モテる男の印象や雰囲気、性格とは? 変化を意識すべし

こんにちは、シーマです。

男であれば、「一度でいいからモテたい」、「モテる方法が知りたい」と

思い悩むものです。

 

「友達はモテるのに、、、俺はモテないんだが?」

「顔は俺とほぼ変わらないのに、奴はなぜモテる?」

みたいな感じで、モテ度合いに関して

人と比べてしまうことで、

さらに思い悩む結果にもつながります。

 

では、モテる男は一体どういう男なのか?

印象・雰囲気・性格の3つの要素から

モテる法則を見出してみましょう。

 

共通するモテ要素は「変化」である


変化をうまく利用すれば

相手の心の中に印象を強く残すことができる。

心理効果で「ゲインロス効果」というものが

まさにこれに当たります。

 

ではまず、女性が感じる男性の印象からお話に入っていきます。

 

印象の変化


外見や仕草から、女性は

男性のキャラクターを想像します。

(真面目でクールそう、犬みたいで可愛い、不潔で臭いなど)

 

この時、一般常識から見て極端なマイナスイメージを持たれてしまうと、

恋愛対象外に飛ばされて戻ってこれなくなるので注意が必要です。

上記であげたような「不潔で臭い」や「暴力的で怖い」などの印象はNGです。

 

女性に対する最初の印象づけができたら、

次はそのキャラクターを変化させます。

 

「真面目でクール」の場合、

普段は黙々と仕事(勉強)をこなし、あまり笑わない、とっつきにくい

といった特徴があるかと思います。

 

そういった男性に対して、

日頃「勉強できるけど近寄りがたいなー」と感じている

同級生がいたとします。

 

ある日、その女性がたまたま男性に挨拶したら、

普段の真面目な顔ではなく、

砕けた笑顔で丁寧に挨拶を返してくれたら

女性はこのように感じます。

・近寄りがたい雰囲気だったけど、意外と笑えば可愛い!

・もっと適当に返されるかと思ったけど、そうでもなかった

・今度また挨拶したら、笑顔で返してくれるかな?

みたいな想像をします。

その結果、女性の方から積極的に近づいて来てくれる状態が生まれます。

 

まさに、モテ男へのファーストステップです。

僕のように自分を陰キャラだと思うなら、

まずはこのステップを超えるためにも

笑顔のトレーニングと、挨拶を鍛える必要があります。

というか、ここを突破するだけでかなり差がつきます。

何話せばいいのか?は、とりあえず置いておいて

このステップを超えるために全力を出しましょう。

 

雰囲気の変化


雰囲気というのは、言葉以外で相手に伝えるイメージのことです。

表情、体の動き、周囲への態度、服装、髪型などが総合的に作り出すものです。

これらを使って「変化」を演出するためには、

2つ以上の「状況」を用意する必要があります。

例えば、

・平日と休日

・仕事の場とそれ以外

・大勢といる時と2人だけの時

・お酒が入っているか、いないか

など、異なる状況で違った雰囲気をアピールすることが有効です。

 

ですが、あくまでも

その変化(意外性)がプラスに映るように工夫する必要があります。

 

例えば、シラフでは、みんなの前でその女性をいじり

お酒が入っている時では、その女性の良いところを褒めるなどが王道です。

(容姿はあまり褒めない方が良いですよ)

 

性格の変化


性格の変化(ギャップ)を見せるには、元々の性格を知ってもらう必要があるので、

ある程度親しくしている相手に見せるのが主になります。

 

性格の変化は、良い人と言われて終わってしまう男性を救う重要なポイントでもあります。

 

特に好きな女性の前では格好をつけたくなる(良い人を演じたくなる)のが男ですが、

この行動はモテる男の行動には反しています。

なぜなら、最初から良い人はどこまで行っても良い人なんです。

つまり、変化しない。

その結果、「個性やキャラが死んでる人」と印象に残らなくなります。

また、もし仮に「良い人」を演じている場合は、ボロが出た時に女性に幻滅される要因になります。

 

2つ目の「良い人」→「ボロが出る」は、

一見ゲインロス効果が働くので良いのではないか?と考えるかもしれません。

しかし、プラスからマイナスへの方向にイメージが変化しているので、

逆に、思いっきりダメな方に振れてしまいます。

 

だからこそ、好きな女性には

最初は「良いところ」は見せようとしなくて良いのです。

ありのままの自分で最初は接し、

要所、要所で変化を演出することで、

「素敵!」と思われれるように努めることが

モテる秘訣なのです。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です