東南アジアで生活、旅行してみたいあなたへ!何が必要?

こんにちは、しーまです。

今回の記事は僕ではない東南アジア在住の方に書いていただきました。

それではどうぞ!

 

東南アジアで生活、旅行してみたいあなたへ!何が必要?

 

最近東南アジアへの旅行客が増えているみたいですね!

私はこの3年間で東南アジアのミャンマーをはじめ、タイ、フィリピン、マレーシア、インド、カンボジア、ラオスと渡ってきました。これから日常で起こる、あれ?と思う事を紹介していきます!

ただ、行きたいと思っていても行けない方が多いのではないですか?

そんな方々に事前にどんな事が起こるのか知ってもらい、旅行や遊びを楽しんでもらえればと思います。

私も3年前から東南アジアのミャンマーという国に行く前は躊躇しました。

日本という素晴らしい国に生まれて、そこから発展途上の国へ行くのですから。

よしっ!と思って行ってみると色んな困難に遭遇しました。

そこで「実際東南アジアってどんな国なの?どんな事が日常で起こるの?」という声に答えようと思います。これは実際に住んでいる人でしか分からない事だと思います。

 

まずは準備をしよう

東南アジアへ行く時、何を準備すればいいと思いますか?パスポートやその国にビザが必要かどうか。

日本のパスポートは世界でナンバー1を誇る、ビザなしで観光など出来る国が多いパスポートですよ。

持ち物の準備は様々でしょう、私が一番必要だと思うのは、心の準備です。え?何それと思っているあなた。行けば感じます!

日本では起こらないような事が日常茶飯事です。最悪の事態を想定していれば、それが起こった時、「ふーん、まぁいいや」ってなる事間違いなし!

そんな日常茶飯事の出来事ってなんだろう?私が体験した出来事をあげていきます!

 

 

ぼったくりって本当にあるの?

その国々によって価値観などが違いますが、私が行った東南アジアの国々では色んな事にボッタクられた経験があります。私は人生初海外がミャンマーでした。

人生初めて海外到着時、タクシーでホテルまで向かいました。30分程ですかね。これも初体験ですがタクシー代は最初に値段交渉をする形でした。

英語も片言な私はおどおどしていたのを覚えてます。。ドライバーに「◯◯(値段)でそこまで行ってあげるよ」と言われて、日本の感覚からしたら「安いな!」と思いお願いしました。

その時は何も感じなかったが、後々ミャンマーで出来た友人に話を聞くと、やっぱりボッタクられてました。倍近く払っていたみたいです。「くそーー」と思っていましたが、それも経験ですね。その後からは堂々と振る舞い、ボッタクられなくなりました。経験上、その国にあたかも長年住んでいました!的な振る舞いが一番良いと思います。それはカンボジアでも、ラオスやタイでも感じました。(タイでは交渉の際ですね。今ではほとんどがメーターになっています)

ここで持論ですが、空港で待っているタクシードライバーはボッタクってくるケースが多いかと。私はそんな時は少し歩いて大通りに出てタクシーを拾うようにしていますw

また、何かをしてもらうと、「チップは?」とおねだりされる事があります。マッサージに行ってもありましたよ。受付で払ったにも関わらず、マッサージ師に「ヘイっヘイっ」てねだられました。その国々によってチップが必要か否かは事前に調べる事をお勧めします!

 

 

死ぬかと思った事

これは私が実際に体験した事です。東南アジアの国は交通整備が日本ほど整っていない国がほとんどです。ミャンマーでは横断歩道がほとんどないのです。そこでは何が起こると思いますか?

どこを見渡しても歩いてる人が車と車の間をすり抜けて反対側まで歩いて渡っています。

私ももう少しで大事故を起こすところでした。スリッパを履いて、みんなと同じように歩いて渡ろうとした時、車の陰で気付かなかったのです。反対車線からの車が目の前に来て、私のスリッパの先を踏んで通り過ぎました。この時はさすがに心臓が「バクバク」して死ぬかと思いました。

車ももちろん気を付けないといけないですが、犬にも気を付けなければなりません。

日本と違い、いたるところに犬が歩いています。夜中に犬を見ると怖いですよね。

私はラオスで一度襲いかかられました。犬嫌いな私に吠えて追っかけて来ました。私は自転車に乗っていて必死に逃げ回っていましたが一向に追いかけるのをやめません。もう私はヤバイ!としか思っていなかったところ、ラオス人の通りすがりの人が私を見て、犬を叩き始めました。すると犬は追いかけるのをやめて私は無事でした。

怖がっている私を見て犬は襲いかかろうとしたのだと、その通りすがりの人に言われました。

タクシーの件のように、堂々とするのが一番ですねw

 

まとめ

  1. 最悪の事態を想定する
  2. おどおどせず堂々と振る舞う
  3. 周りに気をつける

 

どんな状況でも、ある程度色んな事を見て想定していれば、多少のことで驚いたりガッカリしたりしないでしょう。

心の準備は出来ましたか?これで旅行の準備はバッチリですね!

 

 

こちらの記事もオススメです。

日本と東南アジアの国の違いは?あんな事やこんな事、、、

 

東南アジアの料理は美味しいの?お腹を壊さないように、、、

 

東南アジアのリゾートは人気?その理由とは

 

東南アジアに行く際は英語は必須?

 

東南アジア旅行のあれこれ予算!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください