オーダーメイドでスーツを作る3つの方法と気をつけるべき4つのポイント

 

既製品のスーツもいいけど、どうせならオーダーメイドでスーツを作りたいという人もいるのではないでしょうか?

とはいうものの、初めてオーダーメイドでスーツを作るとなると不安になりますよね。

そこで今回はオーダーメイドでスーツを作る時に気をつけるべきポイントについて紹介します。

オーダーメイドでスーツを作る時の方法

オーダーメイドでスーツを作る方法は3つあります。

・パターンオーダー
・イージーオーダー
・フルオーダー

一つ一つ見ていきましょう。

パターンオーダーの特徴

相場:2〜5万円

納期:2〜4週間

縫製:ミシン縫い

特長:サンプルを着用してサイズを調整する

補正範囲:袖丈、パンツ丈

対象:オーダー初心者

オーダースーツの中でも最もポピュラーな方法がパターンオーダーです。

体のサイズを採寸した後、サンプルを着用し、自分の体に近いものを選ぶという方法なので、初心者に向いてるからです。

指定できる部分が少ない反面、作る時間も短く、価格も安くなるので、まずはパターンオーダーから試してみるというのもありでしょう。

ゼロからスーツを作るというよりは、用意されたサイズを基準にして好みのスーツを注文するというイメージです。

イージーオーダーの特徴

相場:5〜20万円

納期:3〜4週間

縫製:ミシン縫い

特長:型紙を製図してサイズを調整する

補正範囲:体型補正

対象:初心者、中級者

パターンオーダーの次の多いのがイージーオーダーです。

体のサイズを採寸した後、洋服の元となる型紙から自分の体に近いものを選びます。

このオーダーのポイントはいかり肩やなで肩といった体型補正ができることでしょう。

パターンオーダーとフルオーダーのいいところをとっている方法といえるでしょう。

フルオーダーの特徴

相場:20〜100万円以上

納期:4〜8週間

縫製:手縫い、ミシン縫い

特長:仮縫い状態で試着をしてサイズを調整する

補正範囲:制限なし

対象:上級者

相場を見ても分かる通り、オーダーメイドの中でも最高峰がフルオーダーです。

体の採寸をした後、型紙を手作業で製図していき、スーツの形に縫い上げていきます。(仮縫い)

仮縫い前のものを試着して仕上がり前に補正を加えることで、世界に1つしかない自分だけのスーツを作ることができるのがメリットでしょう。

職人によって出来栄えも変わりますし、何より時間とお金がかかるというのがデメリットですが、スーツに対するこだわりが強い人は試してみる価値ありですね。

オーダーメイドでスーツを作る時に気をつけるべきポイント

お店のオーダー方法とコストを確認する

行こうとしているお店のオーダー方法とコストを確認するようにしましょう。

何故なら、先ほども申し上げた通り、オーダー方法は3つあるからです。

相場を見ても分かりますが、数万円で済むものと100万円するものがあるので、オーダーメイドのスーツにどこまで求めてるのかも把握しておくべきですね。

「イージーオーダーであればある程度のところまでは指定できるかも」と感覚は持っておいた方がいいでしょう。

お店を選ぶ時はインターネットで評判などを調べておくのもいいですよ。

初めて利用する場合、最安値でスーツを作る

初めて利用する場合は、最安値でスーツを作るようにしましょう。

何故なら、オーダーメイドで作ったスーツを気に入るかどうか分からないからです。

あなたとしては自分の理想のスーツを伝えたつもりでも、出来上がったのが納得できないスーツだったなんて可能性もあります。

高い金額をかけたのにそれではもったいないですよね。

まずは最安値でスーツを作っておいて、袖丈の長さを少しずつ調整するなどの改良をしていった方がいいでしょう。

採寸は普段着用しているスーツで行く

採寸の際は普段から着用しているスーツで行くようにしましょう。

仮のジャケットやズボンを渡されて測定するお店もありますが、持っているスーツと違いがあり、イメージが湧きづらいからです。

オーダーメイドのスーツが完成した時のイメージが湧きやすいようにスーツで行くべきですね。

また、普段着用しているスーツで行くことで店員さんも「普段からどのようにスーツを着用しているのか」が分かりやすいので、コミュニケーションをとりやすいというメリットもあります。

既製品も所持しておく

初めてオーダーメイドのスーツを作ってくれたお店が気に入ったからといって、「よし。これからはこのお店に頼んで全てオーダーメイドのスーツにしよう」なんて人がいます。

自分が所持するスーツを全てオーダーメイドにするのは止めましょう。

既製品も所持しておくことが大事です。

何故なら、汚れても問題ないスーツだからです。

社会人にもなれば飲み会などがあるでしょうし、雨の日に通勤しないといけないなんて日もあります。

そんな時にオーダーメイドのスーツで行って、たばこの臭いがついたり、お酒がこぼれたり、泥がはねて汚れたらもったいないと思いませんか?

そのような時の保険として既製品のスーツも所持しておくべきですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です