太れない太れない太れない!!

こんにちは、しーまです。

 

デブでお悩みのみなさんには大変申し訳ないのだが、

ガリで悩む人間もいるんだぜ

てことで、太れない僕の悩みをぶちまけてやろうかなと思います。

 

人に会うたびに、

Q「あれ?また痩せたー?」

A「変わらないよー」

 

Q「私のお肉あげたいくらいやわー」

A「もらえるなら欲しいわw」

という問答を幾度となく繰り返したことは

ガリのみなさんにも記憶に新しいことかと思います。

 

まずは、ガリガリである理由を考えてみましょう。

 

コンテンツ目次

太れない理由その1 食べる量が少ない

そうなんですよね、基本的に考えられるのはこの部分。

摂取カロリー(食事量)ー消費カロリー=デブへの道

なんですが、どうもマイナスの値になってしまう(ガリへの道)という方は、

食べる量を増やす以外に改善策がありません。

(皮膚の上に置いておいたら、勝手に吸収して脂肪になるとか言うアイテムあったら面白そうです、ないけど)

でも食べるのって辛いです。

空腹も辛いのですが、たくさん食べるのはもっと辛い。

 

たくさん食べようと思ったら、運動をすればある程度は食べれますが、

運動すると消費カロリーが上がるというジレンマ。

 

それでも消費カロリーを上回るまでは、

どうあがいても太ることはできないので、

意地でも消費カロリーを上回る食事を摂るようにするしかないです。

栄養だとか、筋トレだとか、遺伝だとかは、その後の話です。

まずは、

摂取カロリー(食事量)ー消費カロリー=+です

 

僕は現在、身長178cmの体重55kgとかですが、以前は48kgとかでした。

栄養失調を疑われるレベルに痩せていましたが、

体は健康そのもの。

 

 

僕が太るためにやったことは、

それまでの生活に加えて

・毎日朝ごはんを食べること

・お菓子を食べまくったこと

・プロテインを飲んだこと

それによって1日に必要な消費カロリーを上回ることができました。

本当は一時期59kgまで太れたんですが、

油断していたら、すぐに叩き落とされてしまいました。

継続しなければならないので難しいですね。

ちなみに48kgから59kgまでは2ヶ月ほどでいきました。

文字どおり吐くぐらい食べていましたけどね、てか吐いたこともあります。

最初のうちはキツイです。

ですが、だんだん楽になります。食べることに慣れてきます。

摂取カロリーを意識しながら、ご飯を納豆とキムチ、卵で食べ、
間食におやつ、アイスを食べ、お腹いっぱいになったらプロテインを飲むという生活です。
養豚場の豚にでもなった気分でしたが、それくらいしないと変化しませんでした。

 

 

太れない理由その2 胃腸での吸収効率が悪い

これも大きいですね。

せっかく大量に食べて消費カロリーを上回ったとしても、

しっかりと消化・吸収されないと

脂肪がついてくれません。

胃腸の調子を整えるには?

胃腸の調子を整える手段として次の4つが考えられます。

・野菜中心の低タンパク高カロリーの食事

・朝食を食べる

・消化器内科を受診する

・ストレスを無くす

この4つです。

・野菜中心の低タンパク高カロリーの食事

言うのは簡単。やるのは難しいタイプのやつです。

野菜は野菜自体カロリーが少ないので、

食べてもほとんど摂取カロリーを増やすことができません。

それに男の一人暮らしとかだと、毎日野菜を用意するのがめんどくさい。

ですので、「続かない」なんてことが続出します。

とは言っても、栄養はあるに越したことはないので

気づいたら摂るようにするといいかと思います。

以下に主な高たんぱく質の食品一覧を載せておきますので参考にしてください。

大豆食品(納豆、豆腐)

チーズ

牛サーロイン

鶏ささみ

ハム

豚ロース

 

・朝食を食べる

朝食を抜いてしまうと、1日に必要な摂取カロリーを超えることがナカナカできなくなりますし、

規則正しい生活リズムを作ることも大事です。

朝にしっかりと食べて、整腸作用のあるヨーグルトなどを摂取すると胃腸の調子がよくなります。

いきなり生活習慣を変えると、最初のうちはお腹が痛くなったりしますので、

徐々に変えて言った方がいいかもしれませんね。

 

・消化器内科を受診する

太れない人は、胃や小腸での食べ物を栄養に変える機能がうまく働いていないことが多いです。

もし、不安ならば、専門医に頼るのが一番早いと思います。

一度受診してみるのもありかと思います。

 

・ストレスを無くす

ストレスが原因で、胃腸の働きが悪くなり、消化吸収効率が減少します。

なので、出来るだけストレスは取り除く必要があります。

ストレスを発散するには次の方法があります。

・カラオケ(大声を出す)

・運動(散歩、筋トレ)

・笑う

・寝る

他にもあるかとは思いますし、これは僕のパターンです。

個々人でストレス発散できる方法は違う可能性がありますので、

自分にあったストレス発散法を見つけるといいかと思います。

 

太れない理由その3 遺伝というか習慣?

家族に痩せている人が多いパターンです。

僕の両親も兄弟もガイコツ的な感じなので、遺伝というか習慣?の影響は大きいでしょう。

 

あと、遺伝による違いは確かにあるかもしれませんが、

幼い頃から植え付けられた食習慣の影響で、この食事量が適切だと思い込んでいる場合もあります。

食事の量が少ないことに気づいていない、そんなパターン(逆もまた然りです)。

標準的な体型の人が集まっている家族と、痩せ型の人が集まっている家族とでは

食卓に並ぶ食事の量に結構違いがあります。

自分の家を基準に考えて、「その時よりも食べてる!」から太るかというとそうでもないのです。

確かにある程度の体重増加はありますが、それでも標準には満たないレベル、なんてこともあります。

 

やっぱり太れない理由は食べてないから

太れていない8割くらいの方はコレです。

でも食べるのキツイ。

食費もかかる。

食べれていないことはわかってるんです。

いろいろなサイトを見て、太れない理由を探っても

でも結局行き着くところはいつも1つ。

筋トレでムキムキになりたいとか、

そんなの太り始めてからの話ですし。

脂肪がないのに筋肉はできないもん。

 

僕も10kgくらい増やしたことはあるけど、

結局は食べまくっただけ。

最初は気合の世界だと思います。

 

もう一回、ドカ食いチャレンジしてみようかな!

それでは。



香りを味方につけるべし



プラスαの紳士の嗜み。
モテる香りを味方につけて有利な立ち位置を確保しよう!

購入はこちらから
恋を加速させる男のブースター香水「ボディセンス」

【出会いから付き合うまでの正しいアプローチのススメ】

適当にアプローチして、うわこいつきもとか思われたくないじゃないですか

だってそんなこと言われたら心折れますよね?

嫌じゃないですか。

だからこそ、ちゃんとした女性への正しいアプローチの仕方を学んで

そこから女性にアプローチしていったほうが効率よくないですかって話です。

それに正しいアプローチの方法を知っていれば女性を不快にさせることもないですし、

自分自身が傷つくことも少なくなるわけです。

ちゃんとしたアプローチ方法を知っておくことはメリットでしかない。

でも多くの人は、それを知らずに適当に突っ込んでいってしまうから、

女性に振られまくったり、苦い経験を沢山することになります。

なんだよ、ちゃんとしたアプローチって。

そんなもので本当に女性と付き合えるのかよ。

ただの小手先のテクニックじゃないの?

そう思われる方もいます。

しかし、メルマガ内で配信している内容を実践した時と適当にやった時では

女性と付き合える確率が倍以上違います。

同じ人間が実践したにも関わらずです。

この結果を知っているからこそ、僕自身はちゃんとしたアプローチは知っておいたほうが良いと考えています。

なるべく女性に振られたくないですよね?

好きな人に自分を気に入ってもらいたいですよね?

そう思うのであれば、僕が配信しているメルマガが役に立ちます。

ではメルマガではどのような内容を配信しているのか?

気になる中身(タイトル)を紹介します。

【出会いから付き合うまでの正しいアプローチのススメ】

1章 出会いはどこで見つけるのか? 出会った女性にすぐに気に入られる方法

2章 面白いくらい聞き出せる!LINEや連絡先を聞き出す最高のタイミングは?

3章 相手の好感度を上げたい!そんな時に利用する魔法の会話術を3つ厳選!

4章 好きな人に「また会いたい」と思ってもらえる褒め度合いのコツとは?

5章 彼女ができない男性ほど知らない!女性が思う「いい人どまりの男性」を突破する方法

6章 モテる男の考え方!女性の隠された欲求をくすぐれば彼女はできる

7章 絶対上手くいく告白の仕方!一か八かの賭けはもうやめよう

どの章でも必ず1つは使えるテクニックが公開されています。

女性への正しいアプローチの仕方を知って、

ぜひ素敵な恋人をゲットして下さい!


メルマガは無料で、いつでも解除できます。

また大量に届くこともありません。

1日1通です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください