面白いくらい聞き出せる!LINEや連絡先を聞き出すBESTなタイミングは?

気になっている子や好きな子のLINE、連絡先を聞き出したい時ってありますよね?

どうすればスムーズに聞き出せるかな〜と迷うことも多いと思います。

連絡先をゲットできるのと出来なのでは、その後の結果がだいぶ変わってきてしまいますので、是非とも連絡先は手に入れておきたいところです。

そこで今回の記事では、『連絡先を聞き出す絶好のタイミング』をお伝えします。

 

今回お伝えする『タイミング』を利用してもらえれば、簡単に聞き出すことが出来るので是非挑戦してみてください。

 

連絡先を聞き出す絶好のタイミングは?

早速結論からいきますが、連絡先を聞き出すベストタイミングは『共通の話題で盛り上がった後の沈黙』です。

ここからが重要なんですけど、『お互いの共通の話題』で盛り上がった後に、話題が出尽くした場合少し沈黙が流れることがあると思います。

その時に『もっと話がしたいから連絡先を教えて?』と言えば、相手も悪い気はしませんし自然な流れで連絡先を聞くことが出来ます。

僕もこのタイミングで連絡先を聞いて教えてもらえなかったことは一度もありません。

*注意点

会話をほとんどしていないのに、連絡先を聞こうとすると教えてくれないことがあります。

連絡先を確実に聞いておく為にも、まずは会話をして共通の話題で盛り上がりましょう。

話を盛り上げるコツ

先ほど、『共通の話題で盛り上がればいいよ』とお伝えしましたが、盛り上げ方がイマイチわからないという方のために補足をしておきます。

まず想像して欲しいのは、自分が会話をしていて楽しい時ってどんな時でしょうか?

自分の好きな事を話している時? 話をしっかり聞いてもらえた時? 相手と馬が合うなと思った時?

色々あると思います。

既にお気づきかと思いますが、これを逆に相手に感じてもらうことが出来れば、会話は盛り上がるというわけです。

つまり、

・相手との共通の話題を出す

・相槌をしっかりと打つ(表情豊かに)

・相手の話のテンポに合わせる

たった3つですが、これだけで会話が盛り上がること間違いなしです。

もし、これを実践しても『会話が盛り上がらない』という場合は、出来てるつもりで実は出来ていない(特に相槌、テンポ合わせ)ことが多いです。

棒読みの『へぇーそうなんだ』だけでなく、一歩身を乗り出した『へぇーそうなんだ!』や一歩引いた『そうなんだ』が必要です。

文章で書くのは簡単ですが、実際にやるとなると『会話』は考えることが多いです。

ただ、いちいち考えてもいられないので、一つずつ意識して慣らしていくしかありません。

例えば、『今日は相槌を打つ時に表情の変化に気をつけよう』とか『今日は相手のテンポに合わせるのを心がけよう』とか。

一気にやろうとするとパンクしちゃうので、1つずつ慣らしていけばいいと思います。

 

今回の方法は、学校やサークル、部活動、ナンパ、恋活アプリなど様々な局面で使うことができます。

恋活アプリで出会った人達に今回の方法を試したところ、連絡先を割とすんなり教えてくれました。

もちろん、『アプリ内でのチャット→LINE→電話→会う』という経路ですので、最初は文章だけで会話を盛り上げる必要がありました。

なので、話題選びや、文章での相槌が重要になってきます。(他にもユーモアを入れるなどのテクニックもありますが、これは別記事で書こうと思います。)

その後の『LINE→電話→会う』は、会話が盛り上がるほど付き合える確率が上がりますので、是非とも今回紹介したテクニックを駆使していただければと思います。

 

見た目は心を映す鏡


『最近新しい服を買ってないな』と思ったら!

ヨレヨレの服より新しい服を着た方が気分もスッキリ。

恋愛は見た目から入るので、良い服着ていきましょう!

詳細はこちらをクリック
全身コーデのマネキン買いができるメンズ服通販サイト『メンズファッションプラス』

女性の集まる所に勝機あり!




見た目もバッチリ!あとは出会いだけ。
そんな時にオススメなのがメンタリストのDaiGoさんが監修しているマッチングアプリ『with』!
相性診断なども豊富で、女性会員を上手に増やしているため狙い目です!

共通点でマッチ!
恋愛婚活「with」

香りを味方につけるべし



プラスαの紳士の嗜み。
モテる香りを味方につけて有利な立ち位置を確保しよう!

購入はこちらから
恋を加速させる男のブースター香水「ボディセンス」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください