女性視点!お花をもらって嬉しかった経験と注意点〜彼女へのプレゼントはこれで決まり!〜

こんにちは、シーマです。

今回はお花を頂いた事のある女性の方に、その経験や注意点を教えていただき、記事にしてもらいました。それでは、どうぞ!

 

1 【男性から頂いて嬉しかったお花の種類、その経験】

 

誕生日やクリスマス、ホワイトデー、記念日など、女性に贈り物をする機会は結構あります。その度に、プレゼントとして何を贈ろうかと頭を悩ませる方も多いのではないでしょうか?そんな方におすすめなのが、お花です。プレゼントと一緒に、もしくはプレゼントとして大切な女性にお花を贈ってみるのはいかがでしょうか?

お花なんて買ったこともないし、何だか花屋は敷居が高くて入りづらい、なんて人も多いかと思います。女性にお花を贈るなんてベタだから何だか気恥ずかしい?古くさい?いえいえ、その「ベタ」こそ女の子には喜ばれるのです。少し勇気を出して、お花を贈ってみてはどうでしょうか?きっととても喜ばれますよ。ご参考までに、私がお男性に頂いて嬉しかったお花とその経験をお話します。



まずは、王道のようなシチュエーションですが、クリスマスに頂いた赤い薔薇の花束です。頂いた相手はその当時、お付き合いをしていた彼です。その年のクリスマスイブは平日だったので、私の家で過ごすことになっていました。晩御飯を作って待っていると、彼が到着、真っ赤な薔薇の花束をもってきてくれました。

実は、他にも同じような赤い薔薇の花束を頂いたことがあるのですが、なぜそのクリスマスの花束が嬉しかったかというと、彼にとっては生まれて初めて花束を買ったらしく、すごく恥ずかしそうに持ってきてくれたのが印象深かったからです。後で本人に話を聞いてみるとお店に入って、店員さんと話をするのも恥ずかしかったとのこと。

私はお花が好きですし、薔薇も好きなので、お花自体はもちろん嬉しいのですが、何より嬉しかったのが、恥ずかしいと思いながらもお店で私のために買ってきてくれたことです。サラッと慣れた身のこなしでお花をプレゼントされるのも素敵なのでしょうが、その不器用な感じに彼の素の気持ちが感じられて、とても嬉しかったです。

薔薇は香りもよくて豪華なので、何か特別なイベントや記念日にぴったりのお花ですよね。もらった後は、部屋に飾って何日も楽しみました。部屋に薔薇の香りがすることで、家に帰る度に幸せな気持ちになれました。

 

そんな王道のクリスマスイブの薔薇に負けないくらい嬉しかったもう一つの経験が、ガーベラの小さな花束です。ガーベラはキク科のお花で見た目がとても可愛くて、色の種類もたくさんあるお花です。花びらが多くてふんわりしているので、ガーベラが好きな女性も多いのではないのでしょうか。

ガーベラとかすみ草の花束 出典:http://www.kemiflower.co.jp

 

私が頂いた相手は、その時にお付き合いしていた彼です。ガーベラの小さな花束がなぜそんなに嬉しかったかというと、特別なイベントや記念日でもない普段と変わらない日に、何気なく渡されたからです。渡す時も、何かのついでという感じで、すごくさり気なくくれました。私自身ガーベラは好きお花なので、より嬉しかったのを覚えています。

今、考えると、お花の種類も可愛らしいガーベラだったのもよかったのだと思います。きっと彼はお花をあげ慣れていたのですね。何でもない時に変にいきなり薔薇の花束を頂くとむしろ戸惑ったかもしれません。ただただ普通の日で、まさかお花が頂けるなんて思ってもみなかったので、すごく嬉しいサプライズでした。何でもない日だからこその特別感があり、彼の気持ちが感じられて嬉しかったです。

 

他の女性はどうなのかと思い、周りの女友達に聞いてみてたら、男性に花束をもらったことのある子はみな、すごく嬉しかったそうです。彼が自分の好きな花を知っていて、誕生日に花束をくれた、自分をイメージした花束をもらったなど、それぞれいい思い出として印象深かったようです。やはりお花は特別感があるのがいいそうです。

ちなみに、外国の方とお付き合いしていた子は、よく花をもらっていたそうです。お花のプレゼントに慣れている人は、何気ないときに渡すのもいいかもしれませんね。そして、友達に話を聞いてみてわかったことが、もう一つあります。

それは、お花をもらったことのない子も意外にいること。つまり、お花を贈るとかなりその子の印象に残るということではないでしょうか。普段、お花をもらう機会がある人はほとんどいないと思います。せっかく贈るのなら、喜んでくれたり彼女の印象に残ったりしたいですよね。お花自体はもちろん、「自分のためにお花を選んでくれた」という気持ちが女性にとっては何より嬉しいです。

 

頂いて嬉しかったお花とその経験をお話ししました。話に出てきた薔薇もガーベラも花束として人気の花なので、女性に喜ばれるかと思います。お花はとってもきれいなのに数日間で枯れてしまうからこそ、モノとは違った特別感がありますよね。

花にはそれぞれ花言葉がありますし、より気持ちを伝わることができるツールの1つだと思います。お花屋さんに行けば、プロの店員さんがシーンや相手に合わせてどんな花がいいのか相談にのってくれます。お花の力を借りて、大切な人に想いを伝えてみてはいかがでしょうか。

 

 

2 【花はどこで購入する?ネット通販での購入はどうか?】

 

いざ、お花を女性に贈るとなったときに、どこで購入したらよいのか困りますよね。お花は決して安いものではないですし、せっかく贈るのならば、失敗はしたくない!そんな方に、花はどこで購入するのか、ネット通販での購入についてもお話しします。




お花の購入場所は、大きく分けると、花屋(実店舗)とネット通販があります。どちらもピンキリで高級フラワーショップから、駅ビルなどによく入っているチェーン店、町の小さなお花屋さんまで様々です。お店が高ければ高いなりに質のいい花や珍しい花が置いてあり、アレンジのセンスもとても素敵ですが、チェーン店や小さな町のお花屋さんにもいいお店がたくさんあります。ここでは、それら全てを含めて、花屋(実店舗)とネット通販に分け、それぞれのメリットとデメリットをお話ししたいと思います。

①花屋(実店舗)で購入する

実店舗のお花屋さんで購入するメリットは、何よりも実際に自分の目で見て選ぶことができることでしょう。お店では、定番やそのシーズンならでは花はもちろん、すでに出来上がったブーケ、花束などがディスプレイされていることがあります。お花の状態はもちろん、そのようなブーケを見て自分の希望するイメージにぴったりならそのまま購入することができます。

また、店員さんに相談をしながら購入できるのも、実際のお花屋さんで購入する大きなメリットでしょう。特に自分はあまり花に詳しくない、プレゼントする相手にどんな花をあげればよいのかわからない、といった場合は、店員さんは心強い味方になってくれます。

店員さんはお花のプロなので、こちらの要望をざっくりした形ででも伝えると、花を見繕ってくれます。一緒にお花を見ながら、これは好き、こっちがいい、もう少し緑が多めで、など言うだけで、センス良く花束にまとめてくれます。そもそもお花についてさっぱりわからないようであれば、金額だけ指定をして全てお任せすることもできます。

お店で配送をお願いすることもできるので、実際に自分の目で見て確かめたお花を誰かに届けてもらうこともでき、とても便利です。

 

お花屋さんで購入するデメリットとしては、人によっては敷居が高く、入りづらいということでしょう。店員さんとの相談や会話のやり取りも、それ自体が負担なようであれば、実店舗での購入でなくてもいいかもしれません。

また、花束を作るときの花の組み合わせはそれぞれのセンスがあるので、たまたま対応してくれた店員さんと好みが違ったときに、実際に目の前で作ってもらった手前、言い出しづらい、なんてこともあるかもしれません。そのようなことを避けるためには、お店の中のブーケ、花束などのディスプレイを見てみると参考になっていいかと思います。それらが好みであれば、「あんな感じで」とお願いするとイメージを明確に店員さんと共有できます。

 

②ネット通販で購入する

ネット通販で購入するメリットには、利便性が挙げられます。ネットでの注文だと、わざわざ店に足を運ぶことなく、お花を取り寄せたり、直接プレゼントしたい相手に届けてもらったりすることができます。例えば、遠く離れた相手に花を贈りたい、仕事などでどうしても会えないけれど、花を贈りたい、なんていう時にとても便利ですよね。サプライズにも使えます。


また、お住まいの場所によっては、近所にお花屋さんがなかったり、限られていたりする場合があるかと思います。ネット通販を扱っているお店は大手から町の小さなお花屋さんまであるので、たくさんの選択肢の中から、プレゼントのシーンや好み、予算に合うお花を選ぶことができます。

 

ネット通販のデメリットは、やはり、実際の花の状態がどうかが商品が到着するまでわからないことでしょう。お花はとてもデリケートなものなので、温度管理などがしっかりなされていないとすぐに傷んでしまいます。写真と変わらず、とてもきれいで華やかなお花が届くこともあれば、イメージを違ったお花が届いてがっかりすることも。せっかくのプレゼントが嫌な思いに変わってしまったら残念ですよね。

そのようなことを避けるためには、口コミなど、購入するお店の評価を確認しておくといいでしょう。メールや電話でのやり取りを通して、お店の対応をみて、信頼できるお店かどうかを判断してみてもよいかもしれません。とはいえ、ネット通販でもいいものが手に入るというのが、ネット通販も利用したことのある筆者の個人的な感想です。今の時代、ネット上での口コミがお店の評判を左右するので、ネット注文だからといって手を抜くなんてことをするお店はほとんどないでしょう。

 

お花の購入場所についてお伝えしました。実店舗もネット通販もそれぞれメリットもあればデメリットもあります。とてもデリケートなものだからこそ、特別感のあるお花のプレゼント。自分の好みや状況などに応じて、お店を選ぶ際の参考にしてみてくださいね。



3 【ハーバリウムについて】

 

女性の間でじわじわと流行っているハーバリウムを知っていますか?ハーバリウムの手作りキットが販売されていたり、ハーバリウムの教室が開催されるなど、人気のハーバリウム。全く聞いたこともないという方も、どこかで耳にしたこともある方もいらっしゃるかもしれません。では、その「ハーバリウム」とは何なのでしょうか?

 

下記リンクからハーバリウムをご覧いただけます。

 

ハーバリウムは、押し花など、もともと植物の品種を科学的に保存した「植物標本」を指しますが、人気が出ているのは、特殊なオイルを入れた瓶の中にドライフラワーやプリザーブドフラワーを漬け込んだものです。要は、瓶に入ったドライフラワーのオイル漬けです。では、なぜそのハーバリウムは人気があるのでしょうか?

 

まずは、何といってもその見た目です。とても可愛くておしゃれです。インスタ映え、SNS映えするといって人気があるのも頷けます。容器の瓶や中に入れる花の種類や色、組み合わせによって、バリエーションが豊富なので、自分好みのものを見つける楽しみがあるのも人気の秘密。

例えば、瓶をひとつとっても丸瓶、角瓶などがあり、キャップに至ってはアルミキャップやコルクキャップなど、それぞれ印象が全然違います。中には電球型の瓶に入ったものも。ころんとした形が可愛いです。また、ディスプレイライトでライトアップできる、なんてものもあります。中に入った花に光が当たって幻想的できれいです。容器だけでもこれだけのバリエーションがあるなら人気があるのも納得ではないでしょうか。

さらに、中に入れるものは、ドライフラワーやプリザーブドフラワーの他に、乾燥したものであれば入れることができるので、瓶以上にバリエーション豊かなのです。

 

見た目がとても可愛いのにお手入れが簡単なのも人気の理由です。生花と違って水替えなどの世話がいらず、置いておくだけでインテリアとして部屋に彩りを添えてくれます。直接日光の当たる窓際などに置いていると変色してしまうこともありますが、直射日光の当たらない場所に飾っておくと、およそ1年ほど色合いが褪せることなく楽しむことができます。

また、色や形がゆっくりと変化する様子を楽しんでもいいですね。長く楽しめる上にお手入れいらずで手軽なので、インテリアとしてお部屋に花を取り入れたいという人にぴったりなのです。さきほどお話したように、ハーバリウムはバリエーションが豊かなのでリビングはもちろん、キッチンやトイレ、玄関など、家のあらゆるところに置くことができます。瓶の形や中の花の色を組み合わせて部屋ごとに楽しんでいる人もいますよ。

また、季節やイベントによって変えても楽しめます。例えば、春に桜の花のハーバリウム、夏には爽やかなグリーンやブルー系のお花を砂や貝と一緒に漬け込んだものを、秋は木の実と一緒に、冬はクリスマスカラーのものやドライフルーツと一緒に、などといった様に季節感を手軽にお部屋に取り入れることができます。



もう一つの人気の理由が、プレゼントに最適だということです。お手入れいらずで可愛いので気軽にプレゼントとしてあげられるのです。瓶なので場所も取りません。自分では買ったことのない人も、もらうと嬉しい、そんな華やかなプレゼントです。お祝いやご挨拶などちょっとしたときにとても便利なので人気です。

 

他にも人気の理由として、手作りもできることが挙げられるでしょう。お好みの瓶と中に入れるドライフラワーやプリザーブドフラワーなどの材料、ハーバリウム用オイル、ピンセットがあれば、簡単に自分だけのハーバリウムを作ることができます。自分の好みやこだわりがある人にとっては、自分の好きなようにオリジナルのものを作ることができるのは何よりも嬉しいですよね。

 

ハーバリウムが人気の理由はお分かりいただけたかと思います。では、実際いくらくらいの値段でどこで売っているのでしょうか?

値段は、当たり前ですが、瓶の大きさや、中に入っている花やものの種類などによって幅があります。目安としては、細長い瓶に入ったもので大体3000円くらいから購入することができます。場所は、お花屋さんや雑貨屋さんなどで購入できます。


ただし、どのお店でも必ずあるということではないので、購入される際は、事前に確認をされるといいでしょう。近所にハーバリウムの取り扱いのない方は、インターネット販売も便利です。色んなお店がハーバリウムを販売しています。

また、インターネットで手作りのものを売っているハンドメイドマーケットでも手作りハーバリウムが多く売られています。可愛いものがたくさんあるので、一度ご覧になってみてください。ハーバリウムそのものを購入する以外には、手作りキットが販売されています。また、ハーバリウムづくりの教室も開催されています。

 

お花といっても生花よりもお手軽で人気のハーバリウム。お部屋のインテリアとして、またはプレゼントとして、是非一度使ってみてはいかがでしょうか。

 

 

4 【プレゼントとして花を渡すなら、どこに注意するか?】

 

女性はお花が好きなイメージがあるけれど、花をプレゼントした経験がないという方もいるかと思います。いざ女性に花をプレゼントするとなったときに、どこに注意をしたらよいのでしょうか?まずは、お花のプレゼントは特別感があるからこそ、恋人など特別な関係の女性以外に贈るのは、受け取り方が期待どおりにならない場合があると思うので注意しましょう。

というのは、いくらお花のプレゼントが嬉しいといっても、恋人でない人にもらうと少し困惑するかもしれないからです。それを前提として、プレゼントとしてお花を渡すときの注意すべき点を3つご紹介します。

 

①花言葉

まずは、「花言葉」です。花にはそれぞれ、花言葉があります。花の種類によって言葉があるのはもちろん、同じ種類の花でも色によって意味が変わってきます。薔薇に至っては本数によって意味が変わるなんてこともあるのです。花をプレゼントする際には、花言葉を気にするといいでしょう。気づかずに「別れ」を連想する花言葉の花を選んでしまうことは避けたいですよね。いくつか贈り物の花言葉としておすすめの花をご紹介します。

【赤い薔薇】・・・「あなたを愛しています」、「愛情」、「美」

【ひまわり】・・・「あなただけを見つめてる」、「愛慕」

【赤いガーベラ】・・・「燃える神秘の愛」

【ピンクのガーベラ】・・・「熱愛」

【赤いチューリップ】・・・「愛の告白」

【マーガレット】・・・「真実の愛」

【すずらん】・・・「幸福が訪れる」「純粋」

【カスミソウ】・・・「幸福」「無邪気」

いかがでしょうか。自分の気持ちに合った花言葉の花を選ぶと、更に喜ばれること確実です。

また、花言葉とは違いますが、誕生花というものも存在します。12か月それぞれの月、366日それぞれの日に誕生花があるので、彼女の誕生日にその生まれた月や日の誕生花を贈るのもいいかもしれません。ただし、毎日の誕生花の中には「つくし」などプレゼントに適さないものもあるので、月の誕生花がおすすめですよ。特別なお花のプレゼントが更に特別なものになると思います。

それ以外にも、お見舞いの花だと、また特別なマナーなどがあるので、シーンによって最適なお花を選ぶといいですね。

②花束のサイズ

次に気をつけるべきなのが、「花束のサイズ」です。筆者は、仕事でとても大きな花束を頂いた経験があります。贈ってくださった気持ちはとても嬉しくもちろん喜んだのですが、その後の電車移動が正直大変でした。

車でのデートや自宅デートでなら、多少大きな花束でも構わないかもしれませんが、あげるまで自分が持っていく移動、あげてから相手が持って帰る移動も少し考えてあげるといいかもしれません。それに大きい花束でキメ過ぎると相手が戸惑うこともあるかもしれません。おすすめは小さな花束です。いわゆる「ザ・花束」というようなものではなく、小さいブーケのようにコンパクトにまとめられた花束は、見た目も可愛いし、持っての移動も負担になりません。

③生花の世話

3つ目の注意点としては、「お花をあげる」というロマンチックなことから、一気に現実に戻すようですが、意外に見落としがちなのが、生花をもらった後のことです。すごく細かいお話をすると、生花はもらった後、家に持ち帰ってから水切りをして花瓶に活け、その後は、毎日水替えをする必要があります。もっと言ってしまうと、数日後は枯れてしまうので、その後は処分する必要もあります。

こんなことを書くとげんなりするようですが、少し面倒くさがりの女性の場合は、結構、これらの過程が負担になることがあります。また、女性がお花好きで、普段からよく自分で買ったり活けたりしているなら問題ないでしょうが、特に一人暮らしをしている人だと家に花瓶がない場合も多いのではないのでしょうか。せっかくプレゼントをするなら心から喜んでほしいし、大切にしてほしいですよね。



もちろん家にある瓶やペットボトルを花瓶代わりにできるので、花瓶がない=生花をあげない方がいいということではないのですが、女性のタイプによって、生花か世話のいらないドライフラワー・ハーバリウムなどを、選んでプレゼントするといいかと思います。

 

以上、プレゼントとして渡すときに注意すべき3つについてお話ししました。何をどう選んだらわからない、と迷ったら、とにかくフラワーショップの店員さんに相談することをおすすめします。相手はその道のプロ。花を贈りなれていないお客の対応も慣れているので、こちらが抵抗を感じる必要はありません。

どんなシーンの贈り物なのか、贈る相手の好みや購入予算などを伝えると、適したお花を見繕ってくれます。実際、私も自分で花を贈るときは、「〇円くらいで、ピンクが多めの可愛いイメージで」「緑が多い感じで」などとざっくりと伝えて相談に乗ってもらって購入しています。ご紹介した注意点も参考にしつつ、お花を選んでみてくださいね。いろいろと相手のことを考えて購入したものなら相手はきっと喜んでくれることと思います。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です