ダサいスーツの着こなし方。これはやめた方がいいのでは?

 

社会人になるとスーツを着用する機会も増えますが、上手く着こなせてる人はどのくらいいるでしょうか。

かっこよく着こなしたいのなら、ダサいスーツの着こなし方も知っておく必要があります。

そこで今回はダサいスーツの着こなし方について紹介します。

リュックを背負っている

リュックを背負っているのもダサいと思われるでしょう。

何故なら、荷物が多いときに便利なのがリュックですが、選び方を間違えるとスーツとの相性が悪くダサくなってしまうからです。

新入社員であれば許される部分があるかもしれませんが、いい年齢になった男性がスーツ姿でリュックを背負っているとダサく見えてしまうのでしょう。

白い靴下を履いている

スーツを着用しているのに白い靴下を履いてる人がいますが、ダサいと思われる原因となってしまいます。

何故なら、スーツに白い靴下を合わせるのはマナー違反という説もありますし、単純に見た目もかっこ悪いからです。

靴下だから見えないし大丈夫だろうと考えていてもズボンと靴の間から見えるときがあります。

せっかくスーツをかっこよく着こなしていても台無しになるので、靴下にまで気を遣うようにしましょう。

シャツが派手

シャツが派手なのもダサいと思われる原因となるでしょう。

シャツが派手というのはセンスがよければかっこよく着こなすことができますが、よほどでない限りダサいと思われるからです。

シャツは定番の柄にすることで、シンプルにかっこよさを演出することができます。

全体的に地味

全体的に地味なのもダサいと思われてしまいます。

何故なら、個性がなくおしゃれに興味がない人と思われるからです。

あなたも「スーツを着用するとき、なんか地味なんだよな」と思っているのなら、ネクタイだけでもおしゃれなものに変えていきましょう。

印象が変わりますよ。

スニーカーを履いている

リュックと近いものがありますが、スニーカーを履いているのもダサいです。

理由は言わなくても分かると思いますが、スーツにスニーカーは合わないからです。

センスがいい男性であればスニーカーを合わせてスーツを着こなすことができるかもしれませんが、大体の場合は浮いてしまいます。

あなたもスニーカーを履いてしまって、足元だけが浮いてないか確認しましょう。

柄物ばかり

地味が嫌で目立ちたいからといって、柄物ばかり着用してる場合もダサいと思われます。

何故なら、目立ちすぎるからです。

ネクタイもシャツも柄物という場合、かなり目立ってしまいますよね。

組み合わせによっては柄物同士でセンス抜群に見えることもあるかもしれませんが、大半の場合失敗するでしょう。

おしゃれな部分とシンプルな部分のバランスが大事なので、あなたも見直してみましょう。

ネクタイが短すぎる、長すぎる

ネクタイの長さが短すぎたり、長すぎる場合もダサいスーツの着こなし方といえるでしょう。

何故なら、見た目がよくないからですね。

「どんな結び方をしたらそんな風になるの?」というネクタイの結び方をしてる人がいますが、あなたも確認しましょう。

ネクタイの結び方に不安がある人は動画などで勉強すべきです。

ズボンが短い

ズボンが短いのもダサいスーツの着こなし方です。

何故なら、こちらも見た目がよくないからですね。

ズボンに限ったことではありませんが、スーツをかっこよく着こなしたいのならサイズの合ったものを選ぶべきです。

サイズを確認するようにしましょう。

ジャケットの肩幅が合ってない

ジャケットの肩幅が合ってない人ってたまにいますよね。

そんな人もダサいスーツの着こなし方といえるでしょう。

何故なら、スーツを着用しているというより、スーツに着られてしまってるというイメージになるからです。

かっこよく着こなしたいのに着られてしまってるのでは、かっこよくないですよね。

短すぎてもよくありませんし、大きすぎてもよくありません。

スーツをかっこよく着こなしたいのならジャケットの肩幅にも気をつけましょう。

ズボンのサイズが大きすぎる

ズボンのサイズが大きすぎるとだぼだぼになりますよね。

このだぼだぼなズボンもダサいスーツの着こなし方といえます。

大人になると急激に身長が伸びることはないので、こちらもジャケットと同様にサイズの合ったものを選ぶようにしましょう。

どんなにいいスーツを着用してもサイズが合ってなければ全てが台無しになりますからね。

オーダーメイドで作ってもらうと、ピシッと自分の体型にあったスーツが完成するのでオススメです!

先のとんがった革靴

スーツをかっこよく着こなすうえで革靴の選び方も重要になります。

先のとんがった革靴はダサいと思われるでしょう。

何故なら、ホストに見えるからですね。

たまに先がもの凄くとんがった革靴を履いている人がいますが、「あなたはホストなの?」と思ってしまいます。

どんなにスーツを着こなしていても足元で台無しになるので、先のとんがりすぎた革靴を選ばないようにしましょう。

スーツやシャツがしわだらけ

シャツがしわだらけの場合もダサいスーツの着こなし方といえるでしょう。

何故なら、清潔感がないからですね。

スーツを着こなすうえで清潔感も大事になってくるので、アイロンをかけるなど対策を練るようにしましょう。

 

また、スーツはクリーニングに定期的に出すことによって品質が保たれますので、積極的に活用していきましょう。

 

スーツは男の戦闘服ですから、その着こなしによって評価が激変します。

就職活動においても、シワだらけのダサいスーツで登場しようものなら面接官からの評価はガクッと下がるでしょう。

「人は外見ではなく中身だ!」と言われますが、外見がアウトなら中身は見てもらえませんので気をつけたいところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です