一攫千金、FXと類似の投資法(あまりお勧めはできない)

一攫千金狙いのギャンブル狂であれば、この記事は役に立つかもしれません。。。

FXは法律の規制が進んでしまい、現在ではあまりレバレッジをかけれなくなってしまいました。
現在は25倍までしか買えません。また、今後10倍まで引き下げられる予定ですのでFXで一気に儲けるのは難しいです。
しかし、海外で取引したり、類似の投資をすることで、20倍や200倍のレバレッジで勝負することが可能です。
今回はその方法をいくつか紹介します。

1 海外の取引所

日本では法律の規制により25倍までしか行うことができません。しかし、海外の取引所ではそういった規制はないので数百倍のレバレッジで勝負することができます。相場を見て自信がある時だけ数百倍のレバレッジで取引すればかなり儲けることができます。(もちろん損失も大きくなりますので、注意してください)

また、海外の取引所ではゼロカットという制度があるところもあります。
日本のFXではレバレッジをかけて損失が出ると口座残高がマイナスになることがあります。
つまり借金です。

しかし、ゼロカットという制度があればマイナスにはなりません。最悪0円になるだけです。
なので数百倍で取引して大失敗したとしても入金したお金が無くなるだけで借金を負うことはありません。

2 株版FXのCFD

FXは外国の通貨の証拠金取引です。
最近、株の証拠金取引であるCFDも出てきました。

FXと同じ方法で株を買うことができます。
また、FXと違い、レバレッジの規制がないので高倍率で勝負できます。

また、株は通貨より価値の変動が大きいので儲けるチャンスも多いです。
FXで物足りない人はCFDも視野に入れてみてください。

3 流行りの仮想通貨FX

仮想通貨のFXも存在します。
これも法規制がないためかなり高いレバレッジで勝負することができます。
しかも、株よりもさらに価値が変化するのでかなりリスクの高い戦場です。

その反面、買った時のリターンも大きいので短期で莫大な利益を得たい人は試してみましょう。
仮想通貨FXも海外ではゼロカット制度があるところもありますので宝くじ感覚でギャンブルをする人もいるそうです。
仮想通貨は素人の多い市場なので値動きを読みやすいというメリットもあります。

ですが、これはまさに博打です。

一瞬で資産が吹き飛ぶ可能性もあるので、避けるのが無難かと思います。

 

リスクとリターンのバランス

今回紹介したようにレバレッジはかなり高くできます。しかし、それに伴ってリスクも高くなります。また、海外には怪しい会社もあり、入金したお金を取られたり、倒産して帰ってこないこともあります。
大きいリターンを求めるとリスクもかなり大きくなるので、しっかりとリスクを管理して投資をしましょう。

まずは日本国内の会社で実際に取引を体感して、

その後、海外企業にも挑戦するというのがいいかと思います。

日本国内の会社で大手なのはDMMさんですね。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です