自分を変えたい時は10%だけ変える気持ちで望むべし

 

こんにちは。

シーマです。

 

 

受験勉強の時に、明日からは勉強を3時間やろう!とか、

筋肉つけたくて、腕立て伏せ1日100回しよう!と意気込んだ結果、

3日坊主になった経験はありませんか?

 

もちろん、僕はあります笑

 

僕は007シリーズが好きで、特に007スペクターをAmazon primeでよく見ているのですが、

そこに登場するジェームズボンド役のダニエルクレイグさんが良い感じの筋肉とスーツの着こなしで

「やべえ、かっけえ」と思うわけですよ。

 

そんで、それに憧れて筋トレをしようと思いたつわけです。

しかし、上でも書きましたが結局は3日坊主で終わるという。。。悲

 

他にも「読書を習慣にしよう!」と思い立ち、

1日1時間を目標にした結果、ぴったり3日で終わるというクズっぷりを発揮しておりました笑

 

まあそんな僕ですが、最近は筋トレも読書も続けることが出来ています。

 

そこで、その方法を簡単にシェアしておきます。

 

 

結論言えば、3日坊主で終わらせないためにはちょっとずつ変化させることです。

 

理由は、脳の抵抗です。

 

人間の脳は急激に変化すると、それを危険だと認識して元に戻そうとする意識が働きます。

そのため、1日100回腕立て伏せとかを行うと脳は嫌がるわけです。

 

なので、脳が不快に思わない程度に徐々に変化させていくことが重要になります。

人間は習慣によって多くを形作っているので、習慣からはみ出ることを嫌がります。

 

例えば、毎日大学や会社から帰ってきてゲームを3時間とかしている人が、

急に読書に3時間使うようにしたとしても、3日も経てばまたゲームをする生活に戻ってしまう感じです。

 

無意識の中の記憶とでも言うのでしょうか? それに引っ張られて元に戻されてしまいます。

 

なので、いきなりがっつりとやるよりも、徐々に変化させていくことが重要です。

とりあえず「毎日1ページだけ本を読む」とかにすれば意外に続きますし、

その結果習慣にもなったのでオススメです。

 

最初のうちは、大量にこなすことよりも継続することに重点を置くのがいいです。

 

あとは、ちょっと物足りないくらいで止めることです。

読書なら一気に全部読んでしまわないで、続きがきになる形で残しておくとかね。

 

あと、人間は忘れる生き物なので、

毎日見るところに張り紙をしておくのも効果的です。

トイレやお風呂、スマホの待ち受けなんかにしておくと嫌でも目に入りますので忘れないで済みます。

 

最後に。

多分、これ読んですぐに実践する人は人生得する人だと思います。

リスクがないならすぐ行動に移すべきだし、読んでふーんで終わるのはもったいない。

 

まあ僕も、他人に言われてやるのは癪に触るところもありましたが、実際にやってみたら意外と良い感じになることが多かったので言ってみました笑

 

終わり

モテるための無料メルマガ

僕がモテなくて悩んでいた頃から美女と付き合えるまでにいたった物語をメルマガで特別に配信しています。

 

なぜメルマガかと言うとあまりにもぶっちゃけすぎているので、ブログに書くのは抵抗があったためです。

 

しかし、僕と同じように悩んでいる人には見て欲しいと思い、メルマガを発行する形にしています。

 

僕が実践して結果を出した方法を僕の友達にも教えて、それで友達にも美人な彼女ができたのでこれは価値があるなと思っています。

 

そんなわけで、メルマガ登録は以下のフォームから行うことができます。

 

モテなかった男が美女と付き合うまで

 
 

 

モテるためには原理原則が存在します。

なので、その原則を知らずしてモテるようになるのは大変難しいことです。

大海原を地図なしで突き進むようなものです。

本当に自分がしていることは正しいのか?

そういった指針がある方が楽に進むことができると思いませんか?

 

ということで、

僕がこれまでに得てきた経験や知識から導き出した「モテるための原理原則」をPDFにまとめたものをメルマガに登録してくれた方限定で、無料で配布します。

この無料PDFに書いてある知識を友人に与えたことによって、友人はダサいモテない男から彼女が途切れない男へと変身を遂げました。

それくらい価値あるものを今回は無料で配布します。

 

あなたは彼女が途切れない青春に魅力を感じませんか?

 

モテなかった男が美女と付き合うまで

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください