仮想通過は様々な取引所で出来る?損をしないために、それぞれの取引所の特徴を押さえておこう!

 

この記事では「仮想通貨のことが気になっているけど買い方がわからない」「わからないことが多いのでちょっと不安…」という方に向けて執筆させて頂きました。

 

1.仮想通貨とは?

仮想通貨とは、価値を持った電子データのことです。
これは円やドルといった法定通貨とは違い、公的な管理者(円だったら日本銀行)がいないことが特徴的です。ではどうやって通貨の発行や取引を記録しているのかといいますと、「ブロックチェーン」と「分散型台帳技術」いう技術を利用して、複数のコンピューターで同時にデータを監視、管理してデータの整合性を保っています。

2.取引所と販売所

仮想通貨を買う場所は、「販売所」と「取引所」の二種類があります。
「販売所」はユーザーとその会社が取引を行う場所であり、
「取引所」はユーザー同士が取引を行う場所です。
販売所はコインを買いたい時にすぐ買うことができ、大量注文にも対応している反面、手数料が高いといった特徴があります。
一方、取引所はユーザー同士のフリーマーケットのような形で、欲しいコインが十分な量無かったり、自分の売り出したコインが中々売れなかったりと、取引面で多少自不自由がありますが、そのぶん手数料が安い、もしくはタダという特徴があります。
投資初心者でなおかつ長期ガチホ(買ったコインを1年以上売らない)、もしくは大口顧客(1000万円単位)の方は販売所の方が良いでしょう。
中級者、もしくは色々トレードをしてみたいという方は、取引所の利用をオススメします。

3.おすすめの取引所(販売所)

ズバリ!おすすめの取引所は「Bitbank」「bitFlyer」「Zaif」の3つです。それぞれの取引所のメリット、デメリットを紹介していきます。

3.1 Bitbank

Bitbankのメリットとしては、将来性が高く、現在注目が集まってきているリップル(XRP)を取り扱っている点です。リップルとは国際送金に特化した仮想通貨で、従来だったら4~5日かかっていた国際送金を僅か数秒で済ませる事ができ、また手数料も3~7000千円かかっていた手数料を40円前後まで抑えることにも成功しています。
もう一つは手数料が安い点が挙げられます。現在Bitbankは6月まで手数料無料キャンペーンを行っており、成行注文での手数料が0円となっています。キャンペーンを終えても指値注文の手数料は0円のままです。
デメリットはスマートフォンのアプリが無いため、操作しづらい点にあります。一応スマートフォンからBitbankのページに飛ぶと、ブラウザが最適化されるようにはなっていますが、私のスマホ(メモリ4GB)では少しカクつき、不便さを感じました。

3.2 bitFlyer

bitFlyerのメリットは国内最大手という点です。取引所は例えるならフリーマケットのようなもので、取引所の規模が小さいと商品(コイン)が充実しておらず、売買に不便してしまう場合があります。その点bitFlyerの取引規模は国内で最大となっており、取引に心配する必要はほぼ皆無です。
デメリットは手数料が高いことです。bitFlyerは、ビットコインの取引は「取引所」形式で行っていますが、アルトコインの取引は「販売所」形式で行っているため、ビットコイン以外の仮想通貨を買おうとすると、4〜8%程度の手数料がかかってしまいます。

3.3 Zaif

Zaifのメリットは何と言っても手数料です。Bitbankも手数料は低いですが、Zaifはビットコインの手数料がなんとマイナス。金額は微々たるものですが、取引すればするほどお得というのは魅力的ではあります。
また、Zaifは独自のトークンを扱っており、今はまだ金額が低いですが、これから爆発的に伸びるのでは?と噂されています。
Zaifのデメリットはサーバーが弱いことです。Zaifはサーバーが貧弱なことで有名であり、仮想通貨が大きく値動きした時はなどは大体サーバーダウンしているイメージがあります。

4.気をつけること

取引所はそれぞれに特徴があり、また、扱っている仮想通貨にも違いがあります。しかしどの取引所を使う場合でも共通して気をつけなければいけないことがあります。それは「取引所に仮想通貨を置きっぱなしにしないこと」です。
取引所は通常「コールドウェアウォレット」という場所に顧客の資産を隔離し、「マルチタグ」という技術を使ってその資産を管理しています。しかし1/26に起きたコインチェックのネム流出事件では、管理方法が不十分だったために多額のネムが流出してしまいました。
このような事が今後も起こりうると考えられるので、仮想通貨を購入した際には、必ず「ハードウェアウォレット」を買い、「自分の元に取っておく」ことが大切です。
また、ハードウェアウォレットを買う際は、Amazonなどの中間業者を挟むとソフトウェアを改ざんされたり、リカバリーキーのコピーを取られて仮想通貨を抜き取られる可能性があるため、きちんと正規代理店から買うようにしてください。

5.まとめ

仮想通貨を扱っていく上で、取引所は最も大切な要因といっても過言ではありません。なのでこれから仮想通貨を始めようという人は自分の投資スタイルをしっかりと吟味し、自分に合った取引所を決めるこでよいスタートを切れるのではないかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください