東南アジアの料理は美味しいの?お腹を壊さないように、、、

こんにちは、しーまです。

今回の記事は僕ではない東南アジア在住の方に書いていただきました。

それではどうぞ!

東南アジアの料理は美味しいの?お腹を壊さないように、、、

最近日本ではタイ料理やマレーシア料理などの東南アジアの料理屋が増えてきているみたいですね!

食べてみたいけど、実際どんな味なの?という方に、実際東南アジアに住んでいる私から色んな事をお伝えしていきます!

正直な話、東南アジアに住んだ初年度、私は何度もお腹を壊して、その度に注射を打ってもらっていました、、、。そうならないために是非読んでください!笑

 

 

辛いものが苦手なあなたへ

辛いものが食べられない方、東南アジアの料理はチリなどの唐辛子を使う料理が多いです。

そのため何も知らずに注文して、「うわっ、辛すぎる、食べられない!」という経験を何度もしてきました。それだけで済めばいいのですが、私の場合お腹を壊したり、という経験もあります。

そうならないために事前に辛いものは少なくして!と言うようにしましょう!

日本で東南アジア料理を食べるときは、日本語で伝わりますが、いざ東南アジアの国でそう言う場面に遭遇したら英語で、「辛いものは減らして」と言うのがベストです。

しかし英語も通用しないようなお店に行くと、伝わらなくて困ってしまうので現地の言葉で「辛いものは抜いて」という言葉を覚えておく必要があります。

私はミャンマーでもラオスでも、その現地の言葉で伝えられるように覚えています笑

お腹を壊して後で困らないように。

 

どんな料理が多いのか?

 

基本的にタイでもミャンマーでもラオスでも辛いものが多い気がします。その他にはニンニクをたくさん使った料理や、最近日本でもブームになっているパクチーを使った料理などが多いですね。ちなみに日本ではパクチーをてんこ盛り!という店がチラホラあるみたいですが、東南アジアではそんな光景はまずありません笑

あと、少し東南アジアに来て感じた事は油が多く使われる料理がたくさんあるという事です。「少し脂っこいな、、、」と感じる事が多いですね。

また、ミャンマーやタイでの主食はタイ米で、細長いお米です。

ラオスでは、カオニャオといってもち米が主食のように扱われています。これがもちもちとした食感ですごく美味しく、腹持ちがいいです。また、フランスパンもすごく有名です。

その国々によって、味の違いなどはありますが似ている料理も多く、辛いもの以外は美味しく食べられます。その国々で好きなものを見つけて食べて行くのもいいですね。

 

屋台レストラン

どこの国にも屋台を出しているレストランが多いです。昼から出している屋台や、夜だけオープンする屋台など、様々です。ラオスでは、夜になるとトゥクトゥク(こちらで三輪車を使ったタクシーのようなもの)にキッチンのようなものを乗っけて、屋台レストラン通りの所に移動して来て、レストランを展開する。といった光景をよく目にします。何もなかった道路にその集まりができ、夜になると屋台がたくさん並ぶ街に変身するのです。

夜ご飯として食べられるものもあれば、クレープのような甘いスイーツを販売してるところもあります。私はそのクレープ(ラオスではロティという)がたまらなく好きです。屋台なので値段も日本では考えられない安さです。数百円あればお腹いっぱいになる事間違いなし!

また、昼間はトゥクトゥクに果物と氷を入れて走っているものもあります。これはタイでもミャンマーでも見かけます。50円ほどでお腹いっぱいになれるほどの果物が食べられます。

 

東南アジアに日本料理屋はあるの?

はい!めちゃくちゃ多いです。いつも東南アジアの各国々の友人言われる言葉は「すし、おいしい」です。寿司はすごく人気があるみたいですね。

私は東南アジアの国である、ミャンマー、ラオス、タイ、マレーシア、カンボジアには足を踏み入れましたがどこの国にも日本料理屋はあります。というより、どこへ歩いても日本料理屋。というくらいどこにでもあります。味のことは置いておいて、、、笑

ミャンマーに住んでいたときは日本料理屋にいつもお世話になっていましたが、日本で食べる時くらいの値段でとても美味しく食べられ、駐在の日本人の方たちで賑わっていたりと、「あれ?日本に帰って来たのかな?」という錯覚に襲われます笑

東南アジアの料理も良いですけど、やっぱり日本料理を食べる時は心も身体もホッとしますよね。これは東南アジアに住んでみないと分からないことですね笑

 

まとめ

 

  1. 辛いものが苦手な方は事前に伝えましょう
  2. 好きな食べ物を見つけて挑戦しよう
  3. 屋台は安い
  4. どこでも日本料理はある

 

色んな料理に挑戦してみるのもありですね。東南アジアの料理は辛いものが多いので注意してください!あとは何を食べても日本のお金の感覚があれば安いと感じます。特に屋台は、、、

是非チャレンジしてもらいたいです!

1 個のコメント

  • 転勤で東南アジアで働いている日本人って意外と多いと聞いたことがあります。
    知り合いがミャンマーで働いていますが、同じように初年度はお腹を壊しまくったり
    毎月のように発熱して大変だったと言っていました。
    東南アジア系の居酒屋は日本でも見かけますが、
    パクチーてんこ盛りメニューはやっぱり日本流なんですね。
    本場の料理は香辛料たっぷりで相当辛いんだろうなと
    こちらの体験談を読んで思いました。
    でも、辛さ調整できるのは日本人には助かりますね。
    スイーツが好きなのでラオスのロティ、食べてみたいです。
    しかも50円でフルーツたっぷり食べられるなんて羨ましいです。
    この体験談がきっかけで東南アジアに興味津々です。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください