デートでの勘違いあるある4選

こんにちは、しーまです。

 

デートでの勘違いあるある

今回はデートシーンでの勘違いについて

4つほど見ていきましょう。

 

デートでミスると女性からの印象を下げる可能性や

うまくコトが運ばないことが往々にしてありますので要チェックです。

 

その1. ボディタッチが多い

 

女性からのボディタッチが多いと男性は

ハラハラしてしまいますが、

女性によっては、好意を持ってなくても

自然にボディタッチをしてくる人はいます。

 

ので、ボディタッチが多いからといって

自分に好意を抱いているかというと、

そうでもないことが多いので注意が必要です。

 

その2. 付き合ってないのに、家まで送る

 

付き合ってないのに、デートした際に

時間が遅いからと言って、家まで送ろうとする

男性がいます。

 

ある程度の信頼関係が築けている女性でない場合、

「家の場所バレたくないな」と云うこともあります。

 

送ることは男性の役目的な感じがありますが、

一度「送ろうか?」と聞いて「大丈夫」と帰ってきた場合は

おとなしく引き下がった方がいいです。

 

その3. 出会ってすぐに、女性を「お前」と呼んでしまう

 

確かに女性とのポジショニングは意識すべき点ですが、

いきなり「お前」とか言われたら、

「え?何この人」状態です。

 

出会って間もない段階で、いきなりそのような

言い方をされてしまうと、女性は「偉そうな人、恐い人」

という印象を持ってしまい、評価が下がります。

 

ある程度仲良くなってからは

「お前」と呼ぶのもありかもしれませんが、

それも状況や相手の反応次第なので注意が必要です。

 

その4. 鳥肌が立つようなことを真面目に連発

 

「君に出会えてよかった」とか

「君しか目に入らない」とか

こういったセリフを本気で言ってしまう男性が

たまにいます。

それを笑いに変えることができるのであれば、

使っても問題ないかもですが、

本気で言っているのであれば、

女性は高確率で引いています。

 

会話の中で意識すべきポイントは、

キザなセリフを言う事ではなく、

楽しく面白い会話ができる人を目指すことです。

女性はそういった人を好みます。

 

面白い会話とは?

ちなみに面白い会話ってどんな会話だと思いますか?

ヒントは、自分が会話した後に楽しいと感じているときです。

 

 

もう答え言ってしまいますが、

答えは、自分の話を聞いてもらったときです。

 

人って基本的に自分の話を聞いてもらったとき(話したいと思っていることのみ)に楽しいと感じます。

 

だからこそ、相手を会話で楽しませるためには、相手が聞いてほしい内容の話題を振ることです。

 

これ超重要ですからね。自分の話をするよりも、相手の話を聞いてあげてください。

 

繰り返しですが、相手が聞いてほしいと思っていることを聞くのが鉄則です。

聞いてほしくないことを根掘り葉掘り聞こうとすると、嫌われますので注意が必要です。

 

ということで、ぜひ上記のテクニックを利用して

デートでの会話を楽しいものにしてあげてくださいね!

 

 

ではでは。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください