそこまで気にしていません。

だから、人の目を気にせずに好きなことをすれば良いということです。

こう考えている人は大抵、人前で緊張しないタイプの人です。

僕自身、人前でプレゼンテーションをするときは『自分のことなんて誰も気にしていない』と思うようにすることで、ほとんど緊張せずに話すことが出来ています。

失敗したところで誰も気にしていないし、覚えていないのです。

だからこそ、『人の目を気にすること』はほどほどにしたほうが良いです。

プレゼンテーションでなくとも、あなたにも経験があると思います。

例えば、今日すれ違った人や友達が何をしていたか思い出せますか?

ほとんどの人は思い出せないと思います。それくらい他人に対しては興味がないのです。(覚えてたら観察力高いか記憶力が良いです)

 

2. 自分がコントロール出来ることとできないことを区別する

恋愛で考えてみるとわかりやすいです。

例えば、好きな子に話しかけて会話をするシーンを想定しましょう。

この時、あなたが出来ることは『好きな子に話しかける』or『好きな子に話しかけない』を選択することができます。この『選択』は自分がコントロール出来ることでしょうか?それとも出来ないことでしょうか?

答えは簡単ですよね。『あなたが選択できること』です。

一方で、相手の女性の反応はどうでしょうか? あなたが100%コントロール出来ると言えるでしょうか?

おそらく出来ないでしょう。(メンタリストなら別かもしれませんが)

『相手の女性にどう思われるかな?と悶々としながら話しかけない』といった選択も出来ますが、『相手の女性にどう思われるかわからないけど話しかけてみよう』と選択することも出来ます。

どちらを選択するのも『あなた次第』です。

では、なぜこんな話をしたかというと、『自分がコントロール出来ないことをコントロールしようとすることが一番辛い』ということを知って欲しかったからです。

『人の目が気になる人』というのは、相手の思考のように『コントロール出来ないことをコントロールしようとしているから』です。

これに気づくことが出来れば、心も軽くなると思います。

 

3.コントロール出来る=自分の行動に集中すること

自分が行動することを一番のゴールに設定することで、人の目を気にせずに行動することが出来ます。

『他人がどう思うか』よりも、『自分がどうありたいか』にフォーカスを置いて日々を過ごしてみましょう。

あなたの評価を決めるのも『あなた』ですし、あなたの感情を決めるのも『あなた』です。

評価軸を自分に置きましょう。そうすれば、今までとは違った世界が見えてきます。

 

 

今回の記事は昔の自分に早く伝えたかった記事です。

他人の顔色を伺いつつ、日々を過ごしていると息が苦しくなってきます。

しかし、自分を中心に考えることで気持ちが楽になり、人生も楽しくなります。

 

それでは。

 

見た目は心を映す鏡


『最近新しい服を買ってないな』と思ったら!

ヨレヨレの服より新しい服を着た方が気分もスッキリ。

恋愛は見た目から入るので、良い服着ていきましょう!

詳細はこちらをクリック
全身コーデのマネキン買いができるメンズ服通販サイト『メンズファッションプラス』

女性の集まる所に勝機あり!




見た目もバッチリ!あとは出会いだけ。
そんな時にオススメなのがメンタリストのDaiGoさんが監修しているマッチングアプリ『with』!
相性診断なども豊富で、女性会員を上手に増やしているため狙い目です!

共通点でマッチ!
恋愛婚活「with」

香りを味方につけるべし



プラスαの紳士の嗜み。
モテる香りを味方につけて有利な立ち位置を確保しよう!

購入はこちらから
恋を加速させる男のブースター香水「ボディセンス」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください