モテる男の特徴や振る舞い8選〜経験談を添えて〜

こんにちは、シーマです。

モテる男と聞くと、金持ち・イケメン・高身長というイメージがあると思いますが、意外と違うものです。

もちろん、見た目がかっこいい!という男性に女性は惹かれていくものですが、中身が伴ってなければいずれは振られてしまいますよね。

モテる男の特徴や振る舞いなどを満たしていくことで、顔がいまいちな男性でもモテる男になれるということです。

そこで今回はモテる男の特徴や振る舞いについて紹介します。

来るもの拒まず、去るもの追わず

なぜ、来るもの拒まず、去るもの追わずな男がモテるのでしょうか?

それは、来るものはチャンスになり、去るものは過去のものと考えてるからです。

僕も1人の女性に依存してた経験がありますが、まさにモテない男でしたね!

1人の女性に依存してしまうと、その女性がいないと生きていけないという状態になり、もの凄く重い男になるんです。

相手の女性はあなたのことが嫌いなのに、あなたは「この女性しかいない」なんて悪循環でしかありませんからね。

モテる男になる為には、去るものは追わないといういい意味で冷めた気持ちが必要ということですね。

女性へのアピールはがっつかず、余裕を持ってる

その余裕は女性へのアピールをする際にも現れており、がっつくようなアピールは絶対にしません。

なぜなら、余裕が無い男と女性に思われてしまうからですね。

積極的なアピールをすることはいいことですが、女性に対して焦ってる姿を絶対に見せてはいけません。

「彼女が欲しくてたまらない」という焦ってる姿を見せれば見せるほど、女性は引いてしまうでしょう。

例えば、デートのやり取りで女性から返事が来ないからといって、何でも返事を急かすような行動をとってしまうということですね。

「返事まだ?」「忙しいのかな?」「次、いつ空いてるか分かったら連絡して」という内容では焦ってるように思われ、モテない男になってしまいます。

僕もこのような経験がありますが、ふとした時に「何で、こんなに焦ってるんだろう?」と気づきましたからね。

積極性とがっつくの違いが分かった瞬間でもありました。

女性が「デートに誘って欲しい」というオーラを出してる時にデートに誘うようにすることで、モテる男になれますよ。

1人の時間を大切にしている

モテる男は1人の時間をとても大切にしています。

1人の時間を過ごすことで、自分の人生について考えたり、他人に依存することがなくなるからです。

僕も1人で過ごす時間を増やすことで、人生について考えたり、他人に頼りすぎるということがなくなりました。

他人と一緒にいることで、どこかで「この人に任せておけばいいだろう」という考えがあったんですよね。

そうなると、自分で考えることもしなくなりますし、他人に依存した男になってしまいます。

1人の時間を過ごすことは自分自身の成長に繋がるということをモテる男は分かってるんです。

健康・体型に気を遣っている

モテる男はこだわりが強い男性が多いものです。

その中でも健康にこだわりを持ってる男性はモテる男といえるでしょう。

人生において何よりも大事なのは健康だと分かっているからですね。

僕も健康・体型に気を遣うようになってから、毎日が楽しくなりましたし、体もかっこよくなってきたので、女性にモテるようになりましたよ。

モテる男になりたければ、まずは運動を習慣化することから始めるべきですね。

筋肉が付いてくれば自信もつきますし、女性にモテるようになるでしょう。

仕事ができる

仕事ができる男性はいつの時代もモテます。

なぜなら、いざという時に頼りになりそうだからですね。

今の時代、草食系男子という言葉がありますが、女性はいつまでも男性に頼りたいという願望があるんです。

そこをモテる男は分かっていますね。

仕事ができる=頼りになる男性というイメージがあるからでしょう。

仕事を疎かにするような男性にモテる男性はいませんし、同性から見ても「あいつはモテないだろう」と思われています。

かといって、仕事人間というわけでもありません。

仕事をする時は仕事に集中して、遊ぶ時は遊びに集中して、大事な人と過ごす時はその時間を大切にするということができています。

仕事もできて、思いっきり遊んで、大事な人との時間も大切にする男なんて魅力的だと思いませんか?

優先順位を把握している

人間関係において優先順位はとても大事なことで、モテる男は何が大事で何が大事じゃないのかを把握しています。

大事な人と過ごすことが幸せなことだと分かっていますし、一緒に過ごしたくない人と過ごしても生産性が無いということを分かってるからですね。

僕も他人に嫌われたくないからといって、気分の乗らない飲み会などに参加したことがありますが、今思えば「参加しなくてもよかったな」と思っています。

今では本当に大事な人との食事のみ、行くようにしてますし、気分の乗らない相手とは会わないようにしています。

大事な人との時間を大切にしているので、断っても平気なんです。

「この人からの誘いを断って、嫌われたとしてもいいや」と思えるようになりましたからね。

社会人であれば特に時間にシビアになるので、人間関係において優先順位をつけてみたらいかがでしょうか?

たくさんの失敗を経験している

人の痛みを知る人はモテると言われていますが、モテる男はまさにたくさんの失敗を経験しています。

失恋もそうですが、他の人間関係での失敗や仕事での失敗などたくさんの失敗を経験してるからこそ、相手の気持ちや痛みを知っているからモテるんです。

僕も人間関係での失敗はたくさんしてきました。

無理やり自分の意見を通そうとしたり、他人を変えようとした結果、周りに誰もいなくなったなんてことがありましたからね。

確かにあの時は辛かったですが、今となっては「あの経験があってよかったな」と心の底から言えるんです。

挑戦したり、他人とぶつかり合うことで必ず失敗はあるでしょう。

しかし、後になって「あの経験があってよかったな」と思えるのであれば、それは成功と言えるのではないかと思います。

恋愛だけでなく様々なことに挑戦してみてはいかがでしょうか?

相手の顔色を伺わない

モテる男はいい意味で相手の顔色を伺うということをしません。

本当の優しさとは相手のことを何でも肯定し、許してあげることではないということを知ってるからです。

僕も大好きな人ができた時は、嫌われたくない一心から何でも言うことを聞いてました。

デート場所やプランにしろ、相手のわがままを何でも聞くのが優しさだと思ってたんですよね。

しかし、自分が何でも言うことを聞いてるからこそ、相手がどんどんわがままになっていくのに、「何でこの人はこんなにわがままなんだろう」と思ってた時期もありました。

様々な事を経験していくうちに「自分が何でも言うことを聞いてたのが悪かったんだな」と思えるようになったんですよね。

そう思えるようになってからは「相手に嫌われてもいいから自分の意見を言おう」という気持ちになり、相手とぶつかり合うこともできるようになりました。

結果的に何でも言うことを聞く「イエスマン」なモテない男から自分の意見や考えを述べることができるモテる男へと変わりましたね。

相手が間違ってることを言ってたら指摘することが優しさですし、時には自分の意見を相手に聞いてもらうことが大事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください