大人しめな僕が、学科で一番可愛い子と付き合えた話~大学で後輩の彼女を作った~

こんにちは、シーマです。

 

今回は、タイトルにもあるように

大人しめな僕が、学科で一番可愛い子と付き合えた話をします。

(時系列的には人生初のナンパの話よりも後です。)

 

これは

僕が大学2年生になってすぐの話。

1年生の新歓を学科ですることになり、

1・2年の人が30人程度集まりました。

(そこにお相手の女の子と僕も含まれています。)

 

初めてみた時から、その子だけ次元が違う気がしました。

明らかに他の人よりも、飛び抜けて可愛いという。

心の中では、「やべえ超可愛い、これは行くしかないやろ」

みたいなことを思っていました。

 

僕以外の男性陣も皆、口を揃えて可愛いを連呼していました。

 

 

そして、僕はその子に声をかけに隣の席にお邪魔しに行きました。

「何を話そうか?どうすれば付き合えるか?彼氏はいるのか?」

などなど思うところはたくさんありました。

 

そして、会話の中で彼氏がいないということを聞き

テンションMAXに!

これは勝負に出ないと!と思いました。

 

残念なことに、もう昔(人生初ナンパ時)のピュアさの欠片も、

この頃にはありませんでした。

 

頭の中には、様々な思惑が渦巻いていました。

新入生を狙うという悪質な手口。

まさに、ゲスの極み先輩です。

 

ですが、可愛い子にアプローチするのであれば、

早い時期で手をつけることは重要ではないかと思います。

 

なぜなら、可愛い子は引く手数多です。

いろんな男性からアプローチを受けてからでは、

僕のような大人しめな人間が印象に残るはずもありません。

 

だからこそ、とにかく一番早くにアプローチすること。

これを自分に言い聞かせて行動しました。

 

そして新歓の日に連絡先をゲットすることが出来ました。

その日の気分は最高でした。

「やってやったぞ」という感覚がひしひしとこみ上げてきました。

 

ですが、連絡先を入手するだけで終わりではありません。

早速行動に移します。

 

少しのLINEをやり取りし、

新歓から3日後に、なんとデートの約束をすることが出来ました。

これには驚きでしたが、よくよく考えてみれば相手は

「まだ大学のことがよくわかっていない」

「学科の先輩からのお誘い」

「バイトもしてないし、時間がある」

こういった条件が揃っていたわけです。(ゲスいですねー)

 

で、デート当日は夕食を食べに行って話をして終わりです。

いきなりこんな可愛い子と2人きりでデートができるとは思ってもみませんでしたが、

やはり積極的に自分から動いたからというのが大きいでしょう。

 

 

そして、またその3日後に会う約束をして、その日は終了。

なんとなくこの時点で、きたんじゃねコレ?という感覚はありました。

もし、相手にその気がなければ、こうも早いタイミングで会うことを許可しないはずです。

 

その日は3日後が楽しみで楽しみで仕方ありませんでした。

 

 

で、初めてその子に会ってから1週間後の2回目のデート。

1回目のデートで良い感触を得られていたので、

付き合うならこのタイミングだろ!と思い、

それとなく意思を伝えてみると、

 

なんと、OKが出ました。

この時、僕は

嬉しいような、拍子抜けしたような

そういった感覚でした。

 

付き合えること自体は嬉しいけれど、

こうもあっさりと受け入れられて大丈夫なのか?と少し心配でもありました。

(結果的には全然大丈夫でしたが)

 

この時を振り返って思うことはやはり、

勝因は圧倒的なスピード感です。

本当にタイミング勝負です。

まあ、それ以外にも様々なテクニックを駆使しましたけどね。

 

ですが、もしこのタイミングが1週間でも遅ければ

他の男性にさらわれていたことでしょう。

 

もし、そうなっていたらどれほどの悔しさが残るのか。

想像もしたくありません。

 

と、ここまで読んでいただきありがとうございました。

前回のナンパの話のようなドキドキ感というのは、

この時はほとんどありませんでした。

 

どちらかといえば、

淡々とシナリオをこなしていく感覚でした。

 

結局、恋愛というのは

慣れの問題なのかもしれません。

 

ですが、恋愛を通して身につくものもあります。

それはコミュニケーション能力です。

生きていく上で、役に立ちまくるこの能力を鍛えることができます。

 

僕はもともと、コミュニケーションが苦手でした。

ですが、恋愛を通じていろんな体験をしたことで、

今ではコミュニケーションを取ることも苦ではなくなりましたし、

自分のハートを鍛えることも出来たと感じています。

 

もし、昔の自分のままだったらと思うと、

ちょっと恐ろしいですね。

 

いやー、あの時勇気を出して頑張って本当に良かったなと思います。

 

終わり。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です